コラム フォトエッセイ 写真エッセイ 雑記

櫻と瓦屋根と青い空が美しい、東郷寺は、京王線多磨霊園駅のすぐ近く

投稿日:

ヘー 東京 しかも新宿から目的のお寺まで約1時間 驚いてしまった。

一昨日の夕方だったかな 元カミから
「多摩霊園駅すぐ近くの枝垂れ櫻がとてもいい」というメールが来て、昨日、早速行ってきた。
「ヘー これが東京 京都の風景だよね」
そんなことを思いながら、ここという場所に当たりをつける。
「いいねぇ ちょっと出来すぎな感じ」
そんなことをブツブツいいながら、
人がいなくなった瞬間を狙ってパシャっと。

マーフィー博士の法則ではないけれど、人が居て欲しくないところに限って人がいる

なぜっと、つい思ってしまった。
仕事の時で、それが最高に条件が整った時だったら
「すみません」
と言うんだけど、遊びで撮ってる時には待つしかないもんね…
そう、小さな子供連れの家族が、そこで写真を撮ったりしててね 
1時間近く待ったかな…
写真を撮ったのは、 ホンの一瞬のチャンスだった。
待つの、慣れてるしね、それに週に4日、警備員やってるから、1時間位なら、…
何が役立つか分からないね(笑い」)

電車の中で人のブログ読んでいたら、ちょっとショックな記事が

「今はプロの写真よりも一般の人がポンと撮った写真の方がリアリティがあって受けがいい」

というのがそこに書かれていたのである。

薄々はそれを感じていて、それで時々スマホで撮ったりしてるんだけどね、
やっぱり カメラ持って行くと、
職業感というのが体の中に浸み込んでいるんだね、
「プロなら、誰が行ってもここから撮るよね」の写真になってしまうのである。

所詮プロの写真よね、これにはまいった。

若い頃に元カミに ちょっと自信の作品を見せたところ
「所詮プロの写真よね」と言われてショックを受けたのを思い出した。
そうなのだ、
ある程度の水準に行くと、写真でも料理でも、プロならみんなここにいくというものになってしまうのである。
有名な作家の先生の作品というのは、そういう域を超えたところで創るから凄いのであって、そこにいくのは、なかなかのことなのである。

この前、友人の画伯と呑んだ時、そんな話をすると

「そうなんだよ」
「職業人としして ああいいね」のレベルまでなら簡単になれるのだけど、
作品を見て「感動してもらうというのはねぇ…」
「そういう意味では 絵で言えば 日展とか国画会とかの賞をとれば凄いと思うけど、俺たちは、そういうところに近づかないものねぇ(笑い)」と…
そんな会話をしたのを思い出した。

僕がカメラマンを目指した頃には
「カメラを買えばカメラマン 鉛筆買えばルポライター」なんて揶揄された頃だったが、
振り返ってみれば、その世界にぶらさがってこれたことに対して
「よくやった」
と自分では思っているのに、
今や「そういう写真では…」と思うと、ショックを感じてしまった。

しかし、自分のやりたいことが、こうしてやれることは幸せなことだよね、
そう思うと、幾分か救われた。
心って本当に面白いね…
今更、なんの野心もないのにね…

-コラム, フォトエッセイ, 写真エッセイ, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

イロハモミジはなんでいろはなの…

目次最近覚えた、タブレットの検索が便利でとても素晴らしい タブレットで写真を撮ればなんでも教えてくれる 片方で便利さを享受しながら、片方で、その便利さを酷評している。 自分でも可笑しいと思うが、そうな …

シャムの舞姫、グロッパ・ウイニティーショウガ科の花らしい

目次「シャムの舞姫」江戸時代末期、この国で活躍した日本人がいるひとつの花から、思わぬ歴史の話が、面白いね 「シャムの舞姫」 これといって特徴はないのだけれど、なんとなく惹かれると思ったら、そうなんだ、 …

この写真 秋というよりオータムといった方が相応しい、そんな気がする

目次秋かオータムか、言葉って、本当に難しい。イヤホンで枯葉を聴きながら写真を撮るブルーノートとは、アッ、また話が脱線しちゃった。 秋かオータムか、言葉って、本当に難しい。 英語で言うか日本語でいうか、 …

東京のパワースポット 東京の秘境 東京の自然、東京の滝

目次狭いトンネルの向こうにパーと広がったパノラマは、長い瀧のある風景だった。瀧もいいが、岩から沁みだしてくる水もまたいいそう言えば昔、空気の缶詰めというのがあったよね…もう本は買うまいとおもいながらも …

ハイビスカス

目次色、形(姿)の持つ力って凄いね。最近ゴージャスなハイビスカスが目立ち始めたやっぱり花は午前中に撮るべきだな集客のキャッチコピーでいう程、写真は簡単にはうまくならないと思うんだけど…集客キャッチコピ …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます