コラム フォトエッセイ 思いつき 雑記

白絹姫ツユ草

投稿日:

今日のテーマは何だ。

そう、毎朝(基本的には)、
早朝に起きて、
コンピュータを立ち上げ、コーヒを飲みながら、モニターにバーと並んでいる写真の中から、適当に1点、選びだし、それを額装(マット)して、ワードプレスの新規追加で、
「メディアを追加」
写真を張り付けてから、
「ウン、今日はツユ草か」
「さて、何を書くかな」
と、コーヒを飲みながら、暫く考えてから、閃いてきたフレーズを、ドンドンタイピングしているのである。
ウン、ソウ、即興のアドリブなの。

即興とは

型にとらわれず自由に思うままに創り上げていく手法のこと。アドリブともいう。音楽やダンスなどのおける創造の源流とも言われている。
そうなのだ、
だから、実際のところ、書いている本人にも、どういう記事になるのか、わかってないのだ。
だって、言葉や、雰囲気や、過去の経験やら、なんとなく心の中にある思いから浮かんでくるフレーズを、素直にタイピングしているだけだもの。
そういう意味では、僕自身も知らない僕の心の中の記述なのである。
僕は、それがブログの面白いところだなと、思っているのである。
だから、写真を見て、テーマは「白絹姫草」なのに、いきなり、こんな記述になってしまうのである。

ライターはライターでも、君の場合は、使い捨てライターだな…

ハハハ…
それがアドリブの面白いところと、僕は思っているのだが、
読んでくれている人からは
「いったいこいつ、何が言いたいんだ、訳が分からん、そんなのでよくライター務まっていたな」
そう思われるけかもね、で、もっと強烈な人は
「ライターっていったって、デユポンのケリーライターみたいに高級のから使い捨てライターまでいろいろだもんね…」
「ライターが違うやろ」
まあ、やってる頃は、自分で、
「使い捨てライターと思っていたけどね」
「…」
「もう、文字数は稼いだだろう、そろそろ書けよ」
「そうだね、ウォーミングアップもできたし」(笑い)

白絹姫ツユ草

写真を見ると、なんとなく、そんな感じ。

ヘー これ、多肉植物なんだ。

北アメリカから熱帯アメリカ

夏の花なのになぜ今頃(撮ったの温室だから)

花は一日花らしい。

別名グリーンスナップともいうらしい。
咲いている姿、とても可愛いの。
小さい花なんだけどね、その可愛さで撮らされたんだけど…(笑い)

なんとなく、どことなく、優しさがただよっているよね…
優しさいいよね、ところがなぜか、元カミ、元仕事のパートナー、マー、知り合う女性は、気の強いのばっかり…
なぜそうなるのだろうか、こればかりは、解けない謎の一つなのである(笑い)

なんだか今日は始めから終わりまで脱線の(というよりも)…だよね
マー そういう日もあるよ(笑い)
何はともあれ、継続させて書くことが大切(僕にとって)」なのである。

 

-コラム, フォトエッセイ, 思いつき, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

地湧金蓮、チユウキンレン バショウ科の花らしい

目次チユウキンレン 漢字で書くと、地湧金蓮 なんとなく、厳な花に見えるのだけれど…DNAって、先祖の思想も受け継ぐのかしら…すごいねGoogleの情報、爺さん、死んでから100年以上も昔の人なのに、出 …

冬の花 山茶花 お菓子を見ているみたい

目次冬の花 さざんか、美しいね、まるでお菓子をみているみたいこの花を見ると、つい思いだすのが、「さざんかの宿」という歌。小学校1.2年の孫が、どうしてこんな言葉を写真のこの花は、住まいの近くの小さな公 …

どう、これ… なに、撮れって誘てんの…

目次なに、それって、誘ってんの多分、鵜だと思う。井之頭公園には、何匹か住み着いているらしい。撮影って、本当に楽しいね、いろんな出会い、いろんな発見…撮ったら、だれかに見てもらいたよね… なに、それって …

何事にもリズム リズムの大切さを、友人とその仲間の絵の展覧会を見て思い出した

目次SNSで写真を見せる時、どうしたら、よりよく見えるかを考えてみたリズム感は訴求力に大きく影響する。イラストレーターというソフトがあると、便利がいいし、面白くて楽しい文章にもリズム、先輩が飲む度に言 …

東京のパワースポット 東京の秘境 東京の自然、東京の滝

目次狭いトンネルの向こうにパーと広がったパノラマは、長い瀧のある風景だった。瀧もいいが、岩から沁みだしてくる水もまたいいそう言えば昔、空気の缶詰めというのがあったよね…もう本は買うまいとおもいながらも …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます