コラム 人物紹介 写真エッセイ 本の紹介 雑記

システム手帳ファイロファックス

投稿日:

 

今日は、久保雅督です。

「撮って書いてワヤで笑える人生日記」
にお越しいただきありがとうございます。

今日のテーマは、ファイロファックスという
高級システム手帳にまつわるエピソードです。

古いメモ帳からでてきた、ちょっといい話し

昨日、古いメモを耕していたら、
「船が難破で離れ小島に男が1人、女が2人
アメリカ人 1日交代で女性を取り変えて過ごす。

フランス人 1人を愛人に、1人を奥さんに。

イギリス人 誰も紹介してくれる人がいないから、
最後までソッポを向いていた。

日本人 携帯電話で、本社に問い合わせた」
というのが出てきた。

いつ頃のメモかは、分からない。

友人がくれた古いが憧れのファイロファックス

なぜ、メモを耕しにかかったかと言うと、
それは、知り合いから、ファイロファックス
(システム手帳)
を貰ったから。

ファイロファックス、
この名前には、忘れられない思い出がある

ファイロファックス、
この名前には、忘れられない思い出があるのだ。

話せば長いのだが、極力完結に…

この手帳の存在を教えてくれたのは
「ワープロ書斎術」(講談社新書)
の著者の西尾忠久氏だった。

西尾氏を紹介してくれたのは、
姉のダンナ。
西尾氏のコピーライター養成講座で、講義を受けてからの付き合い。

紹介して貰った理由は忘れたが、
初めて会った時

「ワープロいいね、あれぐらい忠実で役に立つ秘書はいない」
そんなことを言ってから
「1日早く導入すれば、一日分んのデータが蓄積できる」
と言われ、
「そうか、それは急がなければ」
そう思って、すぐに買ったのだが、
その時 ファイロファックスを見せながら、
「これは、とても便利がいい」と。

システム手帳がブームになるずっと以前の話し。

確か値段が3万円位だった。
あまりにも高い手帳だったのでよく覚えている。

手帳に3万円 ところが姉の旦那は、すぐにそれを購入したのだ。

それを、姉のダンナはすぐ買って、
「ホラこれ」
そう言って、黄色い布の袋から、
黒の本革の、見るからに高級感のあるシステム手帳を取り出して
「ちょっと持ち運ぶにはおおきいよねぇ}
とかいいながら、見せてくれたのを覚えていたから、
亡くなった後 姉に、
手長を探して貰ったのだが、見つからなかった。

そんな経緯があって、
知り合いのライター
(75歳の現役ライター 女性 この人も西尾塾の生徒)

「これ 古いけど」
そう言って、くれた時には、嬉しくて…
革を磨くワックスを買ってきてピッカピカに仕上げたのである。

メモ帳を整理し始めたのは、そういうきっかけ…

いいものは、やっぱりいい

やっぱり いいね ファイロファックス…

メモはやっぱり手書きがいいね、
電子機器だと耕せないもの…

メモは耕さなければただのゴミ

そう言えば
「メモを耕す」
というのを教えてくれたのも西尾氏だった。

最後に書いて貰ったのが,
「江東区の昭和30年・40年」
という本に載せる原稿。

「山の手は坂でおぼえろ 下町は橋でおぼえろ」という書き出で始まる
「鬼平の深川」という原稿に「ああ」と感動

この頃西尾氏は、集めた資料で、
(モルグに血を通わせる、それが西尾氏の口癖だった)
「鬼平犯科帳」
を、江東区のカルチャーで講師として語っていた。

「山の手は坂でおぼえろ 下町は橋で覚えろ」
という書き出しで始まる
「鬼平の深川」という原稿だった。
今もしっかりと記憶の中に残っている。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-コラム, 人物紹介, 写真エッセイ, 本の紹介, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ペンタス 星型の花 結構可愛いのに見過ごしていた。

目次撮っていてもなかなかアップできなかった花ペンタス今日は困った書くことが浮かんでこないやっぱり写真はデジタル化しておかなければねシャッターを開けている間、懐中電灯で光を当てて、パオを写す 撮っていて …

お雑煮    

目次お雑煮 僕の場合は雑煮(ざつに) 思いつきで、あるものを適当に入れて、今朝つくった。うん、いろんな味が適当にからまってそれなりにね…今日は昼頃、友達の家で恒例の新年会 お雑煮 僕の場合は雑煮(ざつ …

アラ、ここでもラブシーン 

目次これこそまさに濃厚接触なのでは…街中で、人間がこんなことをしていたら、なんとか警察、怒るのかなぁマスク忘れて、何度とりに帰ったことかなんだか今日は、心の鬱憤を吐き出す、そんな話になってしまった。 …

一枚の写真には、数万語におよぶ記憶が書き込まれている

目次ビギナーズラックカメラを持ったのは、この時が初めて、その時 撮った写真でいきなり受賞コンテンポラリフォトグラフィーの時代今まさにこの瞬間を「私は写真家の久保と結婚したのであって、ビジネスマンの久保 …

秋に思うと書いてしゅうし(秋思)と読む。やっぱり秋は物思う季節なのだ

目次春愁秋思(しゅんしょうしゅうし)歌に託して思いが言える詩人、いいねみんなの休日には、やっぱり、独特の空気感がある 春愁秋思(しゅんしょうしゅうし) 春の日に感じる憂鬱と、秋に感じる寂しさのこと。 …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます