essei phone photo

スマホカメラを愉しむ 黄金の花 地湧金蓮というのだそう  

投稿日:

地湧金蓮
名前がいいよね
地から金が湧いてくるなんてね…
見ているだけで、精神を豊にしてくれる
これってものすごく大事なことなんだよね…
経験上…

簡単に人生を振り返ってみると
僕は25歳の時に、努めていた会社を辞めてフリーランサーのカメラマン、ジャーナリストになったのだけど、
僕がカメラマンであり、ジャーナリストだということは誰も知らないわけだから、そりゃぁ大変だったよ。
夜中秋葉原にあった野菜市場でアルバイトして、
早朝に帰ってちょっと寝て、
友達(先輩)の会社に行って、その友達について色んなところに顔を出し、名刺を配って歩くの…
このことは自著の
「フォトジャーナリストへの道」(東京書店)にも書いているのだけれど、本当に大変だった。
奥さんは、
「あなたがフリーになるのなら私も会社辞めるわ」
お腹の中には赤ちゃんがいるし、よくもマァーである。
しかし、
そういう営業活動をやっていると、少しづつ仕事が来るようになってきのだけれど、生活は困窮しているし、
精神も疲れているから、
僕の体から放たれるオーラにはなんの輝きもなかったんだろうね、
企画を何本も出して…
やっとの思いでと喜んでいると、なぜか、目の前まで来ていた仕事が、消えてなくなるのである
ところが、ある時、友達の紹介で、仕事が一本決まると、
「よっしゃ」ということで、気分がよくなって…
すると、不思議なことに連続して仕事が入ってくるようになり、
連載なども決まってきて、気持ちにゆとりができると、僕のオーラが輝き始めたのかいろんな話が舞い込んでくるようになって、
沖縄海洋博に特派で飛んだり、ワゴンリー最後のオリエント急行に乗って旅する映画の話がきたりして…
この頃から、
「気持ちって大事なんだな」
と感じるようになってきたのだが、
後になって、
量子力学などの知識がついてくると、益々、そう思うようになってきたのである。

思えば多くの人に助けられた僕の人生だった

僕はいろんな人に助けられ、そしていろんな人が大金をかけて育ててくれたのだが、それはまさに奇跡の連続で、
「どうしてあんなことが起きたのか…」
今さらながらなのだけれど、
そうなると、スピリチュアルの世界へとおのずからいっちゃうよね
で、そんな資料を読み漁っているピークの頃に、鳥取の倉吉に数か月滞在して取材する仕事があり、
その過程で知り合った人から、
「神通力の凄い人」という女性の話を聞き、
神通力の実践者として、その人が亡くなって、
その人(女性)の生きざまを取材で浮き彫りさせ、
僕が研究していたベースの上にそれを乗せて
「野に遺賢在り」(三冬社)という本を書いたところ、これが結構売れちゃって…
精神のありようということに益々興味を持ってきたのだった。
しかし今や後期高齢者、
もはや本を書くようなエネルギーはないけれど、
時々はブログの断片で、そんなことを書いてみたいと思っているのである、


「撮って書いてワヤであ笑える人生日記」
それがたのしくて毎日続けているのである。
写真は楽しい、そして雑文、本当に愉しい
今やこれが僕の生き甲斐なのである…

 

 

-essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

彼岸花 蜜を求めて 舞うあげは まさにまさにの華と蝶

電子書籍のペーパーバック
これは紙に印刷できてちゃんとした本になるの
で、
欲しい部数だけを都度印刷製本してもらうの
(発注して2日程で送ってくれるの)
KindleのISBN(出版流通コード)がついているから
アルバムではないよ
ちゃんと流通できる本になるんだから…
それも
自分で作ればお金かからないし…
Kindleで作ってアマゾンで売るの
本当に本当に素晴らしい時代になったよねぇ…
僕の場合は
写真と原稿はつくるけど
最後の仕上げが出来ないから
「豆しば書房」さんにやってもらうんだけれど、
大事なところはやっぱり気持ちが通じる人に手を入れてもらった方がいいからねぇ…
一冊できれば四季いけるしね…
作る前からそんなことなかり考えてるの

スマホカメラを愉しむ なんとなく そんな時には花がいい

スマホカメラは本当に楽しい…
だっていろんな気づき
いろんな発見をくれるんだもの…

思ひつき料理を愉しむ 思いつき結果良ければ 新レシピ焼きうどんにキムチ いける

思いつき
ある意味
ハプニング料理なんだけど、
それが決まると本当に嬉しい…
こうして考えると
あっちこっちに行ける仕事
それ故
にまた楽しだよね…
仕事のおかげで
知らない街が歩けるの
本当に楽しい…

スマホでカメラで楽しむ ケントス新宿 山下直子オンステージ 優雅に楽しむはずだったのに…

観劇は優雅に楽しみたいよね…
これじゃまるで仕事じゃん…
しかもWブッキングを必死になってこなしているような感覚…
僕にはどうやら
ドタバタが常について回る見たい…(笑い)
ああ、情けなや我が人生…(笑い)

スマホカメラを愉しむ 舞台がよければ、物語はそこで自然と生まれる

諸物価の値上がりから勤務日数を3日から5日に増やしたんだけど、
結構きつい…
だから1日はゆっくり寝てゆっくりくつろがなければ…なのである
人生が想像と一致してくれれば
それが理想なんだけど、
そうわいかないよね……(笑い)

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます