コラム フォトエッセイ 写真エッセイ

バラ クレオパトラ シーザー シャネルNO5

投稿日:

バラの精油には、人間を元気にする活力がある

そうなると、やっぱり、あの女性に登場してもらうしかないね。
誰、決まってるでしょう、
世界3大美人の一人と言われる
クレオパトラ7世(プトレマイオス朝エジプトの女王)

なんで

エッ 知らないの、
よし、じゃぁ、ちょっとだけ知ってるからちょっとだけ(笑い)
これねぇ、誰の小説だったかなぁ、新聞連載されてたの。
女流作家…

あった、クレオパトラ

(宮尾登美子 朝日新聞日曜版(1993年10月から96年3月まで)

切り抜いて取ってたんだけどね、もう、整理して、そういうの全部。
面白いね、資料というのは、捨てると必用になってくる。

前にある本を書いた時には、
「もう、この資料、いらないだろう」と思って捨てたその夜に、まさにそのテーマの執筆依頼があって、慌てて、ゴミ置き場に取に行ったこともあった。

それにしても、タブレット、本当に有難いね

微かな記憶でも、思いだした言葉をポツリポツリと入れていけば、ちゃんと出てくるんだもの。

クレオパトラとシーザーとの出会い

「父と姉とが戦い混迷が続くプトレマイオス朝。思いがけず即位した美しく聡明な女王は、運命の男シーザーと出会う」(amazon.co.jpクレオパトラ)

そこで出て来るのが、バラと、バラの精油(エッセンシャルオイル)

何インチだったか忘れたが、90センチ位だったと記憶している。
バラの花を敷き詰めて、さらにエッセンシャルオイルをまき散らして、シーザーを迎えいれたという話。
感動したね。

それからしばらくして、アロマセラピーというブームがきて、

「1㏄のバラの精油を採るためには、バラの花1トン必用とか」という話を聞き

「香水を作る時のイメージメイキング」などを聞いたりして
「マリリンモンローは、なんとシャネルのNO5を着て寝ている」なんていうエピソードを、集めたりしてね…
何を考えていたのだろうね(笑い)

そう言えば、バラのエッセンシャルオイル、いっぱい貰ったんだけど、あれどうしたのかね…

アッ イヤなことをまた、思いだしてしまった。

いつ頃だったかなぁ、
モトカミ、娘と旅行で香港にいった時、
ある女性から頼まれたお土産、「ミツコ」という香水を探して歩いて、エライ怒られたことがあった。
そりゃ、怒るわねハハハ
いろいろあるねぇ、人生、今やそれもいい思い出。
そんなことを時折思いだすのもまた楽しい。
過ぎてしまえば、それも、僕の人生のピースなのである。

 

-コラム, フォトエッセイ, 写真エッセイ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マステバリア・イグアナ

目次ゴージャスだけが美しいわけではないちょっとお洒落な大人の本がある。女とは休日の日の僕のコーヒーブレイク ゴージャスだけが美しいわけではない シンプルだけど、なんとも色っぽい花だなぁ… 色、形、花の …

第28回 国際平和美術展に出品したインスタグラム友達の作品「慈心」

会場で漏れ聞こえてくる話に耳をそばだてると、
この展覧会はこの後、ニューヨークに行くのだとか、凄いね、
廣野さんのSNSだと、その後、この桜、お室の仁和寺(京都)に展示されるのだそう。
確か、昨年の作品は「お買い上げになった」と記憶しているけど。

ムクゲパイプという花なんだけどね、どう見てもこれ、スタイル画だよね

目次これからの季節に、いいよね 自然はまさに生きた博物館だね、ウマノスズクサという名前の由来 これからの季節に、いいよね  色の組み合わせもいいし、涼しそうだし素敵じゃない  スカートはこれサラサかな …

渡り鳥のジョウビタキ君 まだいたの 早く行かないと暑くなっちゃうよ

目次渡り鳥のジョウビタキ君ジョウビタキが日本に渡ってくるのは、木々の葉っぱが全て落ちた頃。「人気の冬鳥「ジョウビタキ」がピンバッジになりましたというお知らせ」があった。 渡り鳥のジョウビタキ君 渡り鳥 …

孤高を楽しむ  時にこうして自然の中で風を感じるの いいよね

目次孤高、この言葉好きだなうん、そう、やっぱ風だよね、太陽だよね、自然だよね 孤高、この言葉好きだな 人といるのも楽しいが、時に社会ともかけ離れて、一人を楽しむのもいいね そう フラリと旅に出て、自然 …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます