cooking essei photo

思いつき 豚の角煮にサルサソース OH絶妙 これはイケル

投稿日:

何でもやってみるもんだねぇ…

フッと思いついたのでやってみたら
甘さと酸っぱさと爽やかさで
それでいて円やかで、
OHと思わず
で、この二つを
友達の処に持っていって試食してもらったの。
たまたまそこに女性が3人いたのだけれど、
全員
「美味しい」
そう言ってから
サルサソースの作り方をメモしていた。
料理って、
本当に楽しいねぇ…

実を言うと(サルサソースまでのプロセス)

角煮、
美味しいんだけれど、
味がちょっと濃い味付けだったの
で、
どうしたらさらに美味しくなるかと考えていてね…
そうしたら
なぜかサルサソースが食べたくなって
レモン、
赤い玉ネギ、
マブキ胡瓜、
トマト
これは買ってあったので、
それをチョンチョンとして
オリーブオイルを少したらし

胡椒
をしてから
ハラパーニヨを瓶詰から取り出して(小さなひとかけら)
それをみじん切りにして混ぜ込んで
冷蔵庫で冷やしたのを
豚の角煮をスライスした上にかけて
恐る恐る食べてて見たら
「何 これ、美味い…」と思わず言ってしまう程になっていたので、

友達の所に持参して試食を

冷蔵庫に入れていた角煮と
サルサソースをフリーザーパックにいれて
お気に入りの墨の絵の全粒粉の粒麦パン(フランスパンみたいに長いの)を買って
中野のブロードウエイのマンションに持って行き
「美味しいと言ってね」(笑い)
そう言って試食してもらったのだけれど
「エーッ これ、爽やかとても美味しい…」と
そして
「これ、あなたが作ったの」
「料理人ですか」
「アッ イヤイヤ、単なる暇人 遊び人です…」
「いや、そんな風には思えない 普通の人ではないですよね…」
「アッ いや警備員です…」
すると友達が
「この人、
今皆にあげた写真集般若心経を作った作家さん」
そうい言って紹介してくれたの
で、ついでに、
「本 5冊注文して」と頼まれたの…(笑い)
特殊な本ということもあるけれど
まさかこんなに関心をしめしてくれるとは(仲間内だけだけど)思わなかった…
ついでに
「そら空宇宙」をたまたま持っていたので、
それも見てもらったのだが
「そらとか
宇宙とか…」
皆好きなんだねぇ…
そして
写真の隣ページに書いている
1行のフレーズを見て(読んで)
「詩人ですねぇ…」とか
しかししかししかし…
僕の概念では
それは詩ではなく
「思いつき」の一行なんだけど、
褒められると、
嬉しいから
「ありがとうございます」と素直に…

さっきまで知らない者同士が本を介してすっかり友達に…

さっきまでまったく知らなかった人でも
本を見て
僕という人間に感心を示してくれる
本って本当に素晴らしい…
出(出版)して良かったとつくづく感じた瞬間だった…
帰り
豆しばさんに電話入れたら
「OHと言って感動していた」
撮って書いたのは僕だけど、
本にしたのは彼女だから…
こうして喜びを分かち合える人がいるのがまた楽しい…
好きなことをして
好きなように生きて
金がないから工夫をして楽しみをつくる…
楽しいね…
そこに
「人生は」

一言つけるだけで重み(厚み)が出てくるのがまた楽しい…
ハハハ…だよえね…人生は…

-cooking, essei, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

写真を愉しむ 睡蓮の花は光で語りあう

強硬断捨離、
もうひと踏ん張り頑張らなければ…
それにしても蓄積された人生の垢…
なかなか落としきれないねぇ…(笑い)

紅葉、どういう写真を撮るかによっても変わってくるけれど、やっぱり神代植物公園かな

やっぱり光線を意識しなければね
紅葉の場合は、午後3時から日没までの数時間と、逆光で撮ることが多い。
なぜなら、秋、冬の午後の日差しは赤みをおびてくるから、紅葉の色をより強調して鮮やかにしてくれるから…
そして逆光で撮るのも同じで、葉っぱの色を鮮やかにして、いい雰囲気にしてくれるから。
写真をやってる人はおそらく皆そうだと思うけれえど、ベタ光線、順光(カメラの方から写すもの全体にあてた光)では、ほぼ撮らない。
なぜなら、仕上がりが平凡になることを知っているから。

スマホカメラを愉しむ 冬の武蔵野 シルエットの枝に紅い葉っぱが美しい

昨日 仕事してたら知り合いの女性からlineが
「日曜日、娘が引っ越し祝いに料理をつくると言っているけどこれますか」
と。
何はさておいてもだよね…(笑い)
嬉しいねぇ…
そして愉しみ

カメラを愉しむ 枯れてなお 美しく咲く七変化

目次鮮やかな紫陽花もいいけれど、枯れた花もまた魅力的こうコンピュータ音痴の友人の代行という奴で本のタイトルはウーマンアゲインテーマは「女の更年期を考える」かな 鮮やかな紫陽花もいいけれど、枯れた花もま …

ブドウ 商店街を歩いていると ブドウかとつい目に留まるけど買ってまでとはねぇ

長男が産まれる時など、
カミさんは岡山に帰っての出産だったから
新婚ホヤホヤの友達夫婦のところに数か月も居候したりしてね…
今思えば無無茶苦茶な生活だったけど、
よくやってこれたなと、
つくづく思う(笑い)
通常なら、
こんな生活だとドロップアウトのパターンなんだけどね、
巡り会った人が良かったのか、
余程ラッキーな星の元に生まれてきたんだろうねぇ、
奇跡につぐ奇跡が次々に起きて、
気がつけば雑誌社をやり、
編プロ、
プランニング会社をやりと、
「俺の人生 いったいどうなっているの」という位いろいろ変化して、
気がつけばやっぱり元の世捨て人(笑い)…
でも、
その間には何冊も本は出したし、
写真集も何冊か出したりして、
普通ではなかなか体験できないこともいろいろさせてもらった…
しかし、
考えてみれば自分自身で
「こうしよう」と思ったものはなにもなく、
ただただ流れに乗って生きてきただけ…

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます