cooking discover essei photo

思いつき料理を愉しむ 広島菜 パスタと合わせ 粉チーズ これ美味い

投稿日:

広島菜+パスタ

お風呂に入っていてフと思いついたの
早速
パスタ塩(湯)茹でして
一旦ザルに引き上げてから
広島菜をザクザク切って
オリーブオイルでパスタを炒めるの

味つけ

本出汁(ステイック適量)
胡椒(少々)
醤油(少々)
バーと炒めたら
花カツオを適当に入れ
そこに切った広島菜(お漬物)を三分二入れ
よく混ぜ合わせ
最後お皿に盛ってから残りの広島菜を上に乗せ、
粉チーズをパサパサと…
チーズの味がどうかな━という心配はあったのだが
食べてみると
なんととなんとなんと…なのである

アッサリなのに濃くがある

カツオ パスタ 広島菜の美味さが調和して、
粉チーズがそれをうまく包み込んでくれ、
ウーンと思わず感嘆のため息が出る程になのである。

実はね
シラスの釜揚げを入れようと思い買っていたのだけれど
忘れていて食べた後で気がついたの
だから今日のブランチ
今度はシラス入りで もうい一回つくろうと思っているの…
正直言ってこんな美味しいパスタを僕は知らない(自画自賛 笑い)

アッ
パスタと言えばエピソードがある

もう随分昔の話である
なんで東京駅だったのかは忘れたけれど
仕事のパートナーの女性とレストランへ
で、
僕はイカ墨スパゲッティーを注文した。
そして出てくると早速
一口 食べて
何これ…
ウエーターを呼んで
「これちょっと食べてみて これお金がとれるもの…」
そう言って食べてもらったところ
お皿をサッと引き上げて
暫くしてから
「スミマセン 確認したところ、お塩を入れ忘れたといくこで、
スミマセンすぐ作りなおします」と
それを聞いて
「イヤ もう結構」
そう言って出たのだが
パートナーの女性が言った
「こんな処でイカ墨を頼むことが間違っている…」
だって、
キレイな立派なレストランだし…と(僕)

そう言えば こんなこともあった。

パートナーの女性が
「靖国通りにラーメン屋ができて行列が出来ているらしいテレビで紹介していた」と
それを聞いて
早速行って見た
二人とも人気のラーメンと餃子を注文する
ラーメンが運ばれてきた
一口食べて
「オイ 出るぞ」
「エー」(女性)
料金を払って表に出て通りを隔てた向こうにあったデニーズに行って
ラーメンを注文した
テレビの情報当てにならないとつくづく思った
しかし、元カミなんかは
僕と食事に行くの嫌っていた…
しかしね、
やっぱり態度で示さなければね…
ちなみに行列の出来るラーメン店は3か月ももたなっかと記憶している

お金を取る以上それなりのものを提供して欲しいよね

ラーメンにしろパスタにしろ決して安いものではない
お金を取る以上は、
それ以上の味にしてくれなければね…(笑い)
でもでもでも
今から考えると若気のいたりだったかも知れないね…
ダメなら二度と行かなければいいんだから…
アッ
お腹空いてきた
この辺で切り上げてパスタ茹でよう…(笑い)

-cooking, discover, essei, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

思いつき料理を愉しむ 今日の料理は鮪の頬肉のステーキ 初めて食べたその味は

グータラいいね大好き
昨日はお風呂行って
スーパーに寄ってその帰り
ドトールによってコーヒーを飲んだだけで外出なし
朗読聴いてウトウトとし
ユーチューブで映画見てウトウトし
絵に描いたグータラ…(笑い)

たまにはこういう生活もいいよね…

おかげで今朝はとても気持ちがいい
今日も愉し
明日も愉し
一昨日仕事の現場で
「久保ちゃん25日は高級警備だよ1時間で終わるよ」
「ああ残念25日はアポが入ってるの」
「そりゃ残念だなぁ」
仕方ないよね、
約束している以上反故にするわけにはいかないし…ね
26日は友達の誕生日でレストランに予約入れたというし…
暇人なのに何かとあって、
なかなか自分の時間というのは取れないもんなのだ…(笑い)
でも 
声がかかるのが華とおもわなければだよね…(笑い)

思いつき料理を楽しむ ナスと椎茸を炒めて アワビモドキ丼 とっても美味しい 

目次アワビモドキ?ブックオフでお鍋を買う、なんとも不思議茄子と椎茸を炒めてつくる丼作り方ナスと椎茸の炒める時の味付けポイントは今日のまとめ アワビモドキ? ハハハ… 炒めた椎茸がなんとなくアワビを連想 …

太田黒公園の紅葉のライトアップは超人気のイベント、これをみなくては…

この庭園、見所がいっぱいあって、カメラ、どこに向けても絵になるから、とても楽しい。
杉並、
雰囲気としては、閑静な住宅街なのだが、その中にあってなお素晴らしい日本庭園とその中に建てられた和洋瀬中の音楽の館(どういう表現をしていいのかわからない)
洋風建築のようなんだけど、日本的でもあって、壁はベンガラのように見える。
武蔵の雑木林を透かして見えるこの瀟洒な建物、この雰囲気、そして、池からそこに行く石畳の階段は、未来の希望に繋がる特別の道のようで、なんて言えばいいんだろう、好きだなこの雰囲気
likeではないfavorite,そんな感じ。
こういう雰囲気、アトモスフィア、この空間がつくりだす特有の空気感…、スッカリお気に入りになってしまった。

スマホで楽しむ あかい花 あかにもいろんなあかがある

赤と黒という小説もあったよね…
赤と黒のブルースという歌もあった…
アッ
このレコードジャケットに使われているあかは金赤だ…
ということは、
今日の写真のあかは金赤…?
いろは
本当に難しい…
しかししかししかし…
魅力的だよね
赤という色…
もしかしたらそれは
血の色だから…

天空の山城の「備中松山城」と高梁の街を観光

大石内蔵助、
言わずとしれた「忠臣蔵」のヒーロー。
忠臣蔵の始まりは、殿中松の廊下での事件で、赤穂の城は断絶されるのだが、その時、大石が、無血で城を明け渡したのは、すでにこの時(松山城無血開城)から始まっていたシンクロニシティーと考えると、とても興味深い。

高梁の街は、この城(松山城)藩士で幕末から明治にかけて活躍した漢学者、山田方谷や弟子の三島中洲(二松学舎をつくった人)などによってつくられた街だから、趣が、ちょっと違うのである。

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます