カメラ トレンド 撮影テクニック 果物

アップルマンゴー 食べごろの見分け方、難しい。切ったらちょっと早すぎた、残念

投稿日:

アップルマンゴー 色に惹かれて買ったのだけど、ちょっと早すぎた。
後、3、4日というところかな、残念

アップルマンゴー 見ていたら、画家がよく果物をモチーフに描いている絵が浮かんでんできたので、それを真似て撮って見たの。
自分では、結構、様になったと思ってるんだけど、どうだろうか…(笑い)

撮り方はとてもシンプル。

白いホリゾント(背景)の上にポンと置いて、スカイライト(天井の蛍光灯)だけで、フロントのケント紙をギリギリまで上に上げて、マンゴの前の部分がうまく出るように明かりを足しただけ。
素材に、写り込みがないものだったから、とても楽だった。
場所が狭く、道具がない時には、これが僕の基本の撮り方で、とても好きなの。

太陽は一つ、先輩が教えてくれたライティングの基本(コツ)だった

若い頃スタジオでライトを幾つも使ってライティングしていたら、助手をしてくれた先輩が
「太陽は一つなの。メインライト一つ決めたら、後は紙でドローイングするの」と。

ドローイングとは、紙を写り込ませて立体感を出すこと。

以来、このライテイングを好んで使っているのである。
白い背景に、リンゴのような、アップルマンゴー。
額縁をつけると、結構、様になってるよね(笑い)

アップルマンゴーは台湾のが美味しいんだけどね、これはどこのかな。

クラブなんかにいくと、うまいこと切って、飾りつけも上手にして、見るからに美味しそうにして出してくれるんだけれど、あれは凄いね。
真似したけど、クリっと、立体的にするのができなかったので、その写真は撮るのはやめた。なんでも技だね。
でも、マンゴーの切り方、多くの人が関心があるのだろう。説明した動画、いろいろ出てたけど、見ているだけじゃ、やっぱりうまくできないよねぇ、慣れるまでには相当にマンゴーをつぶさなければ…、様になるまでには いったい幾らかかるんだ(笑い)

アップルマンゴー食べ頃の見分け方

でも、アップルマンゴーの食べ頃の見方位は知っておきたいよね
調べてみよう。

決め手となるサインは、「軟らかさ」と「香り」
熟してくると、独特の香りが漂って、指でちょっと押すと、柔らかいらしい。
反対に、熟してないマンゴーは硬くて、匂いもしないらしい。
そうか、匂いと触感か。
そう言えば、このマンゴー(写真)、ちょっと硬かったよねぇ。

ついでに、アップルマンゴーの栄養について調べてみた。
マンゴーには、β-カロテンをはじめ、ビタミンCなど栄養素が多く含まれていて、美容に健康にとてもいいらしい。
美容効果としては、ポリフェノールやビタミンA、C、Eが豊富で肌の老化予防や紫外線対策にいいのだとか。

 

ベレン(ブラジル)という街にはマンゴー並木があったけど

そう言えば、昔、ベレン(ブラジル)に行った時、そこには、
「マンゴ並木通り」というのがあって、道の両脇にずっと、マンゴーの木が植えられているの。
僕が行った時には果実はなかったけれど、想像しただけで凄いよね。
ところが、車社会になると、マンゴーには大きな堅い種があるので、それが走っている車のフロントガラスに当たると、ガラスが割れるという理由で、切り倒されるというのを聞いた。
なんでもポルトガル領時代の名残で、馬車で行くのには風情があってよかったらしい。
やっぱり、時代の変化だね…
「ノンビリ行こうよ俺たちは」
昔、そんなテレビコマーシャルが人気になったのを思い出した。

 

 

 

 

 

 

 

 

-カメラ, トレンド, 撮影テクニック, 果物

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

東寺(京都)で見た堂本印象の描いた襖絵、凄い。芸術とはを教えられたそんな気がした

目次「写真を撮る上において、考えなければいけない三要素、それは、なぜ撮る、何を撮る、いかに撮るということ」昔の絵師は、襖絵を軽視していた襖絵で記憶に残っているのは、京都、東寺の堂本印象が描いた部屋の襖 …

写真をうまく見せる簡単な5つのポイント

目次デジタルカメラは、理屈など、知らなくても、シャッターを押せば、カメラが写してくれる写真をうまく見せる5つのポイント1. 水平垂直きっちりと出す。2. 手ブレを防ごう。3. 主題(何を撮りたい)をは …

アド街ック天国で紹介された武井商店のドレシング、美味しい

ウンいける、アッサリしていてとてもいい。
「ヘー ドレッシングが、自動販売機で売れる時代になったんだ」
そんなことを思いながら、写真を撮っていて気が付いた。
そう、女性の写真。よこに「鉄道むすめ」と書いてある。
「これは一体なんだろう」
そう思って調べてみた。

情熱の花は恋の花 赤い花を見て思い出した、ザッピーナツという双子の歌手

目次情熱の花は恋の花この花を見て思い出した、ザッ ピーナツ昭和30年40年代は日本のエポックメーキングの時代ブログは僕の回顧セラピーか 情熱の花は恋の花 ハイビスカスというと、 「ああ、ハイビスカスか …

玄米おいり 鳥取で昔から愛されているポン菓子。美味しくて食べ過ぎてしまった 

目次鳥取では人気の駄菓子らしい。初めて食べても懐かしさを感じるお菓子入れ物選びも大変だ久し振りの新宿御苑 エントロピーの法則 失ったエネルギーは二度と再び帰ってこない「ここで、休憩というのは、リラック …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます