コラム 写真エッセイ 思いつき 雑記

レッドジンジャーからまた次次といろいろな思いでが…

投稿日:

「レッドジンジャー」

なんか、子供むけのアニメのタイトルみたい。

ジンジャーというから、
「ヘー生姜かぁ、随分派手なんだぁ」
と思って調べてみると、どうやらこれは、生姜ではないらしい。
そうだよね、「谷中」とは、雰囲気が随分ちがうものね。

じゃあ、レッドジンジャーっていったい、何なの。

気になったので検索してみると、同じ生姜科ではあるらしいが、食べる生姜と違って、花を楽しむ生姜なのだそう。

ちなみに、目を惹く赤いところは、花ではなく苞で、その合間から白い花が咲くらしい。

「一日だけの恋」というのが、花言葉。

まるでシンデレラだな。
ところで、花言葉ってなんなのと思って、それも調べると、

「花に思いを託して恋人に贈る風習」が17世紀頃、トルコにあって、それがヨーロッパに広まったらしい。

ということは、「花を恋人に贈る時、メッセージをつけて贈った、そのメッセージ」が花言葉。

ヘー でも、そういう時に
「たった一日の恋」なんて、普通、使うかねぇ…

ウーン、ちょっと理解に苦しむ。

こんなことを書くと、
「だからあなたは、ロマンチックじゃないのよ」
と、言われそうそう(笑い)

ロマンチックという言葉に触発されて

ロマンチック、その言葉で思いだした。
もう随分昔の話、日本一大きいクルーザーを借りてパーティをやったことがある。
お客は皆、僕の招待、

大阪のクラブのママや東京のクラブのママも、モエ、ドンペリを持って来てくれた。

船は、晴海を出て横浜の方まで行って帰ってくるという約2時間のコースで、着物姿の芸者さんもきていた。
豪華なケータリングと美味しいお酒で、いいムードのパーティだった。

宴たけなわ、酔うとやっぱり、夜風にあたりたくなってくる。
着物を着た芸者さんが、デッキに上がって星をみていたら、作家がスーと横に来て
「一緒にロマンチックしませんか」と誘ったらしい。
「あの人作家でしょう、さすがに言うことが一味ちがう。一緒にロマンチックしませんか、そう言ってさそわれたの…」
後で僕のところにきて、そっと耳打ちを。
よかったなぁ、あの頃は…本当に楽しかった。
たとえ過ぎ去った思い出であっても、
「そういうこともあったなぁ」
と、時折思い出すだけで結構楽しい。

「君は何をしてきたか…」

「トラックレコードというのは重要なんだよ久保君」
そんなことを教えてくれたのは、ヤングジャンプという漫画雑誌で連載された「魚CRY:ウォ━クライ」という漫画の主人公「魚井一生」さんだった。
なんだか得たいの知れないおっさんだったが、面白い人だった。
ノルウエーから、アンクルサンタの称号をもらい、「サー」と呼ばれる日本で唯一の人といって紹介されたのだが、その経緯いはもう忘れた。

いろんな人に会ってきたなぁ、懐かしい。
そうそう、このおっさんに誘われて、広尾町で、川に上ってくる鮭と格闘したことも、

しかし、行った仲間、誰一人として鮭を捕まえた人はいなかった。
鮭は、それ程すばしっこいのだ。

ご飯が見えなくなる程いっぱいに盛られたイクラどんぶり、あれは美味しかった。
たかがイクラどんぶり、されど、されど…である。

ああ、今日もまた、とりとめののない話になってしまった。

-コラム, 写真エッセイ, 思いつき, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

パイナップルの葉っぱ、情熱的やなぁ、まるでサンバのカーニバル

目次リオのカーニバルブエナビスタソシアルクラブ あれいいね知らない町、言葉も通じないのに、彷徨って友人を訪ねるカメラを隠せ飛行場に入った瞬間にブラジルの通貨は使えなくなってしまった パイナップルの花? …

サボテンの花って可愛いよね、長刺白珠丸という名前なんだけど、名前と花とのイメージが合わない

目次「長刺白珠丸」と書いて 「ちょうしはくじゅまる」と読むのだそう。「サボテンと多肉植物、何が違うの」この姿、まるで「ヒゲアザラシ」の群れそれにしても、「生きる」ということは、それ程凄いことなんだ。 …

易占 乾為天は、龍が天に昇る様子で、勢い盛んな時と 卦辞こそまさに自然の法則

目次目覚めた龍が天に昇っている そんな感じ。今の私は、自然に例えれば、どういう状態宇宙はすべて 陰と陽のバランスで成り立っている それを見るのが、易占なのであるこの易占をヨーロッパに広めたのはユング( …

吾は菊也、そんな感じ

目次結構、主張してるよね、この花カメラマンと写真作家、何が違うのでは、写真作家というのは、どういう人ということで、通常は、 プロとして写真を撮って口を糊しながら、同時に作家としてという方法を取るのであ …

秋陽(しゅうよう)に照らされ キラリと光る カラスウリ

目次しゅうよう(秋陽)か、いい言葉だな郷愁とは、多分、そういうのを言うんだろうね…思い出というのは、もしかしたら、頭の中で編集された記憶…いつまでも忘れられないおばちゃんとの別れ しゅうよう(秋陽)か …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます