discover essei phone photo

拘りの 手作りパンの 美味きこと 鷺宮の小さなベーカリーよもぱんは僕の友達

投稿日:

行こう行こうと思いながらなかなか行けなくて
昨日 暫くぶりに…

西武新宿線鷺の靄駅から3分か
踏切を背に中村橋(練馬)に向かって、
メインストリートの中杉通りのダラダラ坂を歩いて2本目の辻(だったと思う)を入ったところの2階建てのアパートがファクトリー兼ショップ
場所的には目立たない場所でハンディーがあるあけれど、

鉄の階段がついているアパートのある雰囲気が
僕には懐かしいパリの風景に

そうだなガードリヨン辺りの古い町…
そのように思えるのである
お店は、
階段を上がったところにあるのだけれど、
その雰囲気がまたなんとなくメルヘンチックで、
昔昔のパリの朝の風景…
少年が新聞紙に包んだフランスパンを手に持って走っている
そんな状況が脳裏に浮んでくるのである
そんなことを思いながらトントンと階段を上がって行くと
先客がいて会計をしている所だったので、
ちょっと待って
ヒョイと顔を覗けると

アラ、それが久し振りの挨拶だった

「アラッ」
そういってニコリと
マスクの上からでも表情は分かるから…
陳列棚にはもう殆どパンは残っていなかった
で、
店主様お勧めのチーズパンとパンプキンの蒸しパンを求めて
駅からバスに乗って阿佐ヶ谷へ
そして
「茶とアン」に行ったら、知り合いがいたので、
ママにお願いしてスマホで写真(パンの写真)を撮ってから
お皿に盛ってもらい、
みんなで食べたの

感想を尋ねると

チーズパン
キメが細かくてチーズが効いて
シットリして上品でいてパンチがあってとても美味しいと
そして

パンプキンの蒸しパン
パンプキンの香りと甘さがフワーと口の中に広がって
甘さも控えめで丁度いい、
「これココアに合うよね」と
とても評判が良かった
勿論僕も食べたよ
うん、
とても美味しかった
でもこういう時には人の感想を大事にした方がいいからね…
しかし
褒められると、
僕も嬉しい
「では今度鷺宮へ行ったらまた持ってくるよ」
そう言うと
一斉に
「宜しく」と大きな声で
皆 調子いいんだから…

よもぱんの店主
センス(ファッションの)相変わらず冴えていた
自分をよく知っているんだね…

さりげなくなんとなくで、
実に素晴らしいと、
いつも感心させられる…
たまにはこういうレポートもいいよね、
それにしても写真
色目バラバラだな
仕事だったらNGだね…(笑い)
でも、
そこはホラ
スマホでの撮影だからハハハ…
うまいこと逃げ道をつくってるね(笑い)
今日も愉し
明日こ愉し
いいね…
茶とアンでお喋りしていたらドアが開いて子供の声が
僕の顔を見るな
「写真の本まだ」とママが言ってるよ
あっ、いけねぇ
「写真集般若心経」
あるある 
明日持ってくる…
スッカリ忘れていた…

-discover, essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホカメラを愉しむ 道明寺美味しいお茶 OHとつい

シャッターを切ったら
もう逃げられない
これでアップしなかったら
「あの写真どうしたの」と言われるもんね…
なんとか形になってよかったと…
久し振りにプレッシャー感じたよ…(笑い)
でも、その様子を見ていた女性…
「いい勉強になりました 黒文字 そういう使い方があるんですか…」と…(笑い)
そして
「写真教室まだ枠ありますか、私参加します」と。
10人の枠なのだが、もう7人が参加すると
嬉しいねぇ…
だけど
脇の下に冷たい汗をかいていた…(笑い)

たい焼き、これ本物、年末ならではの風景だね

鯛の浜焼、懐かしいねぇ
この写真を見て思い出したのが、岡山の「鯛の浜焼」
駅の売店では必ず売っていたんだけれど最近、みかけないね。
昔々、そう、ワンスアポンナタイムは、江戸時代旅する女人が被る編み笠(あれなんて言うの)その中に大きな鯛の浜焼が頭と尻尾を出して入れられていたの、それが、山陽新幹線ができた頃から、傘は一緒なんだけど、鯛の姿はみえなくなって、ついには浜焼そのものを見なくなってしまった。
懐かしいね、そして食べたいねぇ、
毎年、年末になると、大きな鯛と、鯛の浜焼など贈答品として贈られてきていたので、正月には鯛の刺身、鯛の潮汁、鯛の浜焼の身を熱いご飯の上に乗せ、小倉やの塩昆布、確かえびすめと言ったと思った、を乗せ、熱湯玉露をかけて食べるお茶漬けが僕は好きでねぇ…
そんなことをつい、思い出してしまった。

写真を愉しむ 風に舞う赤い蹴出しに目をとられ

ついでながら、昔、
源氏と平家の闘いの勝敗を決めたのは、噛む回数の違いだった
という本を読んで、ある健康雑誌に、
それを紹介したことがあった。
平安時代、貴族に憧れていた平家はお粥を好み源氏は雑穀を食べていた。
お粥と雑穀とでは、噛む回数には凄い差があった。
噛む力は骨格を形成する、
平家は、いざというところで力が出なかったというのだ…
そんなことを思い出していた…

写真を愉しむ あら可愛 まるで妖精 雪ノ下

自由っていいねぇ…
心が弾む…
嬉しくてピュオンピョンと、フワフワと飛び立つ妖精たち…
楽しいねぇ…
嬉しいねぇ…
そんな様子を見ているのが楽しい…

営業電話、迷惑電話への僕の対処方

警察でも広報しているように、電話がかかって来ても、すぐには出ないで、電話番号を確認してという以外、避ける方法はないのかもね、
かつてのガラケイには、電話ブロックという機能があったように思うが、今はそれがない(もしかしたら僕のだけ)
ということで、「営業ダメ」「迷惑」と登録しているのが、効果としては力を発揮している。

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます