discover essei photo

紫蘇と塩 昔ながらの天日干し 素朴な味が懐かしい

投稿日:

南高梅ではない でもそれがどうしたという感じ

昨日阿佐ヶ谷のパール街で…
青森県の物産展
見た瞬間にOHと思い…
聞くと青森の農家で作られた梅干しらしい
熱いご飯に乗せて早速食べてみた

美味い
そして懐かしい味が口の中に広がって
「やっぱり本物」と思わず

南高梅の高級品の梅漬け、
確かに美味しいよ
でもね、
やっぱりね何かが違うの
なんて言えばいいのかな…
うん そう…
美味しさの質が違うんだな…
最近の梅干し
あれはやっぱり工業品だな…
よくはわからないけど
それに比べると
多少見劣りはするけれどこの梅
(写真の梅干し)は、
農家の人が自然の力を利用して手塩にかけて
梅の持つ美味さを引き出したという感じなの…

昔が必ずしもいいという分けではないけれど、
やっぱりいいね本物の味…

スッカリ気に入った
しかししかししかし…
こういうのって
昔を知っている人でないと分からないよね…
「…」
そうか、
時代はこうして動いて行くんだね…
古い時代から新しい時代へ…

文化はこうして動いていいくのか…

しかし 
昔を知らない人に対して
「昔ながらの製法でつくった」
なんてコピーを書いてもピンとこないよね…
そういうコピーをよく見かけるけど…(笑い)
そう言えば
昔、
御苑前(花園通り、柳通りともいう)にある日本蕎麦屋のラーメン
僕らにとってはとても懐かしい味
(ラーメン一杯60円時代の感覚)なので
元ビジネスパートナーの女性に
(この女性 僕と一回り違うの)
「懐かしいラーメン食べに行こう」
そう言って連れて行って
「どう 懐かしいだろう」
そう言うと
「久保さん私は、その懐かしい時代を知らないの
だから そう言われても…」
確かに…(笑い)
しかし、
僕らと同年の人を連れて行くと
「OH懐かしいねぇ
あの頃一杯30円だったかな60円だったかなぁ…」
そんな話がポンと飛び出して来て
「僕が東京に来たのが昭和38年だったかな、
その頃丸の内線が確か10円か20円だった。
そしてピース(青箱)が20円か30円だった…」
そんな話題が飛び出してきて話が盛り上がったのを今も覚えている
だが、
しかし…
そういうラーメンは今やなかなか食べられないんだよね、
だから時々行くんだけど、
やっぱり美味しい

思い出した宇高連絡船のかけけうどんの味

岡山の宇野港と香川の(高松港)を行き来していた宇高連絡船
この中で食べるうどんが美味しくてねぇ…
しかし
今や 連絡船もないものねぇ…
大晦日
「ゆく年くる年」
連絡船に乗る大きな荷物を持った沢山の乗客が行列をつくって乗船する風景が風物詩となって毎年放映されていた…
今となっては遠い遠い昔の話…
そんなことを話ても
だんだんと通じなくなっているのが寂しい…
でも、
郷愁
ノスタルジック…
いいよね…
忘れ得ぬ思いでとして大事にしたいと思っているのである
今日も愉し
明日も愉し
いいね、
梅干しひとつで何本かの映画が見えるんだから…(笑い) 

 

-discover, essei, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

藤井風(ミュージシャン)凄いんだってねぇ、岡山なんだってねぇ

二人の女性、藤井君にもう、無我夢中
へー、そりゃ凄い。
そういうと、
「恰好いいのよ藤井風君、イケメンで身長は180位あるのかなぁ、ピアノがうまくて、詩がよくて、歌がとってもいいの、で、詩にも喋りも岡山弁丸出しで、ワシャーノー、なんていう言葉もどんどん出てくるんだけれど、リズムがいいし、歌がいいし、曲がいいからうまく溶け込んで、とにかく恰好いいのよ…」
熱弁で、二人の女性にまくしたてられ、ユーチューブを見せられ、ボリュームを上げて聞かされると、見ないわけにはいかないよねぇ(笑い)

カメラを愉しむ ハンカチにヘリオトロープ三四郎

いろんなところからいろんなことが起きるねぇ…
だから人生面白い…
今日も愉し、明日も愉し
そんなこと言ってる場合じゃないんだけれど、
やっぱり楽しまなければ…ねぇ
たった一回の人生だから…

真竹の筍 レンチン簡単料理だけど、柔らかくて、とっても美味しい

簡単筍ご飯と筍をおかずのお茶づけ最高

午前中にこうして煮ておいて、
夜、
筍の煮つけを小さく刻んで、
ベーコンを小さく刻んで
ご飯と混ぜて、
そこに酒(少し)
ミリン少し、
醤油を少し
麺つゆを少し挿して、
ご飯と馴染ませ、
3分程チンすると、
美味しい筍ご飯が出来るのでそれをやり、

煮た筍をおかずに食べたのだけれど、
とってもとってもとっても美味しかった…(笑い)
僕は高齢であから、
沢山はいらない
美味しいものが少しあればそれでいいのだ…
温かいご飯に、
ちょっといいお茶をかけ、
筍の煮つけをおかずに食べるお茶漬けも最高…
お茶漬けは僕の究極の食べ物なのである

広島菜 これが届くと 年の瀬と 美味しい とっても美味しいお漬物

荷物が届くと
僕が一番にやることは
サトウのご飯を買ってきて
チンしてから
巻きずしを巻く簾のような物の上に
広島菜一枚を広げ
その上にご飯を薄く伸ばし
花カツオを乗せ
お醤油をちょっと挿してくるりと巻いて
恵方巻を食べるようにしてそれを齧るの
これが美味しくてねぇ…

ちょっとお茶目な秋の印象

太陽と青い空と透き通空気と、赤い葉っぱと枯れた葉っぱのコラボレーションで造られた風景、印象的秋の造形…
風に吹かれてゆれる葉っぱ、なんとなく、どことなく、リズムがあって、ちょっとセンチで…
風景を見ながら、そんなことを感じてとったんだねきっと(笑い)
言い換えれば、この風景が、この日の僕の心のビジュアル、秋の印象を素直に楽しみながら撮ったんだねきっと(笑い)
中原中也風に言えば
「汚れっちまった心…」と思っていたけれど、まだまだ純粋な心も残っていたんだ…(笑い)
この写真には、まだまだ若さがある…
そんな僕の内面(内実)を引きずりだしてくれた風景だった…

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます