discover essei phone photo

スマホカメラを愉しむ 今日のテーマはクレマチス 典型的な日の丸写真 僕はこの撮り方好きなの 

投稿日:

クレマチス 鉄線

典型的な日の丸写真だね(笑い)
画面の真ん中に撮りたい物(被写体)を持ってくる構図のことで、
ダサイ写真の構図の代表
写真教室などでは、
避けるべき構図として教えているらしい。
そんなにダサイかねぇ

構図なんかどうでもいい

僕はこの撮り方よくするけどねぇ…
構図
画面の作り方
構成のことを言うらしいのだけれど、
僕はそんなことを気にしたこともない。
写真なんて、
いいと思ったらグーンと近づいてパシャと撮ればいいと思っている
そういうタイプだから…(笑い)
そんなことを教えても、

現場に行ってねぇ構図なんていちいち考えてられないよねぇ…

それよりは
カメラを両手で持って、
頭上高くに一旦上げて
腕を絞りながらグッと下ろしてきて
肘をお腹にビシとつけて動かないようにして、
画面の真ん中に写したいものを持ってきて、
水平・垂直を意識して撮った方がいいと僕は思うけどねぇ…
僕はハッセルブラッドという6×6サイズのスクエアーのカメラを使っていたから
特にそう思うのだけれど、
何十年も写真撮ってきたけれど、構図なんか考えたことは一度もない。
パッと見て
直観に従ってパット撮る
しかし しかし しかし…
アトモスフィア(雰囲気、空気間ムード)は大切にしている
だから背景には結構拘るけどね…

写真 画面をキッチリ決めると使い方が限定されてしまうから…

構図になぜ無頓着かというと、
僕の場合は、
写真は一枚の絵という捉え方には重きをおかず、
本づくりとか
そういうことを意識してコレクションしているからなのである。
つまり、
使い方
右ページに使うか左ページに使うか
他の写真と組み合わせる場合もある…
そう考えると、
ピシっと 構図を決めてしまうと使いづらくなってしまう…のである。
そういうのが頭にあるから
「いいと思ったら
とにかくシャッターを切る」
に徹して写真を撮っているの…(結構いいかげん)

構図よりはムード、

雰囲気
宇宙観
生命
物語り
だから、
余分なものは入れないで
主題をハッキリさせ(写真は引き算)
何を撮ったかをはっきりさせることだけに集中しているの

昔 週刊誌に書いた写真の撮り方のコピーが出てきた

昨日 
部屋を掃除していたら
昔週刊誌に連載した写真の撮り方の原稿のファイルが出てきた。
一回分が800字のコラムで63回がファイリングされている。
ぺらぺらとめくって拾い読みしてみたら、
結構面白い
ただしこれは
フイルム時代のことだから
今とは感覚がちがっているのだけれど、
考えかたは結構参考になる
で思ったのが

フイルムカメラをデジタルスマホにしてリライトすれば面白いかもということだった。

書き直す根性、
気力があるかどうかが問題だけど…
ネタとして一応頭の中に入れておこう…と(笑い)
「カメラがいくら進歩しても
写真を撮るのは人間である」
ということをもう一度頭の中に叩き込んで
表現というものを真剣に考えていただきたい
どんな写真が撮りたいのか
そのためにはどうしたら良いのか
常にそのことを頭の中で考えながら行動すれば、
必ずあなたもプロの写真家に負けない映像を
物にすることができるはずだ」
63回目 
最後の記事なんだけど、
生意気なことを書いているね
しかし、
これはやっぱり大事
もう一度
自分に言い聞かせた言葉となった…

今日のまとめ
・日の丸写真は悪くない
・構図なんかどうでもいい
 撮りたいと思ったらとにかく撮るそれが大切なのである

 

 

-discover, essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

内緒、よからぬたくらみ、そんなイメージだが

噂話(内緒)は男も大好き
噂話は女のものかと思っていたら、どうしてどうして、
男ばかりの僕の職場(警備会社)でも、昨日話したことが今日にはもう多くの人に伝わっているという有様。
しかも尾ひれはひれがついて
新人の頃、僕が先輩と喧嘩したのなんか、翌日に会った人が
「ああ、久保ちゃんやったんだってなぁ」
「はは、もう知っての、ハエー」
そんな調子なのである。
内緒話は内緒にならない。
もしかしたら、これ格言かもね(笑い)
おあとがよろしいようでアハハ

迂闊 寝すぎてしまった。行けるところまで行ってみよう

修行僧、彼らは何を求めていたのだろうか…
実際に山を歩き、瀧に打たれたりして結果、何を得たのだろうか、…
形あるものではなく精神世界のことだから、理解できない。
修行と言えばなんか凄いことのように思えるけれど、僕に言わせれば、社会人として現実を生き抜く方がいい修行だと思うけどねぇ…

和カフェ、つゆくさ 懐かしいねぇ…

コーヒー、理屈をこねる人は大勢いるけれど、本当においしいコーヒが淹れられる人というのは少ないんだよね…
「コーヒーを淹れるのにはねぇ、愛情がいるんだよ」(なんちゃってね)それと、器と雰囲気、コーヒーはこの3点が揃わなければ、美味しく感じないのだ(僕の数少ない拘り)
彼女の淹れるコーヒーは本当においしかった。
だから、美味しいコーヒーをより美味しく飲むために、ビーガンの定食を食べるの。僕は本当は、野菜、好きではないんだけれど、少しでも長くいるためにはねぇ(笑い)
でも、豆腐ステーキとか、おいしかったよ…

久々の撮影依頼 古いカメラの埃をはらって 点検して

それにしても面白いね、
電子メディアの発達によって、
編集プロダクションというビジネスモデルは終わったと思ってたのに、
なんと なんと なんと…
電子書籍(ペーパーバック)ができて、誰もが出版できる時代になったの

kindleで出版してアマゾンで売る…
しかもそれが、
版元なしで出版できて、
自分でやれば製作費はただで、
一冊から作れるんだものねぇ…
まさか、こんな世の中が来るなんてねぇ…

秋桜と書いてコスモスと読むのは、山口百恵さんが歌った、あの歌からなんだってねぇ

コスモスは確か、明治時代に日本に来た外来種
記憶では、ラグーザ玉
(ラグーザの奥さん、明治時代にイタリアで活躍した日本人画家)のために、日本に持ち込んだ、そんなような記事を書いた記憶がある。

コスモスの栽培が盛んになったのは、日露戦争以後
しかし、当時の乃木希典将軍は、
「この花が”弱々しい”という理由で大嫌いだった」というエピソードもその時に、確か紹介している。
そうだった、思い出した、媒体は確か、「マイオカヤマ」(山陽新聞出版部)というタウン誌だった。

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます