コラム 写真エッセイ 思いつき 雑記

レッドジンジャーからまた次次といろいろな思いでが…

投稿日:

「レッドジンジャー」

なんか、子供むけのアニメのタイトルみたい。

ジンジャーというから、
「ヘー生姜かぁ、随分派手なんだぁ」
と思って調べてみると、どうやらこれは、生姜ではないらしい。
そうだよね、「谷中」とは、雰囲気が随分ちがうものね。

じゃあ、レッドジンジャーっていったい、何なの。

気になったので検索してみると、同じ生姜科ではあるらしいが、食べる生姜と違って、花を楽しむ生姜なのだそう。

ちなみに、目を惹く赤いところは、花ではなく苞で、その合間から白い花が咲くらしい。

「一日だけの恋」というのが、花言葉。

まるでシンデレラだな。
ところで、花言葉ってなんなのと思って、それも調べると、

「花に思いを託して恋人に贈る風習」が17世紀頃、トルコにあって、それがヨーロッパに広まったらしい。

ということは、「花を恋人に贈る時、メッセージをつけて贈った、そのメッセージ」が花言葉。

ヘー でも、そういう時に
「たった一日の恋」なんて、普通、使うかねぇ…

ウーン、ちょっと理解に苦しむ。

こんなことを書くと、
「だからあなたは、ロマンチックじゃないのよ」
と、言われそうそう(笑い)

ロマンチックという言葉に触発されて

ロマンチック、その言葉で思いだした。
もう随分昔の話、日本一大きいクルーザーを借りてパーティをやったことがある。
お客は皆、僕の招待、

大阪のクラブのママや東京のクラブのママも、モエ、ドンペリを持って来てくれた。

船は、晴海を出て横浜の方まで行って帰ってくるという約2時間のコースで、着物姿の芸者さんもきていた。
豪華なケータリングと美味しいお酒で、いいムードのパーティだった。

宴たけなわ、酔うとやっぱり、夜風にあたりたくなってくる。
着物を着た芸者さんが、デッキに上がって星をみていたら、作家がスーと横に来て
「一緒にロマンチックしませんか」と誘ったらしい。
「あの人作家でしょう、さすがに言うことが一味ちがう。一緒にロマンチックしませんか、そう言ってさそわれたの…」
後で僕のところにきて、そっと耳打ちを。
よかったなぁ、あの頃は…本当に楽しかった。
たとえ過ぎ去った思い出であっても、
「そういうこともあったなぁ」
と、時折思い出すだけで結構楽しい。

「君は何をしてきたか…」

「トラックレコードというのは重要なんだよ久保君」
そんなことを教えてくれたのは、ヤングジャンプという漫画雑誌で連載された「魚CRY:ウォ━クライ」という漫画の主人公「魚井一生」さんだった。
なんだか得たいの知れないおっさんだったが、面白い人だった。
ノルウエーから、アンクルサンタの称号をもらい、「サー」と呼ばれる日本で唯一の人といって紹介されたのだが、その経緯いはもう忘れた。

いろんな人に会ってきたなぁ、懐かしい。
そうそう、このおっさんに誘われて、広尾町で、川に上ってくる鮭と格闘したことも、

しかし、行った仲間、誰一人として鮭を捕まえた人はいなかった。
鮭は、それ程すばしっこいのだ。

ご飯が見えなくなる程いっぱいに盛られたイクラどんぶり、あれは美味しかった。
たかがイクラどんぶり、されど、されど…である。

ああ、今日もまた、とりとめののない話になってしまった。

-コラム, 写真エッセイ, 思いつき, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

あつもり「あつまれ森の動物たち」ゲームがなぜ人気なのかについて調べて分かったことは

目次自然はいいなといいながら、やっぱり文化的生活がいいんだね特に、今のようなコロナ禍で動けない状態になると、気持ちの切り替にゲームは理想写真は、白黒エリマキザル、なんかちょっとコワイ感じだけど、なんと …

いいね日本の文化 とっても落ち着く

目次こういう店、好きだなぁ三味線、いい音だねぇライブ、ウン、楽しかったよ。なんか、やる気が出てきたな   こういう店、好きだなぁ 昨日、カントリーのライブ、楽しかったんだけど、帰り、 友達が …

散歩写真の面白さは、偶然に遭遇する、ハッと驚かさせる被写体と遭遇すること

目次日々、新たな発見それが楽しい新春の風景へーこんなのがあるん沙漠のバラエッツ本物 置物でしょう…日本の文化やっぱりいいよねいきなり遭遇して大慌て 年明け、フェイスブックに載せる写真がなくなったので、 …

アンデスメロン 冷凍しただけでとっても美味しいメロンシャーベットに

目次外はカチカチだけど、中は美味しいメロンシャーベット冷凍って、カチカチにして保存するだけだと思っていたら、おいしさが増すんだ冷凍すると、なぜ美味しくなるそう言えば焼き芋、冷凍して食べたことがあったア …

冬の印象

目次白い画用紙に、水彩絵の具を筆でピッピとまき散らした感じ。写真屋の親父にボロクソ言われたけれど…あのネガで、こんな写真になるんだ僕には無茶苦茶がいいらしい。得意としたフォトエッセイの所々に無茶を生か …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます