discover essei life phone photo

スマホカメラで遊ぶ、今日の花は昼顔 ,僕はこの花に何を感じたのだろうか…

投稿日:

昼顔

朝顔に似た淡いピンクの花
 昼間だけ開花するものと、
朝から昼間まで開花する花と2種類あるのだそうだが、
どちらも夕方には閉じてしまうらしい。

似て非なる朝顔との違い

朝顔のピキッっとした感じ、
シャキシャキの江戸っ子のお姉さんという感じに比べて
淡いピンクのさほど大きくない花は可愛いんだけど
どことなくなんとなくボーとして儚ささえ感じる
その曖昧さが何か特別の印象を与えるのか、
ドラマのタイトルで見た記憶ある
映画、見たことははないが、
その内容は想像がつく…
その想像は、
多分、
おそらく間違ってないはず…
僕には、
そういう才能がチョッピリあるみたいで、
なんだかよくは分からないのだけれど、
理屈を超えて、
本質を掴むのが結構うまいの…

なぜと言われても理由はいえないんだけど…

だから
根拠はと問われると説明できないのだけれど、
会社をやってる時には、
社長の権限として
「俺がそう思うからそれでいいんだよ」で押し切ったものも随分あるんだけれど、
結果からみて、
それで良かったということが多々あって、
自信を持っているのである。


直観力
最近これ注目されてるんだよね…

理屈を超えたセンス…
でも、
これが納得しないと、
どうにも落ち着かないのである…
だから
その声に従うのだけれど、
結果的にそれが良かったとなるのは、
ある意味それは
覚悟を決めた発言であり、
行動だからかもしれない…
最近、
そんな風に思うようになてきたの。

覚悟を決める

腹を決めるともいうが、
そういう気持ちで事にあたれば、
そりゃぁ、
迫力あるしねぇ…
気持ちは人にも伝わるしねぇ…
あれ、
今日は一体、
何を書いていたんだっけ(笑い)
「…」


「昼顔」からとんでもない方向の話になってしまったね…

でもこれでいいの、
何かの言葉から何かを連想して、
頭の中にあるものを書き出す…
僕は
これがブログの魅力だと思っているんだよね…
なぜなら
これが今
僕の意識の中に上がっている重用課題だと思うから…
そう、
僕は今、
直観ということに対して非常に興味を持っていて、
その答えを探している最中なのである…
だから僕にとって
ブログは、
ブレスト(自分一人の)でもあるのだから…
思ったことを書きだす、
早朝にこれをやると、
頭(気持ち)がとてもスッキリするの…

-discover, essei, life, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「福寿草」 幸福の「福」と長寿の「寿」からつけられた名前らしい 

高齢になると、やっぱり考えるよ、美学として
70歳を超えると、身の周りのものは整理して身軽になっておかなければ━と、考えるのだけれど、本なんか、一旦捨てたのにまた増えてきている、困ったもんだ…
覚悟、悟り、やっぱり難しい…
今日はちょっと寝すぎてしまった上に、コンピュータの動きが悪くて時間ばかりが過ぎていくので、このへんにしとこう、
しかししかししかし…
どこかでやっぱり自分と折り合いをつけて、無駄なものは極力削いでおかなければならないのは確かである

レンチンで簡単 三浦大根の煮つけ、トロトロプリプリでとっても美味しい

ポイントはやっぱり、長ネギと乾燥オキアミ
それが出来たら、煮汁は捨てて、そこに新たにお水を入れ、本出汁を入れ、麺つゆを少し入れて、お醤油で味を調節(お醤油を淹れれば出汁にもなるし、最高の調味料だね)して、後は、適当にチンすれば出来上がりなんだけれど、今回は、乾燥オキアミとネギを調味料として一緒煮たの…
前に里芋を煮た時に、乾燥オキアミとネギを一緒に煮ると、それがとてもいい味を出したから、それを思い出して…
僕の電子レンジはタイマー式だから、15分を何回かやったけど、グット味が浸みこんだ、トロトロプリプリの美味しい大根が出来上がった

スマホカメラを楽しむ 花の名前は分からい でも色がいいよね 

エッどこで撮ったのかって
「昨日は仕事で桜新町」というところの住宅街に行ったのだけれど、
待っている車がなかなか来なくてね…
一人で行っていたから
午前中、
花を撮って遊んでの

エッそれでお金もらえるの…
だってちゃんと規定の時間に行ってるし、
花を撮るったって、
いつ来るか分らない車(トラック)にちゃんと備えての行動だから…

葉山で撮った写真。カメラはハッセルブラッド、フイルムやっぱりいいねぇ

先生が走ったら僕も走らないわけにはいかない。
ダーと走って、3枚シャッターを切った。
横を見ると、先生がちょっと小高い所からおりてきて
「久保君、やっぱり列車は前から撮らなきゃだめだよねぇ」と、
どうやら、間に合わなかったらしい…
その時だった
「久保君、君に僕がドイツに留学している時に買ったカメラをあげよう。同じアングルでカラーとシロクロが撮れるカメラなの」と、
それを聞いて、ハッセルだなと判断したので
「先生、もしかしてハッセルブラッド」
そう聞くと
「そうハッセル、重くてもう使わないから」と。

電子カメラ面白い 新しい概念の表現が簡単にできるんだもの

写真
もう一度原点に帰って
「写真とは何か」
その辺りからやりなおしてみるのも面白いね
フっとそんなことを思っているこの頃である

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます