discover essei phone photo

拘りの 手作りパンの 美味きこと 鷺宮の小さなベーカリーよもぱんは僕の友達

投稿日:

行こう行こうと思いながらなかなか行けなくて
昨日 暫くぶりに…

西武新宿線鷺の靄駅から3分か
踏切を背に中村橋(練馬)に向かって、
メインストリートの中杉通りのダラダラ坂を歩いて2本目の辻(だったと思う)を入ったところの2階建てのアパートがファクトリー兼ショップ
場所的には目立たない場所でハンディーがあるあけれど、

鉄の階段がついているアパートのある雰囲気が
僕には懐かしいパリの風景に

そうだなガードリヨン辺りの古い町…
そのように思えるのである
お店は、
階段を上がったところにあるのだけれど、
その雰囲気がまたなんとなくメルヘンチックで、
昔昔のパリの朝の風景…
少年が新聞紙に包んだフランスパンを手に持って走っている
そんな状況が脳裏に浮んでくるのである
そんなことを思いながらトントンと階段を上がって行くと
先客がいて会計をしている所だったので、
ちょっと待って
ヒョイと顔を覗けると

アラ、それが久し振りの挨拶だった

「アラッ」
そういってニコリと
マスクの上からでも表情は分かるから…
陳列棚にはもう殆どパンは残っていなかった
で、
店主様お勧めのチーズパンとパンプキンの蒸しパンを求めて
駅からバスに乗って阿佐ヶ谷へ
そして
「茶とアン」に行ったら、知り合いがいたので、
ママにお願いしてスマホで写真(パンの写真)を撮ってから
お皿に盛ってもらい、
みんなで食べたの

感想を尋ねると

チーズパン
キメが細かくてチーズが効いて
シットリして上品でいてパンチがあってとても美味しいと
そして

パンプキンの蒸しパン
パンプキンの香りと甘さがフワーと口の中に広がって
甘さも控えめで丁度いい、
「これココアに合うよね」と
とても評判が良かった
勿論僕も食べたよ
うん、
とても美味しかった
でもこういう時には人の感想を大事にした方がいいからね…
しかし
褒められると、
僕も嬉しい
「では今度鷺宮へ行ったらまた持ってくるよ」
そう言うと
一斉に
「宜しく」と大きな声で
皆 調子いいんだから…

よもぱんの店主
センス(ファッションの)相変わらず冴えていた
自分をよく知っているんだね…

さりげなくなんとなくで、
実に素晴らしいと、
いつも感心させられる…
たまにはこういうレポートもいいよね、
それにしても写真
色目バラバラだな
仕事だったらNGだね…(笑い)
でも、
そこはホラ
スマホでの撮影だからハハハ…
うまいこと逃げ道をつくってるね(笑い)
今日も愉し
明日こ愉し
いいね…
茶とアンでお喋りしていたらドアが開いて子供の声が
僕の顔を見るな
「写真の本まだ」とママが言ってるよ
あっ、いけねぇ
「写真集般若心経」
あるある 
明日持ってくる…
スッカリ忘れていた…

-discover, essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ヤッたー Google Adsenseから、銀行口座の確認が完了しましたというお知らせ

メディアというのは、媒体に対して広告代理店がついて、それで収益が生まれて価値だものね(僕の概念)
この概念は、雑誌社やった時に、広告入れるのに苦労したから、余計、そう思うのかも知れない。
雑誌というのは、制作費がかかるので、広告を入れなければ経営がなりたたないの。
しかし、広告を入れるのは至難の業で、後にその経験を活かして、広告代理店としての活動をするようになるんだけど、バックにスポンサーを持っていると媒体との折衝が有利でとても楽になるの、
だってお金を出すのがこちらだから、ドンドン強気でいけるもの(笑い)

富士山データボックスを耕していたらこんな写真が出てきたので今日はそれで

なんで今
データボックスを耕しているのかというと
先日 俳句の会で自己紹介した時に
「写真に俳句を添えて一冊作ろうと思ったから」と
言ってしまったので、
それでなんだけれどね

今僕が考えているのは
手順としてお気に入りの写真が先にあれば
俳句はいつでも作れるから…
そう思ってなんだけどね
とりあえず
お気に入りの写真を50点
そうすれば100ページ位の本にはなるから
でもね、
そういうきっかけがなければ本なんてつくれないから…
今日は仕事なんだけれど
この写真を頭の中にいれといて
富士山をテーマに
俳句(らしきもの)をいくつか捻ってみようと思ってね…
果たして
どんなのができるかね…(笑い)

スマホで楽しむ 花の写真 マンデヴィラ ブラジルのジャスミンといわれ人気の花とか

キレイな花には人の心を癒す力がある
「友がみなわれよりえらく見ゆる日よ
花を買ひ来て 妻としたしむ」(啄木)

その心情 
分る気がする
いいね
心の内を分かち合える人がいるって…
「花見ても
語り合える人の
いない淋しさよ」(雅督)
なんてね…(笑い)
しかししかししかし
高齢者
日銭稼ぎの警備員ではねぇ…(笑い)

今日のテーマは音楽会 カマキリさんのタクトで元気で明るいリズミカルないい歌が聞こえてきそう

最近僕がはまっているのは
古賀メロディーの「サーカスの詩」
裕次郎が歌ってるんだけどね、
詩といい リズムといい凄くいいの
そう、
昔昔の唄なんだけれど、
心にジーンと響いてね…
これをスナックに行って
お客のいないときに練習しているのだけれど、
なかなか難しい
北帰行
さすらい
ゴンドラの詩
国境の街
やっぱり文化が違うんだねぇ…
僕はこの頃の文化がなぜか好きなのである

プラム 木に成っている果物って、何か魅力を感じるのは 見慣れない風景だから…

ノスタルジックな風景として脳裏に焼き付いているスモモの木

そんなに仲のいい友達でもなかったし、
交流もなかったけれど、
プラムを見る度に思いだす懐かしい郷愁の風景なのである

つい先日といってももう随分前だけど
同級生の紀ちゃんのところに電話したら
「あんた元気でやっとん」
といきなり
「うんなんとか…」
「別に用事があるわけじゃないんだけど、
ちょっと声が聴きたくて…」
「声だけならええけど、もう会わん方がええよ」
「そんなことはないだろう、声は昔のまんまだよ」
「そりゃ声だけじゃが…」
「ところであんた
 増田君って覚えてる」
「覚えてるよ」
「実はこの前散歩していて、
すれ違った男性に尋ねたの
 八幡様の前だった」
「このへんに岡田さんていう人がいたんだけど」
「岡田、すぐそこ、僕同級生なの」
「エッじゃ私も一緒
 あなたの名前は」
「増田」
「ああ、いたいた増田君…」となってね、
で、
「久保君覚えているかなぁと思って…」
「よく覚えている、
家に大きなスモモの木があってよくもらいに行ったから…」
そんなこんなで昔話が盛り上がって
その頃の同級生の情報もちょこちょこと…
懐かしいねぇ…
いいねぇ故郷…

電話を切ったあと
「兎追いしかの山…」
という歌が脳裏に浮んで…
歌っていたら涙がぽろりと…
いいね、故郷
あの頃の友達がなつかしい…

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます