コラム フォトエッセイ 写真エッセイ 雑記

多聞(確か、よく分らないけど)カリン(花梨)の実だと思う、

投稿日:

いいね、ありのまま、見た物、感じた物を楽しむ…

なんてことはない写真なんだけどね、捨てがたくて(笑い)
おそらく、花梨、
木についたままドライフラワーになったんだね…
なんとなく、なんとなく惹かれたので、額装してみたの…

それにしても面白い時代がきたなと、実はワクワクしているのである

昨日、ネットで遊んでいたら、
自分が自由な発想でつくったものを本
(オンデマンドだけど、1冊から印刷できる)
にして、アマゾンというマーケットで売れるというのだ。しかも、スキルさえあれば、作るのはただ。

驚いたね、出版社なんて、もういらないじゃん…

当たれば直販の方がいいに決まってるもの、
印税たって、今は定価の6パーセント位だもの…
それに、売れなくたって、出したということが楽しんだものね…

丁度、ライフスタイルを変えようと思ってた、そのタイミングだったので、気になったのである。

70歳を超えて、ライフスタイルを変える?
そんなことできるのか…
ハハハ…、やるんだよ…
「で、どのように変えるんだ」
ウン、
今までは、日銭稼ぎで経済を廻し、空いた時間を自分の時間にあてていたのだけど、
その考え方を改めて、
基本的にはグーグルのアドセンスで得る広告収入で経済を廻し、
週に2日か3日、世間との交わりを楽しむためと、何もなくなった時の担保として日銭稼ぎに行き、普段は、ブログを書き、
写真を撮り、
本を作ることを中心としたスタイルにするの…
そんなのできるの…
うん、できる。そういう準備をしてきたから(笑い)
エライ、自信だね、
ハハハ…
だって、心に思わない現実はないもの…
ということで、今、とても燃えているのである。
そう、青春まっただなかなの(笑い)

「青春とは、人生のある時期ではなく、心の持ち方をいう」のだ

サミエル・ウルマンさんのこの言葉、本当に素晴らしい。
人生の最終章にきて、
やっと、理想とした生活ができる位置にいるという気づき、
これは、なんとしても手に入れたいと、思っているのである。

 

-コラム, フォトエッセイ, 写真エッセイ, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

なんということのない風景なんだけど、

目次平凡な風景もたまにはいいかそして自分で新聞を作って例えば 平凡な風景もたまにはいいか なんていうことのない風景なのだけれど、前面の木の枝と、黄色い葉っぱが何かを感じさせたんだね なんちゃって、まる …

春の印象 張りつめていた空気がほんわか緩んで、ああ いいね

目次ああ 春だと思わず何気ないない日常の中の何気ない非日常、それがいいのだスマホ忘れて、再びの小旅行全てを紐でつないでポケットに、ポケットは物を入れるところではないのだ ああ 春だと思わず 五日市の小 …

気が付いたら、こんな写真を撮っていた。若い頃のコンテンポラリーを思い出す

目次ふっと思い出したコンテンポラリフォトグラフィー再びカメラマンとして始動することにした審査、高齢だし、ちょっと心配したけれど何はともあれ合格の知らせは、やっぱり嬉しい。作品を作るのは簡単だが売るのは …

大根の煮物 大根を見たら急に食べたくなって、レンジでつくった創作という名の無茶苦茶料理

下ごしらえ(灰汁抜き)
深い器に、水をたっぷりいれ、お米は玄米しかなかったので、それをひとつかみ入れ、塩を少し入れて、大根が透き通るまでチンするの。

こうすれば灰汁が抜けるからね、
玄米を入れたのは、米のとぎ汁の変わり。
ハハハ…
そこが思いつきの無茶苦茶、
「お米入れりゃ一緒」そう思ってのこと。

レッドジンジャーからまた次次といろいろな思いでが…

目次なんか、子供むけのアニメのタイトルみたい。じゃあ、レッドジンジャーっていったい、何なの。「一日だけの恋」というのが、花言葉。ロマンチックという言葉に触発されて「君は何をしてきたか…」 「レッドジン …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます