cooking essei phone photo

スマホカメラを愉しむ お皿貰ったのでちょっと料理を盛ってみた

投稿日:

友達から電話
恵比寿で中華料理をしていた親戚が、店をやめて、お皿をいっぱい送ってきた。
気に入ったのがあったら持っていけと
さっそくお邪魔して、写真の2枚を貰った。
2枚とも30㎝の大皿
一枚は伊万里
白いのはよく分からない

最初は、
筍を煮ようと思って買い物に行ったのだけれど、なかったので、大根にした。
魚とも思ったけれど、魚、後の処理が大変なので…
大根煮るの、結構面倒なのだけど…なんとか
僕は大根の煮物、冷たくして食べるのだけど、
自分でつくったの、自分好みの味にできるので美味しい

写真撮るの、スタジオつくるの面倒だったので、ホリゾントだけ伸ばして
白いお皿の方、
トレペで少しコントロールしたかったけれど、
スタンド 全部洋服かけに使っているので、目をつぶった
今度 簡単につくれるように用意しておかなければ…だな(笑い)
なにも知らなきゃ、ポンと撮ればいいのに、
なまじっか知ってるだけに…(苦笑)
でもやっぱり写真は楽しい
気に入ったお皿があると、料理つくるの楽しくなるよね
でも料理は食べてくれる人がいてのものだよね…

-cooking, essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

望遠レンズを愉しむ 屏風絵のごとく彩なす櫻かな 満開の桜があまりにも美しくて

しかし
これは(写真)は
現実の世界であって現実の世界ではないの
だから、
この場面を見ているのは僕だけなの
なぜならそれは、
カメラという道具を操作して
僕がイメージして作りあげた世界だから…
それが面白いんだよねぇ…
(写真の面白いところ)
この宇宙
僕はこう見た…
そこに出来上がっているのは
現実であって、
しかし
その風景は僕だけにしか見えてない
いうならば
非日常的なアナザーワールドなのである。

望遠レンズを愉しむ 風が吹く 微笑みながら なびく花

オーイ風だぁ
風さんだぁ
何…
今日は8ビート
ジャズかぁ…
ヨーシ楽しく行こう…

スマホカメラを愉しむ ヘーとつい ある家の壁葡萄の実

写真
コレクションするためには秘訣があるの…
何か…
それは出会った瞬間に撮るということ
後でなんて考えたら二度と再び撮れないから…
そういう意味で、
写真こそ一期一会だと思っているの

天空の山城の「備中松山城」と高梁の街を観光

大石内蔵助、
言わずとしれた「忠臣蔵」のヒーロー。
忠臣蔵の始まりは、殿中松の廊下での事件で、赤穂の城は断絶されるのだが、その時、大石が、無血で城を明け渡したのは、すでにこの時(松山城無血開城)から始まっていたシンクロニシティーと考えると、とても興味深い。

高梁の街は、この城(松山城)藩士で幕末から明治にかけて活躍した漢学者、山田方谷や弟子の三島中洲(二松学舎をつくった人)などによってつくられた街だから、趣が、ちょっと違うのである。

写真を愉しむ あらいいね おはぐろとんぼランデブー

少しづつ、
そう少しづつでも進めていくことが大切なんだよね…
雑文を書いていて教えられた今日の教訓…
手帳に大きく書いておこう…

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます