discover essei life phone photo

スマホカメラで遊ぶ、今日の花は昼顔 ,僕はこの花に何を感じたのだろうか…

投稿日:

昼顔

朝顔に似た淡いピンクの花
 昼間だけ開花するものと、
朝から昼間まで開花する花と2種類あるのだそうだが、
どちらも夕方には閉じてしまうらしい。

似て非なる朝顔との違い

朝顔のピキッっとした感じ、
シャキシャキの江戸っ子のお姉さんという感じに比べて
淡いピンクのさほど大きくない花は可愛いんだけど
どことなくなんとなくボーとして儚ささえ感じる
その曖昧さが何か特別の印象を与えるのか、
ドラマのタイトルで見た記憶ある
映画、見たことははないが、
その内容は想像がつく…
その想像は、
多分、
おそらく間違ってないはず…
僕には、
そういう才能がチョッピリあるみたいで、
なんだかよくは分からないのだけれど、
理屈を超えて、
本質を掴むのが結構うまいの…

なぜと言われても理由はいえないんだけど…

だから
根拠はと問われると説明できないのだけれど、
会社をやってる時には、
社長の権限として
「俺がそう思うからそれでいいんだよ」で押し切ったものも随分あるんだけれど、
結果からみて、
それで良かったということが多々あって、
自信を持っているのである。


直観力
最近これ注目されてるんだよね…

理屈を超えたセンス…
でも、
これが納得しないと、
どうにも落ち着かないのである…
だから
その声に従うのだけれど、
結果的にそれが良かったとなるのは、
ある意味それは
覚悟を決めた発言であり、
行動だからかもしれない…
最近、
そんな風に思うようになてきたの。

覚悟を決める

腹を決めるともいうが、
そういう気持ちで事にあたれば、
そりゃぁ、
迫力あるしねぇ…
気持ちは人にも伝わるしねぇ…
あれ、
今日は一体、
何を書いていたんだっけ(笑い)
「…」


「昼顔」からとんでもない方向の話になってしまったね…

でもこれでいいの、
何かの言葉から何かを連想して、
頭の中にあるものを書き出す…
僕は
これがブログの魅力だと思っているんだよね…
なぜなら
これが今
僕の意識の中に上がっている重用課題だと思うから…
そう、
僕は今、
直観ということに対して非常に興味を持っていて、
その答えを探している最中なのである…
だから僕にとって
ブログは、
ブレスト(自分一人の)でもあるのだから…
思ったことを書きだす、
早朝にこれをやると、
頭(気持ち)がとてもスッキリするの…

-discover, essei, life, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

風情、風情ってなーに、心に沁みる風景、僕の概念だけどね…

僕が師事した石津良介先生は、
「その雰囲気こそが写真の命」
「そういうのを大切にする」ことを、
教えてくれたのだった。
今思えば、それしか、自分の味を出す方法はないんだものねぇ…

懐かしいねぇ「アトモスフィア」
先生が口癖のように言っていた言葉。
「コーヒー茶碗」
「今、ボーグの表紙になりそうな女性が、スラっとした長い細い指でカップを持ち上げ、口に近づけひと口のんで、カップをお皿にスーッと返したところ、その瞬間、そういう雰囲気を大切に」とか、
「高い土塀の曲がり角、石畳の道を着物をきた素敵な女性が、パラソルを指して、スーと消えたところ…」
「そういう雰囲気を意識して撮ってこそ、写真なんだよ」

先生はリアリズムの中に、それを求めていたんだねきっと

真竹の筍の旬は短い だから貴重な食材なの

僕流の筍ご飯
筍の煮物を適当な大きさに切り、
酒 少々
ミリン 少々
麺つゆ少々
醤油少々
ベーコン(これが味を美味しくするの)
それをご飯とともにボールに入れ
かき混ぜてからラップをかけてチンするだけ
3分から5分位かな
出来上がったら上にクレソンを適当に置いてアクセントに…
これ結構
人気になっているみたい
(僕の知り合いの間でだけど)
今回はやっぱり、
これが楽しみだね、
お茶漬けとともの…

寒い夜 熱くて美味い 寄せ豆腐 これはいい

お湯を沸かし 塩を少しいれ
沸騰したところに
ネギをポンポンと切って入れ
本出汁(スティック)を適当に入れ
そこに寄せ豆腐をドバっと
(写真はそれを器に少し出して撮ったもの)
そこに生姜を擦り下ろしたのをドバっと入れて、
冷凍の刻みネギをいれたのをポン酢で…
結果は
驚いたね、
シンプルな
料理とも言えない
いわば寄せ豆腐の湯豆腐の美味きこと…(笑い)

イシガキ蝶 美しいねぇ チョウチョはまさに動く花 つくづくそう思う

写真やっぱり目的が大事だね(何を撮るか)
やっぱり写真
目的をキッチリ定めて、
それに徹して撮るのがいいみたい
だって芸術性を求めたって、
所詮それは自己満足の世界だから…(笑い)
今日もまた走り書き…
ハハハ習慣だから…(笑い)

筍づくし 僕が作ったの 至ってワヤな料理だけどみんな喜んで食べたよ

筍ご飯
これがまた独特で、
煮込まないの
僕のやり方は
筍(煮つけしたもの)を小さく切り
それをボールに入れ
ベーコンを細かく切ってそれもいれ、
酒、ミリン 醤油を少々入れてから 
ご飯を入れてかき混ぜるの
で、

全体が旨く混ざったら
ベーコンの油を回すためにちょっとだけラップをかけてチンするの
そうして
出来上がったらお茶碗に入れ、
クレソンでアクセントをつけるの
そうするとキレイに見えるでしょう
こうして作ったのが写真(アップした料理の写真)なのだけど
作り方は思いつきのワヤな料理だけど、
美味しけりゃいいんだよね 
なんだって…(笑い)

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます