cooking essei photo

今日もまた思いつき料理 大根見たら 急に食べたくなって やっぱりお鍋、チンとは違う

投稿日:

安売り屋で大根見たら、急に食べたくなったものだから

やっぱりお鍋、レンチンでつくるのとは訳が違う
写真に例えるならば、
フイルムとデジタルの違いかな…

何が違うの

デティール…
デジタルは
特に最近のデジタルは写り過ぎる位よく写るんだけど、
どこか人工的で、
写り過ぎてリアル感がなく
情緒
ムード
アトモスフィア…
そういうものが失われている
僕はそんなように感じているの
それに比べると
フイルムは際立ってはないが
しっとり感とか
情緒
アトモスフィア
デテール
ムードが実にいい
しかし、
デジタルに慣れると便利だし
特にスマホはいつでもどこでも撮れるので、
今さらフイルムに帰る気はないけれどね…
しかし、

料理はやっぱり…だよね

デテール
ムード
アトモスフィア大事だよねぇ…
今日の料理は
大根と鶏肉
コンニャク
ニンジン
ゴボウを
思いつきで煮たのだけれど、
とっても美味しかった
しかししかししかし

電子レンジとお鍋、両方を組み合わせるといいかも…と

今回は全てのプロセスを電気鍋でやったから時間がかかってしまった。

思ったのが、
電子レンジでやれるところは電子レンジでやって
最後の仕上げを鍋でするのがいいということだった。
何を言っているのかって、
ハハハ…
簡単に説明すると

コンニャクの臭いとり、

今回はそれも鍋でやったから、
お鍋にお湯を入れて、
お塩を入れて煮るのだけれど、
なんせ、
ホットプレートだから時間がかかるのだ。
で、
それが済むと、

下味処理

次にまた、
切った野菜の塩ゆで
(僕は 全ての材料を塩水で一旦煮るの)
だからここでもまた、
時間を取られるのだ
そして本番
お湯から
(ひねれば出てくる)
けど、
やっぱり沸騰するまでには時間がかかる…
で、

本番

お湯が沸騰すると、
材料をお鍋にキレイに並べ
本出汁(1本)
おいガツオ適量
醤油適当に
そして
だし昆布を適当な大きさにハサミで切ってクツクツと
目安は大根に色(お醤油の)がつくこと
で、

よしとなったところで試食

一つ一つの材料をお皿にとって試食するんだけれど。
どれを食べても
「OH」と思わず
で感じたのが、
やっぱりお鍋の料理は、
一味違うということだったのである。
これ温かいのもいいけれど
冷たいのもまたいいかもね…

 

料理作りは本当に楽しい

素材がだんだんと食べ物に変身しているのを見ていると
ますます楽しい
「癒しの朗読 山本周五郎 読み手アランさん」を
イヤホン(ブルートゥース)で聴きながら
料理を作っている時間は
何ものにも代え難い時間で
まさにまさにまさにの至福の時…
しばらくこれは続きそうだな…(笑い)

-cooking, essei, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

思いつき料理を楽しむ ナスと椎茸を炒めて アワビモドキ丼 とっても美味しい 

目次アワビモドキ?ブックオフでお鍋を買う、なんとも不思議茄子と椎茸を炒めてつくる丼作り方ナスと椎茸の炒める時の味付けポイントは今日のまとめ アワビモドキ? ハハハ… 炒めた椎茸がなんとなくアワビを連想 …

スマホカメラを愉しむ、今日の花はザクロ(柘榴)

緑の葉っぱの中でひと際目を惹く朱い花ザクロの花…
日本には平安時代に渡来したと言うことが分かった
「インド仏教の伝説で、
人の子を取って食べる女神がいて、
子供の代わりに血の味がするザクロを与えたと言うのがあります」という書き込みが…
どうやらそれは
鬼子母神のこと。
「鬼子母神像が右手にザクロを持っているのはそのためで、子福と豊穣を願ったものだとか」
そんな説明をしていた。
ヘー
鬼子母神とは、
そういう神様なんだ…

フルーツトマト甘くてフルーティーで爽やかな酸っぱさがあってとっても美味しい

エッ料理
もったいない…
美味しいものはストレートで食べたほうが絶対に美味しいもの…(笑い)
僕は岡山生まれの岡山育ちだから、
瀬戸内海の魚が好きなのだけれど、
さしみはやっぱり
「鰆」(サワラ)が一番だしね…
しかし、
鰆という魚、
刺身で食べるのは岡山県人だけなんだってねぇ…
たまたまテレビを見ていて知ったのだけれど驚いてしまった(笑い)
ところが
新宿駅の西口から新線京王線へ抜ける地下街にすし屋(立ち食い)があって
たまたま入ったらなんと、
鰆の握りが
食べるとやっぱりお美味しい
どの位用意していたのかは知らないけれど
「一人で食べてしまた」
そう言って笑われたことがあった…

カラスウリ 色づく木の葉 秋の雨

カラスウリ
色づく木の葉
秋の雨

改めてことわりを入れるけど、
これは決して俳句ではないからね…
そう
あくまで575だから…
だから季語とか、そういうのは無視だから…
ハハハ…
わざわざ言わなくても、
出鱈目は分かってるから…
まぁ、そうだけどね…

武蔵関公園(練馬区)では、ハート石探しが話題(ブーム)とか

なんでもないことでも発見は楽しい
面白いね、
「ハートの石がある…」
そう思って
下を見て歩いていくの…
集中力が結構いる、
時にはそういう散歩もいいよね…
鳥を撮る
花を撮る
風景を撮る
そんな時に
「あれ、これもしかしてハート石…」
なんだか嬉しくなるよねぇ…
ハプニング、
うん、
そう…

小さなハプニング…
それだけで幸せになれるんだよね…

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます