つれづれ コラム フォトエッセイ 写真エッセイ 雑記

ゆり根

投稿日:2020年12月28日 更新日:

正月用品、雰囲気につられて衝動買い

正月の用意、何もするつもりはなかったのだけれど、皆が買っているのを見ると、つい釣られて(笑い)
小田原「丸う」の蒲鉾、伊達巻、今年が最後と聞くと、エーと思いながら…つい。

簡単な雑煮なら、チンでつくれるしね…
そう思いながら、野菜の方に目をやると、なんと、ゆり根が…
これは買わないわけにはいかない。
岡山は、みんなそうなのかなぁ、
それとも、僕の家がそうだったのかなぁ…
お雑煮には必ずゆり根が入っていたの。
だからゆり根を食べないと、お正月がきた感じがしないのである。

えっ ゆり根、どうやって食べるって

サッと塩茹でするだけ。
だけど、準備が大変なの。
この鱗みたいなやつを一枚一枚はがして、傷んだとところはナイフで削り、
きれいにしてから水で洗い、
お湯を沸かし塩味を適当につけて、沸騰している所に洗ったゆり根をバンと放り込んで、ちょっと茹でると、もうできあがり。
ちょっと早いなという所で火を止め冷水に晒すと、シャキシャキ感がちょっとあって、甘くてとてもおいしいの。

あれが食べたい、そう言われて、お雑煮、随分作ったな…

つい最近まで、親しくしていた女性が、
「あれが食べたい」というものだから、毎年つくって、その女性の友達などにふるまっていたのだけれど、お互い高齢になって、今は行き来してないので、お雑煮もつくらなくなってしまったのである。

えっ どんなお雑煮か

どんなと言われても答えようがないので、入れるものだけ羅列すると、
スープは、大根 ニンジン、ホウレンソウなどを煮た汁をベースにして、鰹節で出しをとり、塩で基本的に味をつけ、それに醤油を少しさして、お吸い物にするの。
だから見た目は薄味なのだけど、実際にはしっかり味がついている。

お餅は焼かないで茹でる。

それを輪島とか金沢の大きな漆塗りのお椀にいれ、その上に、茹でた千切りの大根、ニンジン、ホウレンソウ、紅白の蒲鉾、卵焼き(ちょっと甘い厚焼き)を二切れ、ブリの照り焼きの切り身を乗せ、その上に塩ゆでしたゆり根をパッと入れ、上から、野菜ベースでつくったお吸い物をかけるの。

そう、だから、とってもボリュームがあって、お餅、二つ食べると、もう、大変な量なの。
これが、子供の頃から食べていたお雑煮なんだけれど、思いだしながら作っていたので、多少、僕流のアレンジになっているかもしれない。が、そのお雑煮を食べた人は、毎年、あれが食べたいと言ってきていたのである(笑い)

そんなわけで、ゆり根は欠かせない貴重な食材だったから、見た瞬間に、何を思ってか、3っも買ってしまったのである。
買った以上は、調理しなければね(笑い)
別段、これといってすることもないんだから、それもいいか…
そんなことを思いながら、実はこのブログを書いたのである。

数の子、心惹かれたけどやっぱりやめた

安売り屋に立派な数の子が出ていて、値段を聞くと2500円。
「うちで、2500円だからね」
てっちゃんがそう言ってしきりに声を上げていたが、
「一人でひと箱はねぇ…」
そう言って止めた。

これだけあれば、1週間引き籠もって大丈夫

ゆり根はあるし、蒲鉾はあるし、立派な昆布巻は友達が送ってきてくれたし、イタリアンプロシュートはあるし、フランスパンもあるし、農家でついたお餅というのもある。
これだけあれば、1週間、引き籠もって大丈夫。
1日には恒例の新年会が友達の家であるしね…

昨日、久しぶりに掃除をして、床にモップをかけたら、今日は体の節々が痛い、少し、体を鍛えなければ…ね

-つれづれ, コラム, フォトエッセイ, 写真エッセイ, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

人生はタイミングだね。ラッキーで桃と温かい心の交流をいただいた

目次久しぶりに感じた、心の交流心の交流、もしかしたらそんな言葉も死語になりつつかもまるで、昔、映画で見たような、そんな時代になっているんだ人間がまるでAIに思えてしまった 久しぶりに感じた、心の交流 …

なにかある。この絵の中に何か感じるんだけれど、それがなんなのかよくわからない

目次何かを感じる、サムシンエルス。この言葉が好きなのであるNOTEというSNS(媒体)面白そうちょっとね、やっぱりね、H系は躊躇するよね宇宙観、これは、うまく行けば面白いかも未完成のものが、いろいろあ …

秋に思うと書いてしゅうし(秋思)と読む。やっぱり秋は物思う季節なのだ

目次春愁秋思(しゅんしょうしゅうし)歌に託して思いが言える詩人、いいねみんなの休日には、やっぱり、独特の空気感がある 春愁秋思(しゅんしょうしゅうし) 春の日に感じる憂鬱と、秋に感じる寂しさのこと。 …

カブトムシ 恰好いいね、でもカブトムシの好きな木ってあるのかな

クワガタムシやカブトムシはクヌギとコナラから出る樹液が大好物のよう。
便利がいいね、「森の達人」というサイトがあって、知りたい情報が書いてあった。
クヌギとコナラは日当たりのいい場所に生えていて、椎茸のホダギとして使われる木。
理由も書いている。
「どうしてクヌギとコナラの木が好きなのでしょうか」
木は虫にかじられたり、何かがぶつかったりして樹皮に傷がつくと、そこから樹液を出します。樹液は木の種類や時期によっても成分が異なるのですが、クワガタムシやカブトムシはクヌギとコナラから出る樹液が大好物なのです」
(https://www.honda.co.jp/hondawoods/forest/specialist/014/)
なる程。
曲がった木が多い森をみつけたらチャンスらしい。

花の寄せ植えは、ただ花を沢山植えているだけではない

目次二日間かけて寄せ植え寄せ植えとは作品を見て感じたことを素直に周りの環境をも視野にいれて 今日は久保雅督です。 「撮って書いてワヤで笑える人生日記」にお越しいただき、ありがとうございます。 二日間か …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます