discover essei flower

アデニューム・オスベス砂漠に咲く赤い花、沙漠のバラが美しい

投稿日:

沙漠のバラと言われるこの花、本当の名前はアデニューム・オスベス

これは神代植物園で撮ったのだが、今まではこの花、随分、奥まったところにあって撮りづらかったのだけれど、
今回は鉢に移されていて、
「撮ってくれと言わん」ばかりに咲き誇っていたので、「よし」と(笑い)

新宿御苑のアデニューム・オスベスは、もっと早い時期に咲いていたけど…

御苑で見たのは、9月の初め頃だったかな、先週みた時には、花はなかったが、神代植物園は今が盛り…
「オヤ」と思ったが、そりゃまぁ、植物だからねぇ、タイムラグもあるよねぇ…

誰がつけたか、砂漠のバラ…それにしても美しいよねぇ、沙漠でねぇ…

僕は中国の沙漠、「クブチ沙漠」に行って、
沙漠の表情を撮って「沙漠の木」(詩高橋順子 愛育社)という写真詩集を出しているが、
何日も沙漠を歩いたが、砂漠のバラには出会わなかった。

調べて見ると、アデニュームにもいろんな種類があるらしい。

いろいろ出ている写真を見ると、幹がとても太い。駱駝のコブみたい…
そりゃそうだよね、砂漠で生きるためには、水を貯えなければいけないものね…
でも、育て方を見ると、乾燥を好むので、水はあまりやらない方がいいらしい…
水を貯えるのに、アンバランスな程、太い幹を持っているのに、水をあまりやらない方がいいとは、これいかにと思うが、もしかしたら、自分の体内に貯めた水でなければ、飲んではダメと親に言われたのかな(笑い)

僕の行ったたクブチ沙漠は沙の粒子が細かくて、まさしくそれは、極めて女性的だった。

僕が行ったクブチ沙漠は粒子が細かいキレイな沙漠で、
風に吹かれていろんな山が出来ているのだが、
その姿は、裸の女性がズラと横たわっているようで、それを素直に撮った僕の写真を見た詩人の高橋順子さんは、
本の前書きで
「久保雅督さんの写真は、神秘とエロスの沙漠への、そしてそこに生きる勁くてけなげな植物への賛歌です」と書かれれしまった。
そして僕の知る多くの人が、「沙漠の木」を見て、エロスの世界と受け止めてしまったのである(笑い)

写真集の中に欲しかったな、この花(沙漠のバラ)

この写真集に、この花があったら、
「砂一粒の中に一つの世界を そして花一輪の中に一つの天を見る」という英国の詩人、ウイリアム・ブレイクの詩の一節が、より リアルに感じられたのではと思うと、残念でならない。

砂漠のバラ、結構、歌にもなってるんだ

「沙漠のバラ」調べていて、ビリーバンバンの歌に「砂漠のバラ」というのがあるのを初めて知った。
「暮れなずむ西の空に いにしえにかえる風 乾いた心にさえ ひと時の雨がふる…」(詞 葉山真理)
もうひとつ、
ドラマ「華麗なるスパイ」(日本テレビ)のテーマ曲に、
TOKIOの「太陽と沙漠のバラ」というのがあったが、
この花は、アデニュームのことを言っているのだろうか、それとも、架空の花?
いづれにしても、砂漠とつくと、幻想的、神秘的に感じるのは、僕だけだろうか…

 

-discover, essei, flower

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

目白、コンデジで撮影 高級機がズラリの中でコンデジ勇気がいる

天気はいいし、
軽装でも暖かいし…
春を楽しんでいたら
知合いから電話で
「ホームページを作りたい人がいるのだけれど相談にのって」とい電話が
で、夕方会ったのだが
話は良い方向にまとまって、
おまけに高給寿司をご馳走になって、
いい一日を過ごさせてもらった…
「落ちぶれ果てても平手( 平手 造酒ひらて みき 幕末の刺客)は武士じゃ…」
「アッいや落ちぶれ果てても元プランナー、いかねばならんのだぁ…」
ハハハ…
最近、
浪曲にはまっちゃってるの(笑い

天空の山城の「備中松山城」と高梁の街を観光

大石内蔵助、
言わずとしれた「忠臣蔵」のヒーロー。
忠臣蔵の始まりは、殿中松の廊下での事件で、赤穂の城は断絶されるのだが、その時、大石が、無血で城を明け渡したのは、すでにこの時(松山城無血開城)から始まっていたシンクロニシティーと考えると、とても興味深い。

高梁の街は、この城(松山城)藩士で幕末から明治にかけて活躍した漢学者、山田方谷や弟子の三島中洲(二松学舎をつくった人)などによってつくられた街だから、趣が、ちょっと違うのである。

ブルーバタフライというのだそう、可愛い花だね

やっぱり睡眠
特に年寄りにはこれが重要なんだと、
つくづく思ったよ…
それにしても、
習慣って凄いことだね、
夢の中で何本も記事書いていたもの…(笑い)
ところが現実には
どこにもそれがなくて
「なんだあれは夢だったのか」と(笑い)
内容、
勿論
そんなものは覚えてないから、
頭に浮かんだものを素直にパチパチとやっているだけなんだけど、
やっぱり本物
書いているうちに次第に気持ちが乗ってきた。
しかし
今日は体力があまりないので、
このへんにしとこう…

もう終わるの…
ハハハ…

繋ぎだよ…
これが大事なんだよ(笑い)

スマホカメラを愉しむ 今日の発見は山紫陽花

朗読と自然とカメラ…そして僕
ひとつひとつのパーツは、
独立したもので、
なんの関連もないのに、
ミクロコスモスという心の中では、
それらのパーツが一本の糸でつながっていて、
この紫陽花を見てスイッチが入ったんだねきっと…
そうして考えると、
写真って面白いねぇ…
そういう日常の心模様が、
そういうアトモスフィアを求める感性となって、
それがシャッターを押させているんだということを今回発見して、
これはメモしておかなければ
そう思って今日のブログは書いているのだけれど、
そういうスピリチャルな世界を表に出したい
しかもそれをロジックではなくて、
感覚(直観的)として捉えてみたいという思いが
最近強くなっているので、
とにかく感じたことをそのまま書き出しているのだが、
ブログ、
そういう意味ではとても貴重な媒体
そう思って続けているのである。
そう、
たった一人のブレストとして…

やっぱりいいね、夜の荒木町、寒い夜は湯豆腐がいいね

ゴールデン街で店内に囲炉裏を切った店
一度しか行けなかったけれど、ゴールデン街にあった、店内に囲炉裏があって、高齢のママさんが三味線を弾いて遊ばせてくれるの、素敵なママさんで、とてもお気に入りだったのだけれど…
その時も、いきなり電話が来て
「あの時撮った写真、プリントしてくれ」と。
昨夜行ったこの店のママさん(こちらは若い)も、ゴールデン街のママさんを知ってたみたいで
「えっ、あの写真を撮った人…あれはいい写真…」と
嬉しいね、初めて会った人が、僕の撮った写真を見ていて、驚きと同時に褒めてくれるの…
その言葉に感激してしまった。
というわけで、荒木町のこの店、スッカリお気に入りに(笑い)

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます