フォトエッセイ

ダリア ラベンダースカイ 大輪の華やかさが人気らしい。

投稿日:

ダリア 元々はメキシコから中央アメリカ原産の花。

現在は品種改良が重ねられ、原種とは、ちょっと違った花になっているらしい。

それでもメキシコだよね、華やかだもの。
そう、まるで太陽の花と言わんばかり、
しかしただ派手なだけではなく、どこかにインテリジェンスの雰囲気を漂わせているのがいいよね、
多分、色が、そういう印象を表しているのだと思うが、魅力的だよね…
尤もこれは、僕の主観で、昔流に言えば、独断と偏見のものなのだけどね(笑い)

独断と偏見 

独断とは

自分一人の考えで決断すること。公正を欠いて自分の思い込みで判断すること。

偏見とは

偏った考え方や物の見方のこと。
独断と偏見 二つの単語をくっつけて使ったのは、天才漫才師と言われた横山やすしというのを何かの本で読んだ記憶があるのだが、調べてみたが出てこなかった。時間がある時にゆっくり調べてみよう。

アッいけないダリアだったね、

そこにオリジナル性が残っているのかどうかは知らないけれど、「美しい花」という意味においては、そういうことはもはやどうでもよくて、それを見た人が「美しい」と感動すれば、それが花(華)なんだよね、と僕は思う。
そして、写真とは、その美しさをどう伝えるかということだと思うけれど、なかなか難しい。だから、何回も何回も、年年歳歳、その季節がくれば、その花を撮っているのだが、
「よっし」というのは、なかなかできない。

尤も、完成しないからこそ、いつまでも撮っていられるんだろうけどね、

だって、表情、ドンドン変わっているしね。ポートレートを撮ってると思えば、角度や光線、風による揺れ具合によって、魅力的ポーズはいっぱいあるもの…ね。
アッ そうか、そうなんだ、今、気が付いた。
花を撮るというのも人間を撮るというのも一緒なんだ。
そうか、ポートレートか…
脳にしっかりとインプットしておかなければ…

 

 

-フォトエッセイ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

早春賦、子供の頃に覚えた歌、花を見てつい、歌っちゃったよ

目次早春賦の賦は漢詩を作ること、または歌うこと勧酒 「ネモフィラ」 なんとなく好きだな、この雰囲気 「春は名のみぞ 風の寒さや」 早春賦、子供の頃に覚えた歌、つい歌っちゃったよ… 途中から、歌詞が出て …

ガラスについた水滴がつくり出す幻想の世界

目次外は雨、ガラスについた水滴が…なんとなく幻想的雨、霧、雪、夜、逆光…一般的に悪条件と言われるものが、作品作りには好条件になるああ、詩心があったらなぁ 外は雨、ガラスについた水滴が…なんとなく幻想的 …

救助訓練、最近は、難物のアクシデントが増えて、放っておけなくなったんだよ

目次ウーン、なんかねぇ、地球に異変が起きているんだねぇビルというウォールで囲まれた森ムッシュさん自慢の森にも深刻な問題があったんだ 実は、環境に優しいと言って売られている洗剤など、そうして作られいるも …

オンシジューム エンターテイナーでミュージカルが好きなの

目次オンシジュームさん 今日のテーマは何?最近は 花の方から「おじさん オジサン」と呼びかけてくれるようになったの オンシジュームさん 今日のテーマは何? 今日は、カーペンター 木のお家ってとてもいい …

朴の花 花も美しいが、葉っぱも大きくて香りがいいのでお皿がわりに

目次朴の花 この花には、特別の何かを感じるのだけれど、その何かとは何かが分からない郷土料理にもいろいろ使われている朴の葉っぱ今も伝わる、諏訪神社朴の木の祟り調べてみると、エッという驚きの記事が。 思わ …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます