discover essei phone photo

スマホで遊ぶ 今日は泰山木 この花に僕はなぜか神々しさを感じるのである 

投稿日:

神々しいねぇ泰山木の花

「ホー 泰山木か」
久し振りに公園に行くと
おあつらえの位置に
おあつらえの花が…

久々に気づいたシンクロニシティー

人生って、
本当にいろんなことが起きるね、
普段は相手の分らない電話には出ないのだけれど、
たまたま出ると…
中身はいえないんだけれど、
いろいろあって、
それはマー解決したのだけれど、
いろんな不意打ちがあるねぇ(笑い)
それと、
新たに始めたことやら、
いろいろ考えることがあって、
気が付けばスッカリご無沙汰していたの(公園に行くの)
ところが、
なぜか
公園に導かれて
(感覚的に呼ばれたというか)
成り行き上、
フラフラと入って行くと、
アップした写真が…

見た瞬間にOHと思って撮らされたのだった

不思議だったのは
この写真を撮った直後に、
俄かに持ち上がった問題は、
理想どうりの形でクリアされたるという連絡と、
新たに挑戦したことに対して
「アッそうなんだ そうか そうすればいいのか」
というこれまた希望が与えられたのだった。
そういうことがあって、
より神々しく見えたのかもしれないけれど
僕はそれをシンクロニシティーと受け止めたのである。

これはもう、本当に無茶苦茶なことなんだけれど
それが僕なんだよね(笑い)

しかししかししかし…
可笑しいね、
時に
「魂、そんなものある分けないだろう」
「人間 死ねばゴミだよ」と豪語しているのに
量子力学的見地から
「サムシンググレート」には興味を持っているという無茶苦茶な
極めてご都合主義なのだが
神秘的なもの(スピリチュアル)は好きなのである。
特に思考と現実(起こる現象)
あるいは
思ったような現実が起きる度に
(なぜか僕はそう感じる事(もの 時)が多いのだが)
その度に僕は
より深く、
不思議の世界との結びつきに心が惹きつけられていくのである。
面白いね

言葉にならない言葉(感じたこと)をタイピングしてみると

例えば
花の写真とか撮っていると
ちょっと気を惹く(気にかかる)ものが現れてね
それに誘われてシャッターを切っているのだけれど、
誰かと話すような言語ではさすがに話さないないけれど
心はそういうものと交信をしていて
その交信(会話)がブログとして表れているんだと思っているんだけれど
これがまた楽しいんだよねぇ…(笑い)

涼しい部屋でのぐーたら、いいねぇ

昨日は午前中に仕事が終わって
帰って
クーラーの効いた部屋で
ソファァーに寝っ転がって
長編の朗読(山本周五郎)を聴いていたら、
まさに長編で…
おげで今日は寝不足…
まさにまさにまさにの
小説に出てくる
グータラ男の典型なのだが、
少しばかりの夢と希望が見えてきた(感じられて)
直後だけに気分はとても爽やかなのである…(笑い)

 

-discover, essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホカメラで撮影、道具として十分使えるということが分かった

高齢者の楽しみとして、経験(写真を上手く見せるコツ)を文字にする
スマホカメラを使いながら、写真を始めた頃のことを思い出しながら、写真をうまく見せるコツ(気が付いたこと)を少しづつ書いていくのもまた楽しい。
高齢になると、何をやっても楽しいのはまさに子供、
こうして書いたことが、一言でも、「ああ、そうか」と、受け止めてもらえれば、とても嬉しい。
いつまで続けられるか分からない連載だけど、とにかくやって見よう、楽しみとして

フェイスブック とても楽しい OHと思わず…そんな作品に出合うと、ヨーシと思わず、でも所詮無理なんだけどね 

ハイビスカスもう一つの世界…
これハイビスカスなんだけれど、
花という概念を超えた宇宙がここにはある
そう思ってアップしたのだけれど、
果たして…
そう思っているのは僕だけだったりしてね…

スマホカメラを愉しむ 凛として咲き誇る花 なんとなくそんな感じ

変化そうか現実は動いているんだ
そうか、
そうなんだ
いろんなところで
色々変化しているんだ…
なんだか知らないけれど、
忘れていた大切なことを思い出した(気づいた)
そんなことを感じたのだった
年年歳歳花相似 歳歳年年人不同
まさにまさに…
575はこういう微妙な綾に目を向けさせてくれる手段
そのように思ったのだった
今日もつわぶきの花から訳の分らんことを…
しかし、
創作を意識する僕にとってはとても重要なこと思ったのでつい
今日も愉し
明日も愉し

ヤッたー Google Adsenseから、銀行口座の確認が完了しましたというお知らせ

メディアというのは、媒体に対して広告代理店がついて、それで収益が生まれて価値だものね(僕の概念)
この概念は、雑誌社やった時に、広告入れるのに苦労したから、余計、そう思うのかも知れない。
雑誌というのは、制作費がかかるので、広告を入れなければ経営がなりたたないの。
しかし、広告を入れるのは至難の業で、後にその経験を活かして、広告代理店としての活動をするようになるんだけど、バックにスポンサーを持っていると媒体との折衝が有利でとても楽になるの、
だってお金を出すのがこちらだから、ドンドン強気でいけるもの(笑い)

スマホカメラを愉しむ 今日のテーマは新宿御苑を流れる玉川上水

新宿御苑を流れる玉川上水はここ(新宿大木戸)
その距離43キロ…
今は疎水のような小さな川だが
じっと眺めていると
サラサラと綺麗な清水が流れる川の様子が浮かんできくる。
ただし、
水の管理は相当厳しかったらしい…

歴史いいねぇ…
歴史にはロマンがある…
そんなことを思いながら散歩するのがまた楽しい

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます