flower

花の名前を調べるためには、葉っぱと花をキチンと撮っておくべきだな

投稿日:

たぶんアメリカンデイゴだと思うんだけど、ちょっと抽象的すぎるのか、答えがうまく出てこない。

ん、何の話、
この花の名前調べようと思ってね、
いつものように、コンピュータに写して、それをタブレットのグーグル検索の窓(ボックス)をタップして調べるんだけどね。

エッやり方
検索窓(ボックス)をタップする。
検索履歴が出てきたら、上にスクロールして、一番下に赤青緑黄色の大きな※みたいなのが出てきたら、それをタップすると、
画面が変わって、先ほどの検索窓(ボックス)にカメラのマークが現れる。
そのカメラマークをタップすると、画面が変わって、
カメラで検索しましょうという画面になる。
その画面の真ん中にあるカメラマークをタップすると、
四角い枠が出てくる。
その四角の中に調べたい花を入れてシャッターをきると、答えが出てくるという仕組みなの。

抽象的な写真は検索しても、答えは得られない

とても便利なツールなんだけど
僕みたに、花の部分だけを撮っている写真だと、AIといえども調べるのが難しいんだね…
情報量が少ないから判断(識別)のしようがないんだね…
だから、後で調べようと思う時には、クローズアップではなく、全体を一枚写しておくべきというお話。

花の名前、本当に難しい、

ネーム板があって、それを撮っていても、実はそれは、隣の花だったということがしばしなあるのだ。

だから、撮りたい写真を撮ったら、調べる用の写真とネームは写しておくべきと、思っているところなの

余分な一枚が大きな力になる

電子カメラはフイルムと違って、余分に一枚撮っても、なんの影響もないので、これからはそうしようと、実は僕も今、反省しているところなのである。
そう、やっぱりね、発表する時には、名前がちゃんとあった方がいいものね。
花の名前がキッチリわかれば、その花についていろいろ書けるが、赤い花だと、キレイだねとしかいいようがないものね(笑い)

花の名前、とても重要なのだ

名前が分かれば、花言葉はなんて書けば、
「ヘーそうなの。今度、この花をプレゼントしよう」とかね、そういう意味で、名前はやっぱり大切なのである。

ついでに言うと、このカメラマークの検索、花だけではなく、形あるものであれば、大抵のものは教えてくれるから、知っとくと便利がいいよ。
コンピュータ、ほとんど知識がないのに、自分にとって必要な物だけは知っている。面白ね(笑い)
少し写真を撮り足さなければ、アップするものがなくなってしまった。
明日から日曜日まで休み、カメラをもって出かけよう久しぶりに…

-flower

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホカメラを愉しむ 陶芸家土歩さんの壁かけの花器にフラワーデザイナーのナナミさんがさりげなく

セッション
楽しいね…
アドリブで…
ハハハハハ…

スマホカメラを楽しむ、今日のタイトルはハンモックでくつろぐ少女

スマホに望遠レンズ
実験として、一応撮ってみたけれど、
これはちょっと、使えないね…
正直な感想
公園に行って、鳥などを見る時の望遠鏡として使えばいいかもね…
でもでもでも
それでも使ってみたいという人がいるかも知れないので、参考までに書くけれど、
望遠鏡をつけると、揺れ幅が大きくなるので、シャッターは高速にしなければならない
(フイルム時代には、レンズの焦点距離、200㎜なら250分の一秒、300㎜なら300分の一秒で撮れと言われていた)ので、
明るい所でないと、手持ちでは撮れない、
三脚とか使って、ジックリ撮れば大丈夫だが、
手軽さ、便利が取りえのスマホに三脚は?…と僕は思うので、
スマホにそこまでを求めるのはやめにした(笑い)

色っぽい、色っぽいとはどういうこと、魅力とはなに…

色っぽい、それは感じる人の主観かも知れないけれど、会った瞬間に「OHと惹きつける魅力をもった女性というのは、確かにいるよね、花にもそういう花があるということ」
やっぱり、内面に持つ生き様、サムシンエルスがビジュアル化された女性特有な魅力として、僕は記憶しておきたい

カメラを愉しむ 楽しいねそして可愛い唐綿花 なんとなくミュージカル なんとなく人形劇

困っているのが、
自分のしてきた仕事が載っている雑誌や本
どうしようかと、
元カミに相談したら、
「そんなの持っていてどうするの、記憶の中にあればいい」と、
アッサリと…
確かにそうなんだけどね…(ハハハ)

ダリア、ナマハゲエポックという名前らしい。まるで太陽

エポックメーキングとは
「ひとつの時代が終わり、ひとつの時代が始まる瞬間がある、エポックメーキングとは、その瞬間のこと」という意味で僕は使ったのだが、フレーズとして、好きな言葉なのである。

昭和30年、40年代がなぜ、日本のエポックメーキングの時代なのか
それは、調べればすぐ分るのだが、簡単に説明すると、一番のポイントは、東京オリンピック(昭和39年・1964)。
このオリンピック開催に向けて動いた前後10年は、まさに激動の時代で、風景も経済も人の心までも変えてしまった時代という意味で、そう表現したのだが、それらの本を今見返してみると、まさにまさにと思うのである。

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます