コラム フォトエッセイ 雑記

紅いのは百日紅、夏の名残の花なんだけど、やっぱり秋だよね

投稿日:

秋の印象

赤と黄色と、更けゆく秋の空気感…
美しさの中に憂い感があって、思わず、
「ああ 秋なんだな」と言ってしまう。
秋と言えばやっぱり、上田敏

上田敏 堀口大学 金子光春

秋の日の ヴィオロンのためいきの
身にしみて ひたぶるに うら悲し
鐘のおとに 胸ふたぎ
色かへて 涙ぐむ過ぎし日の おもひでや
けにわれは うらぶれて ここかしこ 

さだめなく とび散らう落ち葉かな

堀口大学の秋の歌というのもある

秋風の
ヴィオロンも
節(ふし)ながき啜泣(すすりなき)
もの憂き哀しみに
わが魂を
痛ましむ

時の鐘
鳴りも出づれば
せつなくも胸せまり
思ひぞ出づる
来(こ)し方に
涙は湧く

枯葉ならぬ
身を遣(や)る
われも
ひなたこなた
吹きまくれ
逆風(さかさかぜ)よ

原文は同じベルレーヌの詩なんだけど、随分、雰囲気変わってくるよね

金子光春の
秋のヴィオロンが
いつまでも
すすりあげている
身のおきどころがない
寂しい僕には
ひしひしとこたえるよ

鐘が鳴っている
息も止まる程はっとして
顔、おもいだす
むかしの日のことを
すると止途(とめど)もない涙だ

つらい風が
僕をさらって
落葉を追っかけてくるように
あっちへ
こっちへ
翻弄するがままなのだ
★   ★  ★

ヘーと、驚くしかない
3人三様…
でもやっぱり僕は、この詩に関しては、上田敏が好きだな
なんか、とてつもなく美しいし、グッと心に沁みてくるものがある。
感性って、本当に面白いね…
この感性という得体の知れないもの、どうやって、つくられてきたんだろうね…
ウーン やっぱりそれは、環境…
難しい、今日はやめとこう。

今日も仕事、
ウン、仕事でなかったら、来ることがないなという所に行くの、結構楽しいよ。
「ヘー 林芙美子ってここに居たんだ」とか「垣根の垣根の曲がり角って、この家なんだ」とか」「小さい秋みつけたは、ここで生まれたんだ」
そんな発見もあって、とても楽しいのだ。
今日は公園で何を考えよう…
「…」
ではまた、ご機嫌よう、今日も楽し明日も楽し…

 

-コラム, フォトエッセイ, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大輪のバラ 珍しいんだってね…品種改良の最高傑作の品種とか

目次大輪のバラ、珍しいのだそうもし、これが「ピース」というバラであれば、写真を撮る手順、理屈で言えば難しいが、それはやっぱり、体で覚えるしかないと思うキレイなものは、誰が見てもキレイ話がズレているのに …

救助訓練、最近は、難物のアクシデントが増えて、放っておけなくなったんだよ

目次ウーン、なんかねぇ、地球に異変が起きているんだねぇビルというウォールで囲まれた森ムッシュさん自慢の森にも深刻な問題があったんだ 実は、環境に優しいと言って売られている洗剤など、そうして作られいるも …

美味しい蕎麦と美味しい酒、そしてレンゲショウマ

目次毎年の楽しみなのに今年は断念(残念) 新宿から約2時間(?)山間の茅葺屋根の古民家の座敷でいただく、酒と蕎麦ウーン、座敷いいねぇ古里から御嶽へ。数歩歩いては立ち止まり…日頃の運動不足が悔やまれる …

雨 忙しい時はともかくとして、ノンビリ過ごせる時間のある時にはいいよね、この風情

目次晴れた日には晴れを愉しみ 雨の日には雨を愉しむやっぱり言葉は心に響かなければ…夜が明ければ、夏の光がサンサンと自分でいうのもなんだが、僕には、サングラスがよく似合うのだ。雨って、風情があって、なか …

トリコグロッチス 蘭 「私のことエンゼルランちゃんと呼んで」

目次この花勝手に「エンゼルランちゃん」と呼ぶことにしたのトリコグロッッチス一応調べてみた今、僕の興味は、花の中のサムシンエルスを見つけること この花勝手に「エンゼルランちゃん」と呼ぶことにしたの 「ウ …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます