discover essei photo

秋だよね さんまだよね これいいね これは干物ではないけれど僕 さんまの干物が好きなの 

投稿日:

昨日 阿佐ヶ谷のパールセンター街で

「茶とあん」(お茶とお菓子の店 コーヒーはない)
へ本(写真集 般若心経)を届けに行って、
ひとしきり喋ってからパール街をフラフラと
で、
これいいなというものを少しづつ買っていて、
すでに袋いっぱいになっていたのだけれど
「あら 茶とアン行ってたの」
スポーツジムと健康の商品を売っている店の前までくると
そう声をかけられて…(笑い)

時々ここによってるからスタッフのお姉さんよく覚えてるんだ

そういいながら
「はいお茶」
紙カップに入ったお茶をいただきながら、
「久し振りだね よく覚えてるね」
そういうと
「インスタ毎日見てるもの」
そう言われると、
何か買わなければばと、
つい思ってね…
で、
陳列された商品を物色したら
これが(さんま)目に飛び込んで思わず…
これは干物ではないけれど、
僕はサンマの干物大好きなの
昔、なぜか熱海の方に行くことが多くてね、
そこで( 2月頃)に売っているんだけどさんまを丸ごと干した干物があってね 
これがおいしくて…
でもこれ、
滅多に手にはいらないのだけれど、とってもお気に入りなの

「骨まで食べられる焼き魚」

これを見た瞬間にそれ(サンマの丸ごと乾物)を思い出して…
しかし
昨日は作るのが面倒臭くなって、まだ食べてないのだけれど
「これ絶対に美味しい」
そう思って買ったので
楽しみにしてるの…(笑い)

今日からまた仕事

休みの3日は早いねぇ
あっという間だだった
仕事
行けば行ったで結構楽しんだけど
「行かなきゃ」
という気持ち
これがプレッシャーで、
月曜日を乗り越えれば
気持ちも変わるんだけれど…
月曜日というのはどうも気分が重い…
おまけに今日は雨…
しかししかししかし…
頑張ろう…
ときにはこういう気持ちも大切なのかも知ればいね…(笑い)

 

-discover, essei, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホで楽しむ あかい花 あかにもいろんなあかがある

赤と黒という小説もあったよね…
赤と黒のブルースという歌もあった…
アッ
このレコードジャケットに使われているあかは金赤だ…
ということは、
今日の写真のあかは金赤…?
いろは
本当に難しい…
しかししかししかし…
魅力的だよね
赤という色…
もしかしたらそれは
血の色だから…

ソルティークラッカーに瓶詰の粒ウニの相性が抜群でOHと思わず

エッ ウニ、高いんじゃないの…
それが、ほら、僕のところには安売り屋があるから、賞味期限が短くなってくると、安い値段で出てくるの…(笑い)
だから、おやつ感覚で食べても大丈夫なの(笑い)
ここには時々、高級品のチーズやイタリアンプロシュート、カニ缶、トルストイが愛したプルーン(フランス)などが出てくるから、そういうのが出てきたら買うのハハハ…
便利がいいよね
こういう店があると、本当に助かる(笑い)

憧れのライカ、つい買ってしまった。700円 

ライカと言ってすぐに思い浮かぶのは「決定的的瞬間」のアンリ・カルティエ=ブレッソン
いつもカメラを持っていて、ここしかないという瞬間を撮るの、いつ見ても何度みても素晴らしい。
本当に本当に本当に凄いセンス
有名な話として
「使ったレンズは、生涯を通じて、スタンダードのレンズだけ」という伝説が、
スタンダードのレンズとは、焦点距離50ミリの、普通、カメラを買った時についているレンズ(今はズームレンズが多いから昔の話)で、人間の視覚に近いレンズと言われているのだけれど、実際には、使いずらいレンズ(僕の経験)で、僕はあまり使わなかった。
想像だけど、スタンダードで、ブレッソンのような写真を撮ろうとすると、鋭いフットワークが要求されるが、もしかしたら、トリミングで写真を作っていたのではと想像しているのだが…ライカという名前と同時に出てくる写真家である。

スマホカメラを愉しむ 新宿御苑前に出現した花壇が撮影スポットとして人気に…

アイディアだね
街路樹だけだと目を惹かないが
その周辺に花を置いてキレイにすれば
蝶々が飛んでくるように人が集まってきて話題になって
人気スポットに…
面白いね…

心に思わない現実はない…
閃いたアイディアを行動にして現実(ビジュアルに)してしまう
これこそまさに「量子力学」
(心に思わない現実はない)
と思わされたビジュアルだった。

故郷の銘菓貰いてしのぶ友 大手饅頭久し振り

目次大手饅頭 スッカリ有名になったね大手饅頭は江戸時代から作られている備前の銘菓お饅頭が一つ入っている可愛い箱 このデザインをしたのは染色図案家の鈴木毬紗さん、 取材を通じて友達になったの 自分流の技 …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます