コラム フォトエッセイ 雑記

美しく老いる、そんなタイトルをつけてみた

投稿日:

 

老いを美しく…

失礼だけど、かなり高齢だと思う、
しかし、色、形、醸し出す雰囲気には色気があって、魅力は感じさせるが、歳は感じさせない。
イヤ、それどころか、
若い人には絶対に出せない、奥行きさえ感じさせる。
こういう風に歳を重ねていけたらいいな━と、この花を見てつい、思ってしまった。

ワンウエイの人生では、老いていくのは、当然のこと

でも、やっぱり、美しく老いたいよね(笑い)
「そんなことをいったって、歳がいけば枯れるんだから仕方ないがな」
いえいえ、そんなことはない。
歳をとっても、みずみずしく、若々しく、魅力的に輝いている人は、結構いる。
「エッ、ウソ、とても80歳には見えないわ」
そういう人に遭遇すると、いいねとつい思ってししまう。
そして気がつくと
そういう人は、そうじて高齢を楽しんでいるのである。

「おいくつですか」「ハハハ 幾つにみえますか」

歳を聞かれることに喜びを感じている、そんなように思えるのである。
「おいくつですか」
「ははは、幾つにみえますか」
「…60代後半?」
「アラァ嬉しい。私もう84歳なの」
ニコニコしながら、そう言うのを楽しんでいるのである。
やっぱり、社交的で、声がスッキリしていて、明るいの…
若く美しく見せるためには、化粧品とか、そういうのが大事なのかと思っていたが、やっぱり気持ち、生き方こそ媚薬、そのように感じた。
そういう人と話をするのが楽しく、たった今、会ったばかりの人でも気軽に話すの。
笑い声が絶えなくて、とても楽しい。

昨日、団子屋であった女性も明るくて素敵なひとだった

昨日も、日銭稼ぎの仕事場の近く
(西新宿5丁目)にある団子屋(この団子屋 三丁目の夕日という映画に出てくるお店)
そこにいた女性と、つい話が合って、雑談を楽しんだのだが、その女性も、若くて明るくて、素敵な女性だった。

生き方か、そうか、やっぱりね…
僕の叔母も97歳で亡くなったが、90歳位までは、一人でデパートに行き、買い物を楽しみ、催事場に行っては、美術品などよく見ていたらしい。
毎朝、写経をし、新聞を読み、本を読み、長電話を楽しみ、車を呼んでデパートへ…
ずっと一人暮らしだったから
「あんた、今日はデパートに行ったら、ええ観音様があってなぁ、つい、こうてしもうたんじゃぁ(買ってしまった)…」
電話で、そういう報告がくるので、
「いけんいけん もう、そういう無茶をしちゃいけん、少しは歳を考えなさいよ」
そんなやりとりを思い出した。

気持ちも大切だけど、ケアも大事を知る

しかし、気持ちで、そういう風に若くなっても、寒くなると、血行が悪くなるのか、俄かにあっち、こっちが痒くなってくる、
で、診療所で、痒くなった時にぬるローションを処方してもらっているのだが、
手についた余分な液を腕につけていたら、なんと、シミが薄くなって目立ったなくなった。
あれは勝れもの。
いろんな人にそれを話していたら
「ニベアに混ぜて塗ると、効果がさらにいい」と教えてくれた人がいて、目の下の弛みにつけていたら、少し、張りが出てきたような気がする。
大切なのは気持ちと断定して書いたが、やっぱりケアも必要だね(笑い)
そりゃ、そうだよね、肉体が衰えているのだから、少しは、油をさしてやらなければハハハ…
今日も元気、明日も元気…御機嫌よう

 

-コラム, フォトエッセイ, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

グッドデザイン賞をあげたい、そんな感じ、ハナナスというパイナップル科の植物らしい

目次三つ編みの作品を見ているみたい。なんとも不思議な葉っぱ? 花? 植物だよね。 三つ編みの作品を見ているみたい。 作品としたのは、 実をいうと、紐は「編む」というのがいいのか、「組む」というのがいい …

おやすみなさい。知らず知らずのうちに笑顔がこぼれる。いいね、赤ちゃんの寝顔

目次欄という花、本当に色んな表情を見せてくれる僕と君では住む世界が変わったんだよやっぱりまじめにコツコツがよかったかな、えっ僕には無理、確かにやっぱり、明るい人は元気だね 欄という花、本当に色んな表情 …

美しいねぇ、カワセミ、まさにまさにまさに…いつ見ても感動する

目次カワセミ 翡翠 本当に美しい。シャッターを切ってから待っていると「これくらいゆっくり撮らしてくれるといいですよねぇ」「超越」とはこういうことを言うのではないだろうか カワセミ 翡翠 本当に美しい。 …

南洋ソテツの実

目次ワッツ ターコイズがいっぱい指輪に凝った時期もあったなぁ心の中にある好きが、表面からは見ることは難しい世界を見せてくれた知れば知る程面白い植物の世界(宇宙)今日植物園に来たのは、現場でなければわか …

コンテンポラリフォトグラフィーの頃

目次一枚の写真の中には何万語にも及ぶ記憶が頭で考えない 感じた瞬間を記録に残す。それがコンポラと思っていた荒れ ブレ、ボケ… 写ってないのも、感じれば、それが作品なのだから、写るメカニズムむなんか、考 …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます