discover essei event flower photo

マンツーマンで写真の指導、ダリア「プリンセス・ダイアナ」美しいねぇ…

投稿日:

プリンセス・ダイアナ、懐かしいねぇ

調べて見ると、1986年5月8日
オープンカーでパレードするというので、僕も群集に混じって、長いレンズでその姿を捉え、グラビアを飾った。
押し合いへし合いの大変な撮影だったのを、思い出した。

ダリア、プリンセス・ダイアナ、ネーム板に書かれたその文字を見て、つい撮ったのがこの写真。

昨日は天気良かったし、ある女性から、「一緒に写真を撮りに行きませんか」と誘われて、神代植物園へ。
僕はルンルン気分で、女性は、どういうところで、どういう風に撮るかを教わりたいという思いで。

写真を教わりたい、理由はともかくとして、一緒にいりゃ、楽しいよね(笑い)

しかし、シャッターを切る毎に、緊張する。
だって、
「ホラ」
そう言って、モニターを見せ、
「OH」
と言ってもらわなければ駄目なわけだから、そりゃ、力いったよ(笑い)

そういう意味では、写真の指導というのは、難しい。

僕は、大勢の人の指導は何回かしたことがあるが、マンツーマンは初めてなので、指導と言えるのかどうなのかは分らんはいのだけれど、
「写真って、そうやって撮るのか」
という参考位にはなったと思う(自分で自分にそういい聞かせているの笑い)
だって、僕は理屈ではなく感覚で撮るタイプだから、非常に難しいのだ。

ハイ、ここ、言うのはただそれだけ…

「エッ」と、女性
「あの花」
「…」
「ああ
「…」
「どう撮る」と僕
「…」
「違う」
「もう10センチ左」
「あっ、イヤ、そんなに動いちゃだめ」
「写真はデリケートなの」
「カメラ、もう少し俯瞰して」
「そうそう…」
こんな調子でやったんだけど
撮ったのは彼女、
モニターを見ると、
それなりに纏まっていたのは、彼女の腕が良かったから(笑い)

これ撮りたいと思ったのはなぜ、それがポイント

こうして、数時間歩いて気がついたのは、
僕は直線的に、パッと被写体(写す物)に迫っていくのだけど、
彼女の場合は、
撮るものを決めてから考えるの…
だから言ったの
「これ撮りたいと思ったのはなぜ」
「キレいだから」
「どこが…」
「ここ、この光線が」
「だったら、それ、いかにしたら、それが強調できるか、その場所を見つけるの。だから、コレという撮りたいものがあったら、どこから撮るかを考え、身体をそこに持っていくの、これをカメラポジションというんだけれどね、この見極めが命なの…」

こんなわけのわからんことを言われても分らないよね…

それでも彼女は
「あっ、なる程」
そういいながら、なんとなくなんとなく…
だから、撮ったのは彼女の力なのだが、
「ああ、写真って、そうやって撮るのか」という雰囲気、ニュアンスだけは伝わったと思う。

写真を撮りながら気づいたこと

昨日はダリアを中心に撮ったのだが、彼女の撮影、そして多くの人の撮影を見ていて気付いたことは、自分は動かないで、ズーミングで処理をしている人があまりにも多いということ。
それではいい写真にはならない。
やっぱり、デイスタンス、
どの位置から撮れば━というのを見極め、
身体をサッとそこに持っていって、
そこで初めてカメラを構え、ズームで微調整して、ここというところでシャッターを入れる。
そうすれば、もっともっといい写真が撮れるようになる━電車の中で、そんなことを話しながら帰ったのだが、
女性、
「とても勉強になりました」と、
インスタグラムに、その人の写真(作品)が上がってくるのが楽しみである。
別れ際、女性に言った一言は
「写真は足で撮る」だった。

 

-discover, essei, event, flower, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

黒法師おしゃれ 、なんとなくそんな雰囲気。こういうムードに僕は弱いの 

クロホウシから連想した記憶に残る歌手
好きだな、こういう雰囲気、どこかに陰を持っていて…
黒のドレスの似合う女性(勝手に思っているのだけれど)…

北原ミレイとか浅川マキ、カルメン・マキ、そんな感じ
エッ 知らない、そりゃそうだよね、時代がちがうものねぇ(笑い)
でも、懐かしいから、時々聞くよ、そうすると、青春時代を思い出してね、それがいいんだよねぇ…
そう、過ぎ去った遠い日々…

お米の花、ご存知ですか? これ、お米が命を繋ぐその瞬間の写真です

お米の花について詳しく説明すると、
お米の花の雄シベと雌シベは一つの籾の中に同居していて、時期が来ると、その籾がバーと開いて、雄シベが放出した花粉が風によって雌シベにくっつく(風媒花)と文献にはかかれているのだけれど、僕が見たそのシーンは、風という偶然に頼ったものではなく、明らかに意識をもっておこなわれていたのである。

和カフェ、つゆくさ 懐かしいねぇ…

コーヒー、理屈をこねる人は大勢いるけれど、本当においしいコーヒが淹れられる人というのは少ないんだよね…
「コーヒーを淹れるのにはねぇ、愛情がいるんだよ」(なんちゃってね)それと、器と雰囲気、コーヒーはこの3点が揃わなければ、美味しく感じないのだ(僕の数少ない拘り)
彼女の淹れるコーヒーは本当においしかった。
だから、美味しいコーヒーをより美味しく飲むために、ビーガンの定食を食べるの。僕は本当は、野菜、好きではないんだけれど、少しでも長くいるためにはねぇ(笑い)
でも、豆腐ステーキとか、おいしかったよ…

これは紅葉?黄葉?キレイだね、まるで光のページェント

「カエデ」と「フウ」 別の種類なのに同じ漢字なぜ
「カエデとフウ、種や実、葉の付き方もまったく異なるのになぜと思うが、
種の葉が似ていて共に美しく紅葉することから、混同されているようです」という説明があった。

それにしても、同じ漢字を使って、全く種族の違う植物の両方につけているって、理解できないよね

ハロウインは収穫祭、銀座の空中庭園に飾られた渡辺さくらさんの作品

ハロウインをイメージした「実りのオータムガーデン」イベントは11日に終わったけれど…
まさか銀座で、しかもビルの屋上に、こんなに素晴らしい空間があるなんて、ねぇ
東京メトロ「銀座駅」A3出口から徒歩1分。
銀座4丁目交差点のすぐそば、
「ファンケル銀座スクエア10Fスカイガーデン」
「銀座の空中庭園」というのだけれど、無料で四季折々のイベントのテーマを楽しみながら、心を癒すの、とてもいいよ、無料だし。
僕が見たのは、
英国王立園芸協会東京支部支部長ハンギングバスケットマスターで、
GA(グリーンアドバイザー)東京 副会長で、さくら工房代表。
カルチャースクールなどでの指導が人気の渡辺さくらさんが構成した「実りのオータムガーデン」という空間芸術だったのだけど、本当に楽しかった。

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます