discover essei photo

ペーパーバックの写真集「そら空宇宙」(編集まめしば書房)一昨日からAmazonで

投稿日:

本は何冊出しても楽しい そして嬉しい

「まめしば書房さん」がペーパーバック版に編集し直して出してくれたの。
やっぱり紙の本いいね…
何回も何回も何回も見た…
そして発見したの…
何を
ウン
「見る度に 段々とよくなってくるの…」
“気”がそうさせるのかねぇ…
本当に不思議…

前回の「写真集般若心経」もそうだった。

この本
「茶とあん」(阿佐ヶ谷の 和の喫茶店)のママさんが
いろんな人に紹介してくれたおかげで、
思わぬ反響が…

Googleでなんとトップ表示なの

Googleの検索窓に「写真集 般若心経」と打ち込むと、
広告を除いて1番目に出てくるの
凄いねぇ…
僕の本だよ…(笑い)
昨日だったかな、
知合いの女性、
この人、
先日ご主人がなくなったのだけど、
「香典をくれた人へのお返しにあの本を使いたいから」
そういって、数冊 注文してと…
そして知り合いの大学教授(故人)の奥さんからも達筆のペン字で、
お褒めの手紙を頂いたりして、ねぇ…
一人一人の人が、
じっと見てくれ読んでくれ、
購入してくれる…
作者にとって
こんなに嬉しいことはないよねぇ…

「そら空宇宙」には数冊だが予約が…

今回の「そら空宇宙」(感じる心を育むために」は、
僕の喋りを聞いた人たちから
「それ欲しい」と予約されていたの…

出来た本を
いつも行く喫茶店で見ていたら
「店長の女性」が近づいてきて
「インスタグラム見てるわよ」
そう言って
「そら空宇宙」を手にとってパラパラパラと見て
「ワッ キレイ そして神秘的…見ていると、なんだか気持ちがスーとしてきた これ私欲しい…」と
嬉しいねぇ、

やっぱり紙の本だね(オンディマンドだけれど)

大きさは18cm×18cmのスクエアーで、
96ページ
世界の国々で撮った写真の中からそういう写真だけを一冊にまとめたものなんだけど、
写真の流れ(構成)そうとう気を使ってくれたみたいで、
客観的に見て素晴らしいと…(笑い)

ペーパーバックというのは

一言で言えば、
ソフトカバーの低価格の軽装本で上製の堅表紙本(ハードカバー)と対比した意味で用いられる。
日本の文庫本、
新書判がこれにあたる

(日本大百科全書ジャポニカ)と。
でも、
このスタイル

好きなの…
カバンの中に入れておいて、
気が向いた時にパット取り出して、
くつろいだ姿勢で気軽によめる(眺められる)
そんな本…
しかし しかし しかし…
本には、
その人の思い
人生観
哲学…
いろんなものが内包されているから、
僕いわく
究極の遊びでなのだが…
でもでもでも…
一人でもいい、
評価してくれる人がいて初めての価値だから…
そう思っているから
それに対してお金を払って買ってくれる人がいるということに対して
「ありがとう」と、
言わずににはいられないのである…

今にして思えば…

大学受験に失敗し、
行き場所がなくなって行った写真の学校…
ところが気がつけば、
その世界のなかで生きることこそ使命と思うようになり、
ついには
「これより他に道はない」
そう自分にいいきかせて歩んできたフォトグラファーという道…
悩み、苦しみ…
いろんなことがあったけれど、
今、
あの時
大学受験に失敗して良かったと思っているのである(笑い)
僕の人生はすでに終わっているけれど、
本当に本当に本当に
素晴らしい世界を生きてきたと、
今つくづく思うのである。
写真…
撮って書いて…
本当に楽しい…
そういう意味で
「まめしばさん」と出会えたことに、
このシンクロニシティーに
とても感謝しているのである。

 

-discover, essei, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

太田黒公園の紅葉のライトアップは超人気のイベント、これをみなくては…

この庭園、見所がいっぱいあって、カメラ、どこに向けても絵になるから、とても楽しい。
杉並、
雰囲気としては、閑静な住宅街なのだが、その中にあってなお素晴らしい日本庭園とその中に建てられた和洋瀬中の音楽の館(どういう表現をしていいのかわからない)
洋風建築のようなんだけど、日本的でもあって、壁はベンガラのように見える。
武蔵の雑木林を透かして見えるこの瀟洒な建物、この雰囲気、そして、池からそこに行く石畳の階段は、未来の希望に繋がる特別の道のようで、なんて言えばいいんだろう、好きだなこの雰囲気
likeではないfavorite,そんな感じ。
こういう雰囲気、アトモスフィア、この空間がつくりだす特有の空気感…、スッカリお気に入りになってしまった。

コンデジで遊ぶ、僕の春の印象

写真は本当に奥が深い
写真を撮って、
こうして遊んでいると
あっというまに時間がたっていく。
疲れたら、
近所のドトールに行ってコーヒーを飲み、
隣の安売り屋に寄って
ちょっと喋って
うん、
昨日は「カステラ」
(ひと箱1000円のカステラが398円)
買ったんだけど、
とっても美味しいの。
そう、
適当な大きさに切って
牛乳かけて食べるの

喫茶店の後はお風呂でリラックス

ベンチ スッカリ僕の友達、ここに来れば、なぜか心が落ち着くのである

ベンチ、ここに来れば、なんとなく、ホッとする
光の中に、ヒンヤリと冷たい風、空気を感じる今頃の季節になると、
「熱いコーヒーの似合う季節になった。窓越しに外の景色が見える喫茶店の椅子に座って、ボンヤリと外を眺める時間が多くなった。赤いワンピースの素敵な女性…お洒落なブルゾンの素敵な人…
あら、そのワンちゃん可愛いね、二子なの。
お気に入りのファイロファックスに、太字のボールペンで、そんなことを走り書きしている…
そんな時間が僕は好きなのである」
しかし今は、そういう喫茶店は少なくなってしまったので、今は公園にきてベンチに座って、こうして人の流れを流れを眺めているのだが、楽しいねぇ…
 作為のない映画…
ストーリーは想像でいくらでもつくれる」

こんなメモ書きがあっちこっちにある。

スマホカメラを愉しむ 今日のテーマ 何なんだろう 「光と影のコンポジション」なんてね…

潜在意識が撮れ撮れと言ってきたので
素直にその声にしたがってシャッターをきったんだけど
絵としてなんとなく形になっていたのでアップしたの…

これまさに潜在意識とのコラボレーションだね…
で、何を書こうと写真を眺めていたら
指が勝手に動いて
「光と影のコンポジション」と…いうタイトルをつけていたの…(笑い)

ダリア 「ペチカ」、なんか仄々するねぇ、心まで暖まってきそう

正月なんか、何所帯もが集まっているところに、
叔父や兄、それぞれの人の友達が来るから、もう、そりゃ、大変で、毎日がパーティーだった…
懐かしいねぇ…
ああいう、団欒、コミュニケーションはもう、ないものねぇ…
やっぱりいいよね、ああいうの…
そういうことを思いながら撮ったのだけど、どうだろうか…
「ペチカ燃えろよ、楽しいペチカ…」

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます