コラム フォトエッセイ 雑記

イランイラン アロマセラピーでは代表的な存在の香りのハーブだった

投稿日:

なんとなく、なんとなく、なんとなく…妖しさを感じさせるハーブ…

「それはもう、頭の中に創られたイメージがあって、そういう気持ちで見てるだろう」
「エッ…」
とぼけていうと
「お前がそんなこと知らないはずないじゃないか」
「…」
「なんのこと」
「お前、ウエルネス系の雑誌作ってたよねぇ」
「ああ、作ってた」
「アロマ、書いてたよねぇ」
「遠い昔の記憶だからねぇ、もうすっかり…」
「都合によって、うまく歳を利用するねぇ」
「…」
「ああ、ちょっとだけ思いだした」
「イランイラン、アロマセラピーでは有名で、人気の香りの材料じゃん」
「そうそう」
「でも、相当記憶が薄れているから調べてみよう」

あった、「イランイランとは…」
「そうだった、少し思いだした」
「…」

イランイランとは

甘くてエキゾチック、クセの強い香りのハーブ…
原産国はフィリピン諸島でピンク、ホワイト、イエローの花を咲かせる。が、最高級品はイエロー。
ワンランク上の高貴な女性のイメージなのだとか。

イランイランはどんな効果があるのか

期待できる効果として

女性らしさが倍増
安眠効果
気分の落ち着き
ホルモンバランスの調整
更年期症状の緩和
異性が好む惚れ薬効果

「心理的作用が多くあるイランイランの香りは官能的でセクシー」という記述もある。

「女性の魅力を高めるだけでなく、気分の上げ下げを手伝ってくれるサポーターのような存在の香りで、その作用は男性よりも女性に効果があるとされている」という記述も。

この効果を利用したのがクレオパトラ。
そう、男性を惹きつける惚れ薬として愛用していたと。

男性はイランイランの香りを好む傾向にあり
柑橘系、ベリー系、フローラルと合わせると、女性をも虜にする香りへ変化するのだそう。
(ここは、男性必見か…最も最近の若い男性、そういうことにはあまり興味がないという記事もよく見るが)

僕が雑誌社やっていたのは30年も前だけど、思い出した

そうだった。そうだった…
今なら、笑い話になるが、僕が雑誌社をやっていたのは、30年も前のこと。その頃はまだ、こんな記事が通用した。
「お見合いで結婚した人たちの新婚旅行に貴重なアイテム」と
そんな記事を書いた記憶がある(笑い)
その頃僕は、40歳になったばかりだものね…
そうそう、この頃は香りがブームで、
「香りでCI」(コーポレートアイデンティティ)
なんていうのもあったよね。
確か、火災保険勧誘のパンフレットに火事場の焦げた香りを浸み込ませたら、契約が凄いというアメリカの保険会社の話などを紹介した記憶もある。

今僕は日本ハッカの精油をティッシュに浸み込ませ、それをパイプに入れて嗜好しているが、基本的には、今は香りは苦手。
山や公園で、東南アジア系の人とすれ違うと、強烈な香りがいつまでも、あれはイヤだね…せめて自然を楽しむ場所では、やめてほしい…
自然の香りが壊されてしまうから。

 

 

 

-コラム, フォトエッセイ, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

蝶々の写真から、思い出の連想が始まったテレビなど見るより余程楽しい

目次まさに蝶々は、動く花だね…子供の頃の僕のニックネームはチョウチョだった。この写真はフォトアルバム ノスタルジックジャーニーの表紙に使用したもの。よかったら見てください https://wpb.im …

トラフアナナス パイナップル科の植物らしいが、この写真に僕は鑑真 海を渡るというタイトルをつけることにした

写真はトラファアナナスの花(?)
だが、この写真が何を撮ったものであろうと、「僕にはそう見える」、あるいは「そう感じる」ということでタイトルは着ければいいと思っているから、
「鑑真海を渡る」というタイトルにしたの。

そんな風には見えない?
僕にはそのように見えるの。
遣唐使の時代、小さな船に乗って海を渡るのには、覚悟がいった。
雨、風、海の荒れ…まさに、魔物と戦う大航海。
しかしその大航海は人の裏切りなどもあって、苦難につぐ苦難の連続で、鑑真の船も何度も難破して、計画してから日本に来るまでに10年の歳月を用しているのである。

ヒメユリ、可憐な花だけに、歴史の傷跡がオーバラップされて、心が痛む

ヒメユリ英語では、Morning star lily(星の花)というらしい。
「夏の野の繁みに避ける姫百合の知らえぬ恋は苦しきものぞ」と、万葉集にある。
「相手に知られない恋は苦しくてせつないもの」という意味らしい。
年をとると、それがいいんだよね━と、僕は思っているのだけれど…(笑い)

コロナ、なんとかならないのかねぇー

目次コロナなんとかならないのかねぇ何か一人だけいいことしているな…それって何…言えない法律があって言えないんだよでもこの話、何か裏があるでしょう今日は久しぶりに、かつての飲み仲間のギターの先生と コロ …

アド街ック天国で紹介された武井商店のドレシング、美味しい

ウンいける、アッサリしていてとてもいい。
「ヘー ドレッシングが、自動販売機で売れる時代になったんだ」
そんなことを思いながら、写真を撮っていて気が付いた。
そう、女性の写真。よこに「鉄道むすめ」と書いてある。
「これは一体なんだろう」
そう思って調べてみた。

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます