トレンド

田舎の小さなジャム屋 大分のHappyFarmの手作りジャム、思わず買ってしまった

投稿日:

きょうは田舎の小さなジャム屋 九州大分の「手作りジャム」

いつも行く、いつもの小さな店でも、日替わりでいろんなトレンドが入ってくるから結構楽しい

何か目的があって、安売り屋にいくのではなく、隣がドトールだから、つい寄ってしまうのだが、よればついつい、何かを買ってしまう。
その感覚は、子供の頃に、10円持って、駄菓子屋に行ってた、あの感じ…
でも、この店、随分人気で、毎日、何か新しいものが入っては、あっという間に消えてなくなるのである。
この前買ったっ北海道のトマトジュースなんか、昼みた時は、いっぱいあったのに夕方にはもう無くてて、
「どうしたの」って聞くと、
「一人で何ケースも買った人がいて…」
こんな感じなのだ。

安いという感覚はそれだけで、凄い集客効果なのだ

そりゃそうだよね、普通だと1本1200円もするのが480円だものね。
幸い僕は、そこでは顔が売れているので、
電話で「3本取っといて」と言っておけば、ちゃんと取っておいてくれるから助かるんだけどね(笑い)

今日は、大分の手作りジャムを書くつもりなのに、のっけから話がそれてしまった。マァいいか(笑い)

昨日も何の気もなしに覗いたら、このジャムが。
見ていたら、なんだかえらく主張してくるので、「イチジク」と「ブルーベリー」
2本も買ってしまった。
もしかしたら
「田舎の小さなジャム屋」と、蓋に書かれたキャッチが良かったのかな…
それとも「まるで果物素材を生かしたジャム」というコピーが良かったのかな…
なんとなく美味しそうに思えたのは、
「添加物を使った加工食品ではなさそう」と思ったからかも知れない。

田舎の小さなジャム屋の手作りジャム、口に入れた瞬間に、これはヨーグルトといいかもとつい

写真を撮った後、ちょっとだけ試食(イチジクジャム)してみると、ブヨブヨ感があって、なんか懐かしい感じ。
うん、美味しい、とっさに、「ヨーグルトと混ぜるといい」と思ったのだった。
タグを読むと、原材料のいちじくは九州産、ビートグラニュー糖(てん菜北海道産)ゆず果汁(大分県産)と。

ネットででているのかなと思って検索したらあった。

ブログ記事
かいつまんで紹介すると、
この人は、立川の成城石井で見つけて買ったらしい。

「大粒のブルーベリーがたっぷり」
「ゆず果汁というのが珍しい」と。

食べた感想は、

「甘味よりも酸味が勝っている感じで

ブルーベリー本来の味わいが残っているという印象」
「田舎の小なジャム屋」の商品が東京の小売店で買える驚き。

HPの商品紹介には「ゴロゴロとした実がたっぷりと入っています」たしかに。

「底までたっぷりと入っているかどうか最後まで食べるのが楽しみ。140gですからすぐ食べ切っちゃいそうですけど」と。

面白いね、情報社会。

知りたいことはなんでも出てくるんだもの。
生活ネタ追いかけてると、楽しいね、家庭版の記者になった感じ。
商品もキレイだしね。
だけどこれ、ブログやってないと、こうした発見、なかなかできないよね、
それもまた楽しい。なんか特ダネを追ってるみたいで…

 

 

 

 

 

 

-トレンド

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

都心型プレミアムショップ「YATSUDOKI」の 発酵バターを使ったソフトクリームが 超人気。

目次「君の名は」(アニメ)で有名になったイタリアンレストラン「ラ・ボーテ」のすぐ近く。店の中に入ると、焼き菓子のバターの香りが広がっていて、あれもこれもと、欲しくなってしまう。発酵バターソフトクリーム …

東京駅改札内ショップで話題のヒトツブカンロ 新宿ミロードで買えたといってくれた

目次なんのことやらよく分らなかってけれど、食べると、とても美味しい、お洒落な食べ物だった。ブログに、毎日、こうして記事を書いていると、 「こんなのがあったよ」と、話題を提供してくれる人がいて、とても助 …

スケルトンのほおずき、より美しく見せるためにライティングに拘ってみた

ほおずきは漢字で書くと「鬼灯」
なんで鬼の灯、気になったので調べてみた。
いろいろ説があるが、どれもピンとこない。が、これならというのが一つあったので、それを。
それは、
「実が赤く、怪しげな提灯の印象から「鬼」に「灯」とし」たというもの。
どういうことか、よく分らないんだけれど、推測(勝手な解釈)するに、鬼が持って歩いた提灯のようということか(笑い)

玄米おいり 鳥取で昔から愛されているポン菓子。美味しくて食べ過ぎてしまった 

目次鳥取では人気の駄菓子らしい。初めて食べても懐かしさを感じるお菓子入れ物選びも大変だ久し振りの新宿御苑 エントロピーの法則 失ったエネルギーは二度と再び帰ってこない「ここで、休憩というのは、リラック …

トレンドの記事を書いて掲載するためには、写真がいるから、簡易スタジオを作ったの、

目次テーブルの上に作った、僕の簡易スタジオ 物撮り 背景をスッキリさせ、無駄な写り込みをなくするだけで、写真はすっきりとして、キレイに見えるから。だから、選んだのが雑誌で、グラビア(フオトエッセイ)を …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます