cooking essei photo

今日もまた思いつき料理 大根見たら 急に食べたくなって やっぱりお鍋、チンとは違う

投稿日:

安売り屋で大根見たら、急に食べたくなったものだから

やっぱりお鍋、レンチンでつくるのとは訳が違う
写真に例えるならば、
フイルムとデジタルの違いかな…

何が違うの

デティール…
デジタルは
特に最近のデジタルは写り過ぎる位よく写るんだけど、
どこか人工的で、
写り過ぎてリアル感がなく
情緒
ムード
アトモスフィア…
そういうものが失われている
僕はそんなように感じているの
それに比べると
フイルムは際立ってはないが
しっとり感とか
情緒
アトモスフィア
デテール
ムードが実にいい
しかし、
デジタルに慣れると便利だし
特にスマホはいつでもどこでも撮れるので、
今さらフイルムに帰る気はないけれどね…
しかし、

料理はやっぱり…だよね

デテール
ムード
アトモスフィア大事だよねぇ…
今日の料理は
大根と鶏肉
コンニャク
ニンジン
ゴボウを
思いつきで煮たのだけれど、
とっても美味しかった
しかししかししかし

電子レンジとお鍋、両方を組み合わせるといいかも…と

今回は全てのプロセスを電気鍋でやったから時間がかかってしまった。

思ったのが、
電子レンジでやれるところは電子レンジでやって
最後の仕上げを鍋でするのがいいということだった。
何を言っているのかって、
ハハハ…
簡単に説明すると

コンニャクの臭いとり、

今回はそれも鍋でやったから、
お鍋にお湯を入れて、
お塩を入れて煮るのだけれど、
なんせ、
ホットプレートだから時間がかかるのだ。
で、
それが済むと、

下味処理

次にまた、
切った野菜の塩ゆで
(僕は 全ての材料を塩水で一旦煮るの)
だからここでもまた、
時間を取られるのだ
そして本番
お湯から
(ひねれば出てくる)
けど、
やっぱり沸騰するまでには時間がかかる…
で、

本番

お湯が沸騰すると、
材料をお鍋にキレイに並べ
本出汁(1本)
おいガツオ適量
醤油適当に
そして
だし昆布を適当な大きさにハサミで切ってクツクツと
目安は大根に色(お醤油の)がつくこと
で、

よしとなったところで試食

一つ一つの材料をお皿にとって試食するんだけれど。
どれを食べても
「OH」と思わず
で感じたのが、
やっぱりお鍋の料理は、
一味違うということだったのである。
これ温かいのもいいけれど
冷たいのもまたいいかもね…

 

料理作りは本当に楽しい

素材がだんだんと食べ物に変身しているのを見ていると
ますます楽しい
「癒しの朗読 山本周五郎 読み手アランさん」を
イヤホン(ブルートゥース)で聴きながら
料理を作っている時間は
何ものにも代え難い時間で
まさにまさにまさにの至福の時…
しばらくこれは続きそうだな…(笑い)

-cooking, essei, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大山富塚豆腐の寄せ豆腐 とっても美味しい まるでケーキ 豆腐がこんなに美味しいなんて…

豆腐は豆腐だよねぇ…
なのに、
美味しさになぜこんなに違いが出るのかと調べてみると
買った寄せ豆腐は富塚豆腐店のもの。
この店なんと
創業は慶応元念で、
大山水系の井戸水で作っていて、
どうやらそれが美味しさのポイントで有名料亭も認める極上の味とか。

こんなコピーみると、
それだけで嬉しくなっちゃうよね、
そう、
僕は暗示に弱いタイプだから…
でもせっかくだから
「美味しさの秘密」を探ってみると
やっぱりミネラル豊富な水と素材と、
受け継がれた伝統の技に尽きるらしい…
そうだよね
伝統…

長い歴史の中で育まれてきた伝統の技
特に五感に訴えるものはね…
そこには主観(思い込み)もあると思うが、
これだけはコンピュータでは出あせないと僕は思っているのだが、
この豆腐にもそれを感じる。

目白、コンデジで撮影 高級機がズラリの中でコンデジ勇気がいる

天気はいいし、
軽装でも暖かいし…
春を楽しんでいたら
知合いから電話で
「ホームページを作りたい人がいるのだけれど相談にのって」とい電話が
で、夕方会ったのだが
話は良い方向にまとまって、
おまけに高給寿司をご馳走になって、
いい一日を過ごさせてもらった…
「落ちぶれ果てても平手( 平手 造酒ひらて みき 幕末の刺客)は武士じゃ…」
「アッいや落ちぶれ果てても元プランナー、いかねばならんのだぁ…」
ハハハ…
最近、
浪曲にはまっちゃってるの(笑い

スマホで遊ぶ 今日は泰山木 この花に僕はなぜか神々しさを感じるのである 

言葉にならない言葉(感じたこと)をタイピングしてみると
例えば
花の写真とか撮っていると
ちょっと気を惹く(気にかかる)ものが現れてね
それに誘われてシャッターを切っているのだけれど、
誰かと話すような言語ではさすがに話さないないけれど
心はそういうものと交信をしていて
その更新(会話)がブログとして表れているんだと思っているんだけれど
これがまた楽しいんだよねぇ…(笑い)

スマホで遊ぶ 紫陽花虫? コモンフットマン

僕は興味あるフレーズに触れたりすると
すぐそれに感化されるの
だからという訳ではないが
直観というものに対しては
ちょっとだけ自信を持っているから、
さらにその感性を高めるにはどうしたらいいのかと思ってね…

類友
感性の合う人たちといると本当に楽しい
僕のよくいく喫茶店には 
そういう人がよく来るので
それが楽しくて行くんだけどね
楽しいねそういうの…
スピリチュアル…
宗教ではないよ
波動とか波長とか潜在意識とか
なんていうのかな
ロジカルシンキングではないサムシング…
心の在り様…
そういうのを喋っていると本当に楽しいから
時間があれば行っているの…

スマホカメラの練習、ここはパリ?いえ、阿佐ヶ谷。旅行者の目で見れば、見慣れた風景も新鮮なものになる

スマホカメラ、便利だし、ハッと思った瞬間にパッと撮れるのでとても楽しい…
もしかして、このカメラこそ究極というのかも知れないと思っているのである。

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます