discover essei photo

写真を愉しむ コートバン 使えば使うほど光沢がよくなってくる楽しいサイフ

投稿日:


嬉しいことに財布は出てきたのだが…

タイミングが悪かった
やっぱり心配だから、キャッシュカード クレジットカード、停止かけるよねぇ…
その手続きすら、
インターネットでは、
余分なことばかり書いていて、
電話番号すらなかなか見つからない上に、
やっと見つけても、
オペレータに繋がるまがまた大変なのだから…
本当に不便…

便利という幻想の裏にある、実に不便な社会システム

しかも夜中では、カードの一時停止をかけることしかできないのだから…
そしてカードは停止をかけると、
再発行しないと、使えなくなってしまう。
その手続きは昼間の営業時間帯にしかできない
なのに、電話が混んでいてなかなかつながらない
おまけにガイダンス重視、
本当に不便…

これでは、年寄は、生活できないと つい思ってしまう。

結論としてキャッシュカードは店舗に行って手続きをして、
そして自宅に郵送されるというシステムだから時間がかかる
これはクレジットカードも同じである。
僕の場合は、
さらに大変で、
免許証の住所ではないものも1部あったりして…
たたこしいのだ…

そうなの、僕はホームレスだから…(笑い)

その上さらに面倒なのが、
クレジットカードで支払いをしている場合、
番号が変わるから、その手続きも必要になって、
正常になるまでには凄い手間と時間がかかるのである。

問題なく、スムースに動いている時は、
とても便利なシステムだが、
問題が起きると、
本当に大変ということを今回は体験させられてしまった。
しかししかししかし…
停止かけなければ、最近は少額だと、サインレスだし…

それでもやっぱり、愛着のある財布出てくると、やっぱり嬉しい…

人から見れば、手垢のついた汚い財布だが、本人は、
その使った感を愉しんでいるのだから…
価値感っておもしろいよね

価値とゴミとの間で…

今回引っ越しで強行断捨離をして、
例えばオールドグランドファーザー時計や、大理石の机の天板など、いいなと思っていたものが全てゴミ…
しかも捨てるとなると、結構高額のお金を払わなければならない…
この仕組み なんか変だよね…
そう思いながらも、
全てのものを手放して、身一つになることの気持ちよさというのも感じているのである…
起きて半畳寝て一畳…
これからが、人生本番という気持ちにさえなっているのである…
そんな訳で、
昨日財布を噴出し、その顛末に時間を取られたことで、
600日続けたSNSの投稿も、途絶えてしまった。
また新たな一歩
どうでもいいことでも、
くだらないものでも、
書き続けることが楽しい…

-discover, essei, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

龍眼 フルーツとして美味しいらしいが、どこで買えばいいんだろう

龍眼、果実は、ブドウの房のように実って、栄養価が高く、薬膳料理にもよく使われると。
食べた人の感想だと、ぱっと見た眼、ライチの果肉に似ているが、ライチに比べて水分が少なく、メロンに似た甘い香りがするらしい。
そして、美味しいと。

龍眼、普通に食べても美味しいが、ドライフルーツにすると、味がギュっと濃縮されて美味ししさも増すらしい。

スマホカメラを愉しむ 櫻花 枝垂れの流れ風の音

昨日
健康診断の後、
「茶とアン」(阿佐ヶ谷)に寄ったら、
知合いの女性が現れて
写真談義
写真
撮るのも楽しいし、
話すのも楽しい
まるで青春真っ只中…
写真があるから、
こうしていろんな知り合いができ、
話がはずみ生き甲斐がうまれる…

写真を愉しむ OHとつい簡単の声をもらすだけ

デフォルメを愉しむ
これこそが、写真の面白さだと僕は思っているのである。
面白いね、写真って…
アナザーワールド…
その感覚を知るには、
ズームよりも、単体のレンズで、レンズ効果を身につける方がつかまえやすいのもしれない…

桃太郎伝説の桃太郎は吉備津神社の吉備津彦の尊らしい

鬼ノ城では鉄を精製していた。
鉄を精製するのには水がいる。
熱した鉄を冷やすために使っていた水を(廃液)を近くの川に流していた。

上流で、汚れた水を流せば、下流では作物などができなくなる。

困った村人は、その交渉を吉備津彦の尊にお願いした。
吉備津彦の尊は「よし」と引き受けて交渉に行った。
で、吉備津彦の交渉に、ズラズラとついて行った村人たちが見た光景は、鉄の精製で顔は赤やら青に焼けただれて変色していた。それが、赤鬼、青鬼に見えたという話。

スマホカメラを楽しむ 今日の花はチエリーセイジ 会話する花 なんとなくそんなイメージ 

この写真から連想している僕のイメージは
ユーチューブの
「癒しの朗読」
「山本周五郎」(読み手アリア)
スッカリこれにはまっていてね、
時間があれば聞いているの…
語り手のアリアさんは女性(若くはないと思う)なんだけど、
落ち着いた低い声で声色も時折変えたりたりして
実にうまいの
そう、
聴いていると物語りが映像となって映画のように見えるの
ストーリは
正道
義理人情
男と女の心模様…
それをからめた難題の物語が深刻な方向へと流れていくのだが
最後の最後
「おお そうしたか」
という方向に転じて
なる程と感心させられると同時に
泣かされるんだけれど、
そのストーリーの組み立てが絶妙で、
1つ終わるとまた一つと聞くのだが、
本当にうまい

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます