コラム フォトエッセイ 思いつき 雑記

白絹姫ツユ草

投稿日:

今日のテーマは何だ。

そう、毎朝(基本的には)、
早朝に起きて、
コンピュータを立ち上げ、コーヒを飲みながら、モニターにバーと並んでいる写真の中から、適当に1点、選びだし、それを額装(マット)して、ワードプレスの新規追加で、
「メディアを追加」
写真を張り付けてから、
「ウン、今日はツユ草か」
「さて、何を書くかな」
と、コーヒを飲みながら、暫く考えてから、閃いてきたフレーズを、ドンドンタイピングしているのである。
ウン、ソウ、即興のアドリブなの。

即興とは

型にとらわれず自由に思うままに創り上げていく手法のこと。アドリブともいう。音楽やダンスなどのおける創造の源流とも言われている。
そうなのだ、
だから、実際のところ、書いている本人にも、どういう記事になるのか、わかってないのだ。
だって、言葉や、雰囲気や、過去の経験やら、なんとなく心の中にある思いから浮かんでくるフレーズを、素直にタイピングしているだけだもの。
そういう意味では、僕自身も知らない僕の心の中の記述なのである。
僕は、それがブログの面白いところだなと、思っているのである。
だから、写真を見て、テーマは「白絹姫草」なのに、いきなり、こんな記述になってしまうのである。

ライターはライターでも、君の場合は、使い捨てライターだな…

ハハハ…
それがアドリブの面白いところと、僕は思っているのだが、
読んでくれている人からは
「いったいこいつ、何が言いたいんだ、訳が分からん、そんなのでよくライター務まっていたな」
そう思われるけかもね、で、もっと強烈な人は
「ライターっていったって、デユポンのケリーライターみたいに高級のから使い捨てライターまでいろいろだもんね…」
「ライターが違うやろ」
まあ、やってる頃は、自分で、
「使い捨てライターと思っていたけどね」
「…」
「もう、文字数は稼いだだろう、そろそろ書けよ」
「そうだね、ウォーミングアップもできたし」(笑い)

白絹姫ツユ草

写真を見ると、なんとなく、そんな感じ。

ヘー これ、多肉植物なんだ。

北アメリカから熱帯アメリカ

夏の花なのになぜ今頃(撮ったの温室だから)

花は一日花らしい。

別名グリーンスナップともいうらしい。
咲いている姿、とても可愛いの。
小さい花なんだけどね、その可愛さで撮らされたんだけど…(笑い)

なんとなく、どことなく、優しさがただよっているよね…
優しさいいよね、ところがなぜか、元カミ、元仕事のパートナー、マー、知り合う女性は、気の強いのばっかり…
なぜそうなるのだろうか、こればかりは、解けない謎の一つなのである(笑い)

なんだか今日は始めから終わりまで脱線の(というよりも)…だよね
マー そういう日もあるよ(笑い)
何はともあれ、継続させて書くことが大切(僕にとって)」なのである。

 

-コラム, フォトエッセイ, 思いつき, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

パイナップルの葉っぱ、情熱的やなぁ、まるでサンバのカーニバル

目次リオのカーニバルブエナビスタソシアルクラブ あれいいね知らない町、言葉も通じないのに、彷徨って友人を訪ねるカメラを隠せ飛行場に入った瞬間にブラジルの通貨は使えなくなってしまった パイナップルの花? …

バラ プレイボーイというのだけれど、ちょっと黄昏ている。それもまたいいね

目次黄昏のプレイボーイ美しさは魅力と同義語ではない初代ジェームスボンドはやっぱり、恰好いい 黄昏のプレイボーイ プレイボーイというバラなんだけど、もう、峠を越えて、黄昏ている。 そうだな、人間の年齢で …

彼岸花

目次ちょっと変わった曼珠沙華特に人は、秘めたものには、より魅力を感じるんだよねぇ…あなたの撮る花、妙に色っぽいんだよねぇ花ならば、高齢者の僕の話も聞いてくれる ちょっと変わった曼珠沙華 曼珠沙華なんだ …

サンゴアナナス まるで海の中にいるみたい

目次サンゴアナナス「海の中…」うん、あれはねぇ、アナザーワールド、 もう一つ別の世界だね。ボルネオで、海底の地形を改めて認識サンゴは、海の中で撮れる宝石(?)サンゴアナナスは、パイナップル科の植物 サ …

阿佐ヶ谷駅前パールセンター 見慣れた風景でも角度や時間によって新鮮に見える。感覚って本当に面白い

目次この時間、この角度で、この風景を見たのは初めて面白いね、風景って、「こんなもの」と思っている風景が、角度や時間によって、まったく別の風景に見えるのだから…「もしかしたら、これは貴重な発見?」その頃 …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます