Idea cooking photo

思いつき料理 今日は豚の角煮 電気圧力鍋を買ったから試運転で…

投稿日:

想像で作る無茶苦茶料理だけど美味しかったよ

電気圧力なべ、
最初は蓋の開け方がわからなくてね…(笑い)
説明書を読むと
ロックピンを外してと書いてあるのだけれど、
そのロックピンが何処についているのか、
それがわからないんだもの
説明書に
その位置位書いといて欲しいよね…

用意した材料

国産の豚のブロック
お酒1本
林檎ジュース(缶 津軽ふじ100パーセント)
ネギ(青い所を使うの)
生姜
昨日安売り屋に行った時
テッチャンに
「豚の角煮作ろうと思うんだけどポイントは」
と尋ねると
「臭い消しかな」
そう言って
ポンポンと

臭い消し そのやり方は

豚のブロックを圧力鍋に入れ、
そこにネギの青いところと、
生姜をスライスして入れ
水を肉が浸かる位まで入れ
圧力をかけて煮る
ということだった。

僕はそこにお塩をちょっと入れたの

(何でも下味つけるの好きだから)
そして圧力をかけて適当に煮てから
蒸気を抜き
蓋を開け
肉を取り出して水洗いをするの
(本当だ臭いは消えている)

そして本番

お酒一本(ワンカップ)
林檎ジュース1本
本出汁1本
麺つゆ(おいガツオ)少々
砂糖適当に入れ
醤油を挿し
水をちょっと足して
メニューから
「豚の角煮」
というのを選び
スタートボタンを押すと
気が付くと出来ていたの
それがアップした写真

付け足しの胡瓜は単なる添え物だけど効果はあった

胡瓜は何もなかったから付け足し
ちょっと味を濃くしたから
口直しに…(笑い)


とっても柔らかくてね、
僕はお箸持つの下手だから、
力を入れると崩れるから、
取り出すの大変だった(笑い)
美味しかったよ、
ウン
とっても…
今回はテストだから
これを基本にして
気になるところを少しづつアレンジすれば、
さらにさらにだね…(笑い)
しかししかししかし…
器、
どこかで少しもらってこないと、
いつも一緒…(笑い)

料理は器

料理はやっぱり見た目
その為には器が物を言うだよね…
見て味わい
香りで味わい
舌で味わう…
この3つが命だものねぇ…

誰かに食べてもらう これも大切だよね

先日
転んで
買い物にも行けない女性がいるから
これを一つ届けてあげようと思ってね…
料理
人に食べてもらうのも、
重用なモチベーション
だってだってだって…
自分のためには料理
つくらないよね…(笑い)

今日のまとめ
・ポイントは臭い消し
・これさえできていれば後は適当でいい

 

-Idea cooking, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カラスウリ 色づく木の葉 秋の雨

カラスウリ
色づく木の葉
秋の雨

改めてことわりを入れるけど、
これは決して俳句ではないからね…
そう
あくまで575だから…
だから季語とか、そういうのは無視だから…
ハハハ…
わざわざ言わなくても、
出鱈目は分かってるから…
まぁ、そうだけどね…

スマホカメラを愉しむ 日曜日 陶芸作家“土歩”さんの自宅で撮らさせていただいた作品

昔から、
チャンスがあったら、自然と焼き物のある宇宙をやって見たいなという思いを持っていたの…
だから、今回、土歩さんの家を訪ねた時、
スマホだけど、それをちょっと試してみたの…
作品がある、それを写真家の目で捉え、そこに一文を添えて宇宙観を…
今日は、そんな思いを持ってちょっとやってみたの…

コンテンポラリフォトグラフィー、懐かしいね、今から50年位前か

時代的にはベトナム戦争があって、反戦歌、フォークソングが流行していた頃だった
映画でも、ヌーベルバーグという、フランスで始まった映画運動(新しい波)、例えば35ミリのアリフレックスを手持ちで廻すとかね、写真のコンテンポラリーフオトグラフィーと同じような表現手法が流行していたの。
面白い時代だったねぇ、
若かったし、熱かったし、よく行く喫茶店なんかで、しょっちゅう芸術談義してたよ…
あの雰囲気、好きだったな…

三寒四温の暖かい日、コンデジのズームを超望遠にして撮影 多分、ハクモクレンの蕾だと思う

簡単に言えば三寒四温とは、
西から東に低気圧が流れていくため、
温かい空気と冷たい空気が交互にやってきて起こる現象ということらしい
アー疲れた(笑い)
ついでながら、
三寒四温は春の季語ではなくて冬の季語なのだそう。
そりゃそうだよね、
三寒四温を繰り返して春になっていくのだから…
それにしても昔の人は凄いね
最近の新語とは全然違う…
そう言えば、
最近は、イケメンの反対、
ダサい男のことヌマというらしい
説明を聞くと
「池」と「沼」というこたえが…
思わず笑ってしまった

スマホカメラを楽しむ。ズームを使って、イメージした絵に近づける

写真は決して難しいものではない。
しかし、しかし、しかし…
撮る時にキッチリと撮っておかなければ、後での加工には限界があるということは知っておかなければならない。
僕は、風景写真は、望遠系でパターンにするのが好きなので、今回は、その方法を書いたが、ワイドにはワイドの良さがあるので、ズームレンズをうまく使いこなすことを覚えれば、写真の楽しみかたがまた変わってくる。

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます