discover essei event flower photo

マンツーマンで写真の指導、ダリア「プリンセス・ダイアナ」美しいねぇ…

投稿日:

プリンセス・ダイアナ、懐かしいねぇ

調べて見ると、1986年5月8日
オープンカーでパレードするというので、僕も群集に混じって、長いレンズでその姿を捉え、グラビアを飾った。
押し合いへし合いの大変な撮影だったのを、思い出した。

ダリア、プリンセス・ダイアナ、ネーム板に書かれたその文字を見て、つい撮ったのがこの写真。

昨日は天気良かったし、ある女性から、「一緒に写真を撮りに行きませんか」と誘われて、神代植物園へ。
僕はルンルン気分で、女性は、どういうところで、どういう風に撮るかを教わりたいという思いで。

写真を教わりたい、理由はともかくとして、一緒にいりゃ、楽しいよね(笑い)

しかし、シャッターを切る毎に、緊張する。
だって、
「ホラ」
そう言って、モニターを見せ、
「OH」
と言ってもらわなければ駄目なわけだから、そりゃ、力いったよ(笑い)

そういう意味では、写真の指導というのは、難しい。

僕は、大勢の人の指導は何回かしたことがあるが、マンツーマンは初めてなので、指導と言えるのかどうなのかは分らんはいのだけれど、
「写真って、そうやって撮るのか」
という参考位にはなったと思う(自分で自分にそういい聞かせているの笑い)
だって、僕は理屈ではなく感覚で撮るタイプだから、非常に難しいのだ。

ハイ、ここ、言うのはただそれだけ…

「エッ」と、女性
「あの花」
「…」
「ああ
「…」
「どう撮る」と僕
「…」
「違う」
「もう10センチ左」
「あっ、イヤ、そんなに動いちゃだめ」
「写真はデリケートなの」
「カメラ、もう少し俯瞰して」
「そうそう…」
こんな調子でやったんだけど
撮ったのは彼女、
モニターを見ると、
それなりに纏まっていたのは、彼女の腕が良かったから(笑い)

これ撮りたいと思ったのはなぜ、それがポイント

こうして、数時間歩いて気がついたのは、
僕は直線的に、パッと被写体(写す物)に迫っていくのだけど、
彼女の場合は、
撮るものを決めてから考えるの…
だから言ったの
「これ撮りたいと思ったのはなぜ」
「キレいだから」
「どこが…」
「ここ、この光線が」
「だったら、それ、いかにしたら、それが強調できるか、その場所を見つけるの。だから、コレという撮りたいものがあったら、どこから撮るかを考え、身体をそこに持っていくの、これをカメラポジションというんだけれどね、この見極めが命なの…」

こんなわけのわからんことを言われても分らないよね…

それでも彼女は
「あっ、なる程」
そういいながら、なんとなくなんとなく…
だから、撮ったのは彼女の力なのだが、
「ああ、写真って、そうやって撮るのか」という雰囲気、ニュアンスだけは伝わったと思う。

写真を撮りながら気づいたこと

昨日はダリアを中心に撮ったのだが、彼女の撮影、そして多くの人の撮影を見ていて気付いたことは、自分は動かないで、ズーミングで処理をしている人があまりにも多いということ。
それではいい写真にはならない。
やっぱり、デイスタンス、
どの位置から撮れば━というのを見極め、
身体をサッとそこに持っていって、
そこで初めてカメラを構え、ズームで微調整して、ここというところでシャッターを入れる。
そうすれば、もっともっといい写真が撮れるようになる━電車の中で、そんなことを話しながら帰ったのだが、
女性、
「とても勉強になりました」と、
インスタグラムに、その人の写真(作品)が上がってくるのが楽しみである。
別れ際、女性に言った一言は
「写真は足で撮る」だった。

 

-discover, essei, event, flower, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ハロウインは収穫祭、銀座の空中庭園に飾られた渡辺さくらさんの作品

ハロウインをイメージした「実りのオータムガーデン」イベントは11日に終わったけれど…
まさか銀座で、しかもビルの屋上に、こんなに素晴らしい空間があるなんて、ねぇ
東京メトロ「銀座駅」A3出口から徒歩1分。
銀座4丁目交差点のすぐそば、
「ファンケル銀座スクエア10Fスカイガーデン」
「銀座の空中庭園」というのだけれど、無料で四季折々のイベントのテーマを楽しみながら、心を癒すの、とてもいいよ、無料だし。
僕が見たのは、
英国王立園芸協会東京支部支部長ハンギングバスケットマスターで、
GA(グリーンアドバイザー)東京 副会長で、さくら工房代表。
カルチャースクールなどでの指導が人気の渡辺さくらさんが構成した「実りのオータムガーデン」という空間芸術だったのだけど、本当に楽しかった。

スマホカメラを楽しむ、ボンタン湯、知らなかった、柑橘の香りがとても爽やか、いい気持ち

同市内(鹿児島)の銭湯では、昔から「ボンタン湯」が冬の風物詩だった
ボンタンは皮が厚くて崩れにくい、
ネットに入れなくても崩れにくいということで、ボンタン湯を広めることを活動の主軸に据えたプロジェクトを結成、
「ボンタンアメ」メーカーにも協力をお願いして  
ボンタン湯を広めるために、全国的に知名度の高いボンタンアメの力を借りられないかと相談したところ
製造元のセイカ食品(鹿児島市)も。
パッケージデザインを提供することでプロジェクトに協力。
お風呂屋さんも、
「サービスとしてこれはいい」ということで、協力して全国展開になったらしい。

アイディアだね、行動力だね、情熱だね…

面白いね、まさにまさにまさにのブレークスルーだね
1つ1つは「絶滅危惧」という不安を抱きながら、
しかし、しかし、しかし…
協力しあうことで、新たな展開が…
アイディアだね、行動力だね…
ボンタン湯に浸かって、爽やかな気分でいい勉強をさせてもらった。
スマホで写真を撮ったことで得た知識、発見、これがまた楽しい…

銀杏と栗が届いた さて何を 栗ご飯よし茶碗蒸しも 秋の味覚堪能だね 

とっても魅力的なスーパーガール
昨日 合唱に行ったら
90歳のご婦人、
この人はイタリアに長く暮らしていて画家であり俳句の会を主宰していて日本舞踊もやり、
イタリア語も教えているスーパーガールなんだけど
顔を見るなり
「あなた いくら電話しても出ないんだけどどうなってるの」と
言われた瞬間
アッと思って
「ああ、あれは先生だったの、
ごめん、僕は知らない電話にはでないので…」
そういうと、
「それじゃ役にたたない」と言って怒られたのだけれど、
そうか、
若い人ならSMSでメッセージが来るけれど、
90歳ではいくらスーパーガールでもだよね…
「ところで何か…」と尋ねると、
「毎月第二土曜日の夕方から 社会でいろいろ活躍した人が前職を忘れて軽く飲みながらお喋りをする会を我が家でやってるのだけれど、あなた、それにいらっしゃい、あなた面白いからそれに招待しようと思って…」
ありがとうございます。
「第二土曜日の夕方ですね 
了解しました喜んで行かさせていただきます」と
年齢に関係なく、
こうして目をかけて下さるの、嬉しいねぇ…

スマホカメラを愉しむ 気が付けばいつの間にやら春うらら

記憶に残る爺さんの言葉
子供の頃爺さん(母の父)によく言われた
「おい、マーボー
なんでもかんでも明日からと言っていては、
何もできやしないぞ
明日ありと 思う心の仇桜 夜半に嵐の吹かぬものかは
覚えとけ」
そう言ってから
「一日一日を意識して生きなければダメなんだ…
為せば成る 為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の為さぬなりけり」
なぜかいつも、この二つの諺がセットだった。

フルーツのトマトの味の素晴らしさ 便利がいいね575 写真と合わせれば恰好つくものね

目次スッカリハマった575昔流に言えば、 スマホはまさに矢立だね…今日は俳句の会遊びやっぱり大切だよね… スッカリハマった575 写真と合わせれば様になるものねぇ… 文字配列のバランス とりやすいし …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます