コラム フォトエッセイ 写真エッセイ 思いつき 雑記

寒桜にメジロは僕の中では春の季語、しかし今年はなかなか見えない

投稿日:

やっぱり今の季節はメジロだよね。

特徴は、目のまわりが白いこと。
一年中いるらしいが、寒桜の蜜を求めてくる、今の季節が撮りやすい。
ヒヨドリも寒桜の蜜が好きで、同じ木にやってくる。
自分より大きいヒヨドリが来ると、メジロは恐怖を感じるのか、一斉に逃げる。
しかし、どこかで見ているんだろうね、ヒヨドリの姿がなくなると、すぐ様メジロがやってくる、面白いね…

仕事、「相談ですが」についほだされて「いいよ いいよ」と引き受けていたら、自分の時間がなくなって、やるべきことが山積みに、

お給料貰う時には多い方がいいけれど、自分の時間がなくなるのは精神的に苦しい。この兼ね合いが難しい…
やっぱり、週に4日が限度だな…
理想は3日、
自分の時間がなくなると、なんのための人生か━と、つい思ってしまうもの(笑い)

先生が言った、僕のところに来ると、霞を食って生きることになるよ

先生(石津良介先生)のところに最初にお伺いした時
「プロになるなら面倒みよう、しかし、僕の所に来ると霞を食って生きることになるよ」
そう言われて
「先生、僕、カスミ好きです」と、調子を合わせて(笑い)
先生のいうプロとは、職業カメラマンとして依頼仕事をこなすということではなく、作家として生きるというニュアンスなのだが、作家では食っていけないから、必然的に、依頼仕事をこなすことになるのである。
どちらがどうということはないんだけれど、
僕の心の中にはやっぱり石津イズ厶が生きていて「作品づくりを」という気持ちが強くあって、それでコレクションしているのである。
その理由として、
「使える写真がそこにある」という環境を整えておけば、いつかは使う時がくるというものなのだが、電子カメラとネットのお陰で、発表媒体が沢山できて、いい時代が来たな━と喜んでいるのである。
だって、撮ったものはやっぱり、見てもらいたいものね(笑い)
今やそれが世界とつながっているのだから…
それれを思うと、凄い世の中になったなぁと━とつい思ってしまうのである。

アッ 今気づいた、晴耕雨読でいこう

これは素晴らしい
そうだ、折角の天気予報、
タブレットでそれを見て、週に4日、晴れた日だけ働くという考え
いいね、これ、
これこそまさに「晴耕雨読」
OH素晴らしい、
これでいこう(笑い)
予報によると、来週の火曜日は雨、ここは早速✖印 いいねこれ…(笑い)

 

 

-コラム, フォトエッセイ, 写真エッセイ, 思いつき, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スズメ 英語ではsparrow スパロウでいいのかなぁ 可愛いね  

目次のどかデスネェー スズメ、スパローちゃん、かわいいねぇースズメ スパロウちゃん、かわいいですねぇートレンド記事を書こうとして分かった僕という人間の内実やっぱり僕は、路上発見タイプこの作業、簡単なよ …

同じ葉っぱでも、枯れ葉と見るか、黄金の葉っぱと見るかによってその価値観は変わってくる

目次「Autumn Leaves」ちょっとセンチで、なんとなく虚しさを感じる、僕の病気…ォー こういう見せ方もあるのか…自分の内なる世界にいる、もう一人の自分の声を聴くというのだろうか… 「Autum …

このバラ、僕の目にはアイスクリームなんだけど 美味しそう 

目次アイスクリームどうですか無理してし食べ過ぎてついにはダウンをハハ、嫌なことを思い出したな今回もまた、大脱線の記事になってしまった。日記だから、それもいいよね… アイスクリームどうですか 「バニラの …

この写真 秋というよりオータムといった方が相応しい、そんな気がする

目次秋かオータムか、言葉って、本当に難しい。イヤホンで枯葉を聴きながら写真を撮るブルーノートとは、アッ、また話が脱線しちゃった。 秋かオータムか、言葉って、本当に難しい。 英語で言うか日本語でいうか、 …

夏芙蓉 室町時代から、美しい花の代名詞

目次芙蓉、夏を代表する花だと思う。芙蓉と酔芙蓉の違い古代中国では、蓮の花を芙蓉と言っていたらしい富士山は芙蓉峰という雅称を持っている 芙蓉、夏を代表する花だと思う。 早朝、生まれた間もない明るい太陽に …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます