discover essei

イカ 泳いでいるの見たの初めて イカの握り大好き 

投稿日:

イカ 泳いでいるの見たの初めて イカの握り大好き

アオリイカ美味しいよね

モンゴーイカも美味しいけど、
僕はやっぱり
アオリイカの方がいいな…(笑い)
余談だが、
最近体質が変わったのか、

ニオイが気になって、
マグロ、
生サバ以外はダメになってしまったの…

食べるのはいつも貝類とイカばかり…

アッ 煮アナゴは食べるな
最後にどうしても甘いのが食べたくなって、
煮アナゴ
玉子焼き(握り)を食べるの、
だからよく一緒にいく人は
「煮アナゴ 玉子焼き」を頼んだら終わりだと知っているから
慌てて2、3品追加したりしてね…(笑い)

寿司美味しいよね、

たまにどうしようもなく食べたくなってね…
そういう時は、
ランチでいくの…
だって、
寿司
高いんだもの…

寿司 いつ頃から食べてるの

気になって、
検索窓に打ち込んでみたらあった。
「日本語に学ぶ」によると

寿司が今のスタイルに近づいたのは江戸時代だそう。

握り寿司が考案されたのは江戸時代の後期で、

ネタに刺し身が使われ始めたのは明治時代以降らしい
この頃には、
製氷産業が盛んになり、
漁法や流通の発展と相まって、
これまで生の刺し身が扱えなかった寿司屋も、
ネタを氷で冷やして保存できるようになってのことらしい。
そして
大正時代初期
寿司店に電気冷蔵庫が登場するようになり
ネタの種類が増えて、
サイズも小ぶりになって今の形になったらしい。
江戸で発達した握りが地方に広まったのは。
関東大震災の影響。
震災により、
寿司職人が全国に散らばったかららしい。

寿司が大衆化したのは、

回転ずしが現れてから、
昭和33年、
大阪に史上初の回転寿司が現れて、
庶民的な食べ物になったらしい。
しかし待てよ、

寿司と言えば森の石松だよねぇ

「食いねぇ食いねぇ、寿司を食いねぇ」
あれ
いつ頃の話

ついでに調べると
この話は
虎造の十八番の一つ
「石松三十石舟」の中で語られる台詞(もの語り)
石松が、
たまたま舟に乗り合わせて客に、
次郎長一家の中で、
有名なのは誰かというのを語る場面で、
旅人に石松の名と噂を思い出させようというシーン
サビのところで、
「あんた江戸っ子だってねぇ」
食いねぇ、食いねぇ寿司を食いねぇ」
そう言いながら、
「有名なの、誰か一人抜けちゃーいませんかと」
促すあの台詞…
あれは
虎造の創作だから、
歴史とはまた別ということらしい。
そう言えば寿司で、
こんなことがあった。

20年位前かな

サンフランシスコ、
バスに乗ってゴールデンゲートブリッジを渡ろうとしたところに居たオジサン、
僕たちが日本人と判断した瞬間に
「ここには何にも食べるものがない せめて寿司でも食って行ってくれ」と…(笑い)
その後
僕たちはフィッシャーマンズ・ワーフに行って食事をいたのだけれど、
寿司は食べなかった…(笑い)、
そう言えばこの頃、
アボガド巻(カリフォルニア巻と言ったかな)
日本でも流行っていたのを思い出した。

 

-discover, essei

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

鰹土佐造りとニラのおしたし やっぱり5月は鰹だね

魚やっぱり薬味重用だね…
鰹はポン酢で食べたのだけど、
生姜の味と玉ねぎのシャキシャキ感と鰹の味がポン酢と調和してとてもおいしかった。
誰がこういう食べ方考えたんだろうね…
特に土佐造り、
肉で言えばミディアム
そこまではいってないけれど、
どうしてこうなったんだろうねぇ…
気になったので調べてみた

心がそう見せるのか、僕だけが、そう思っているのか、木の中に人がいっぱいいるように見えるんだけど

心って本当に不思議だよね
「霊が見えるという人がいるが、あれも心の問題だよねきっと…」
「霊、まさかねぇ、そんなものとつい思ってしまうが、そんなものと言ってしまう程の論理、理屈はないけれど…、心がそう見せるというのは分かる、そんな気がしてきた」
ものの見え方、本当に面白いね、同じ物を見てもそれぞれによって、それぞれの見え方があるんだから…

月の写真撮るの、本当に難しい。だって、月だけポンととっても、面白くもなんともないもの

月、赤から黄色、どんどん色を変えながら、アッと言う間に上がってしまうの、だから撮影は、とても忙しいの
そう、出始めの月は大きいが、
上がってしまうと小さくなってしまうから、
写真にすると、本当に小さいので、望遠レンズで寄せるのだが、風景写真では、月はポイントではあるが、所詮は添え物。
だから、「ここなら」という場所で撮らなければ駄目なので大変なのである。

正月 静かだなぁ、好きだなぁ、この雰囲気

いいねぇ、思い出話を肴に飲む酒…
料理に堪能し、酒を堪能し、思い出話に花を咲かせる…
これこそまさに、高齢になったこらこその楽しみであり、味わい…
そうだ、今年は、思いっきり高齢を楽しもう…
そう、たった一度の人生だものねぇ、楽しまなくて何が人生か…だよね(笑い)

電子カメラ面白い 新しい概念の表現が簡単にできるんだもの

写真
もう一度原点に帰って
「写真とは何か」
その辺りからやりなおしてみるのも面白いね
フっとそんなことを思っているこの頃である

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます