cooking essei photo

今日もまた思いつき料理 大根見たら 急に食べたくなって やっぱりお鍋、チンとは違う

投稿日:

安売り屋で大根見たら、急に食べたくなったものだから

やっぱりお鍋、レンチンでつくるのとは訳が違う
写真に例えるならば、
フイルムとデジタルの違いかな…

何が違うの

デティール…
デジタルは
特に最近のデジタルは写り過ぎる位よく写るんだけど、
どこか人工的で、
写り過ぎてリアル感がなく
情緒
ムード
アトモスフィア…
そういうものが失われている
僕はそんなように感じているの
それに比べると
フイルムは際立ってはないが
しっとり感とか
情緒
アトモスフィア
デテール
ムードが実にいい
しかし、
デジタルに慣れると便利だし
特にスマホはいつでもどこでも撮れるので、
今さらフイルムに帰る気はないけれどね…
しかし、

料理はやっぱり…だよね

デテール
ムード
アトモスフィア大事だよねぇ…
今日の料理は
大根と鶏肉
コンニャク
ニンジン
ゴボウを
思いつきで煮たのだけれど、
とっても美味しかった
しかししかししかし

電子レンジとお鍋、両方を組み合わせるといいかも…と

今回は全てのプロセスを電気鍋でやったから時間がかかってしまった。

思ったのが、
電子レンジでやれるところは電子レンジでやって
最後の仕上げを鍋でするのがいいということだった。
何を言っているのかって、
ハハハ…
簡単に説明すると

コンニャクの臭いとり、

今回はそれも鍋でやったから、
お鍋にお湯を入れて、
お塩を入れて煮るのだけれど、
なんせ、
ホットプレートだから時間がかかるのだ。
で、
それが済むと、

下味処理

次にまた、
切った野菜の塩ゆで
(僕は 全ての材料を塩水で一旦煮るの)
だからここでもまた、
時間を取られるのだ
そして本番
お湯から
(ひねれば出てくる)
けど、
やっぱり沸騰するまでには時間がかかる…
で、

本番

お湯が沸騰すると、
材料をお鍋にキレイに並べ
本出汁(1本)
おいガツオ適量
醤油適当に
そして
だし昆布を適当な大きさにハサミで切ってクツクツと
目安は大根に色(お醤油の)がつくこと
で、

よしとなったところで試食

一つ一つの材料をお皿にとって試食するんだけれど。
どれを食べても
「OH」と思わず
で感じたのが、
やっぱりお鍋の料理は、
一味違うということだったのである。
これ温かいのもいいけれど
冷たいのもまたいいかもね…

 

料理作りは本当に楽しい

素材がだんだんと食べ物に変身しているのを見ていると
ますます楽しい
「癒しの朗読 山本周五郎 読み手アランさん」を
イヤホン(ブルートゥース)で聴きながら
料理を作っている時間は
何ものにも代え難い時間で
まさにまさにまさにの至福の時…
しばらくこれは続きそうだな…(笑い)

-cooking, essei, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホカメラで遊ぶ 今日のテーマは大和撫子 凛として優しくてしなやかな女性… 

アレっと思ったらとにかく撮る
面白いね、
どこかの家の庭先に咲いてた花を
「可愛い」
そう思ってスマホで撮らしてもらって、
「Lese」アプリで名前をしらべ、
疑問に思ったことを次々に調べてゆくの
するとその度に
「オヤ」
「マー」
「ヘー」
というのがあって、
それを記事にするの…

調べもの本当に楽しい

スマホで撮影白椿、夏に咲く白い椿は沙羅双樹とも呼ばれるが

花も調べてみると、いろいろあるねぇ…
白椿、凛として襟を正している、そんな花の姿がいいねぇ…
僕は猫背で姿勢が悪いから、よけいにそう感じるのかも知れない…
それにしてもスマホ楽しいね、
「おじさんこの花、キレイだねぇ、写真撮っていい」
そう声をかけるだけで、誰とでも気軽にしゃべれる(笑い)
いつもはただお金のやりとりをするだけの不愛想なおじさんなのに、
そうやって写真を撮っていると、ニコヤカな笑顔で迎えてくれるようになった。
スマホカメラ、コミュニケーションツールとしても重宝している(笑い)

蕗の薹、春だねぇ、つくだ煮を作ってみた。ほろ苦くてとっても美味しい

フキミソ」の作り方など聞いたんだけど、
調理器具が電子レンジしかないからねぇ…
そう思って、
他に、
どんな食べ方があるのか調べたら
「佃煮」というのがあったので、
「これなら簡単」
そう思って作ってみたの。

月の写真撮るの、本当に難しい。だって、月だけポンととっても、面白くもなんともないもの

月、赤から黄色、どんどん色を変えながら、アッと言う間に上がってしまうの、だから撮影は、とても忙しいの
そう、出始めの月は大きいが、
上がってしまうと小さくなってしまうから、
写真にすると、本当に小さいので、望遠レンズで寄せるのだが、風景写真では、月はポイントではあるが、所詮は添え物。
だから、「ここなら」という場所で撮らなければ駄目なので大変なのである。

オレンジのバラ 花と話し花を撮る僕の楽しみ

ただ美しいだけでは僕はシャッターはきらないんだよ
こうして会話しながら
どこかにセクシーを感じないとね…
だから僕の写真を見る女性たちから
「あなたの写真は なにかエロスなのよね…」
なんていわれるんだけど
僕はそれ褒め言葉と受け取って笑ってるの…

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます