discover essei photo

望遠レンズを愉しむ なんとなくふんわりはんなり春のどか

投稿日:

なんとなくいい感じ

例によって、
玩具のカメラの望遠なんだけど
安物だからちょっとフォーカスがね
でも
そのフンワリした感じが

好きなの…

欠点を長所にする 考え方だねぇ…

普通の感覚なら
それは
「なんだ…」
と言うことで嫌われるんだけど
それを(その癖)を長所ととらえれば
それはそれで素晴らしい
一本の筆なのである

こういう雰囲気
僕は好きなの…

ソフトフォーカスのこの感じ…
昔 鳥取に暫く滞在して
豪華本の
「倉吉・東伯今昔写真帖」
(郷土出版社 定価11000円 1000部限定)
という本を作ったことがあるの、
その時に目にした写真にえらく心を揺さぶられたものがあったの。
写真家の名前は
塩谷定好氏(1899~1988年)
僕が行った頃にはなかったけれど
後に塩谷定好写真記念館ができたというのを
知り合いが教えてくれた。

塩谷定由
この人は生涯にわたって山陰の自然や人を撮り続けた写真家なんだけど、
その作品がちょっと変わっていて、
全部がソフトフォーカス(軟焦点)で、
なんとも言えない味をだしているの…

これは
かつて流行した「ベス単のフード外し」という作法…
ベスタン
(これは1910年に米コダック社が発売したベスト判カメラVESTPOKETKODAKにレンズのことで
フード外しとは
そのカメラのレンズの先端にねじ込まれている金属製のフードを外し絞りを開くと
強い球面収差が生じ
て独特のソフトフォーカス(軟焦点)の写真が撮れるの

塩谷定好氏は
この方法を多様して
芸術写真の分野で国内の草分け的存在となった写真家
もしかしたら、
その作品が目の中に焼き付いていて、
しれを意識しているのかも知れないね…

人が言うボロンチョン
それが僕は好きなの

僕が玩具といっているこのカメラ
そのの紹介記事や書き込みをみると、
本当にボロンチョンなんだけど、
僕はそこに魅力を感じて愛用しているのである
そのカメラがつくり出してくれるのがこういう写真

なんともいえない味があるよね…
(自分の作品を褒めているのではありません)

こういうムード好きだなぁ…

でももう発売してないし、
壊れたら修理きかないから大事に使うしかないんだけれど
まだ動いているうちにコレクション増やしておかなければ…だよね
(これは今思ったの)
そう考えると、
道具も人も
ちょっと癖があった方がいいのかも知れないね…(笑い)
今日も愉し
明日も愉し
これでまた暫くは写真撮るの
楽しめそう…

 

-discover, essei, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホカメラを愉しむ 雨に咲く白いバラ、花には水がよく似合う

すべてを捨てると本当に楽で楽しい(笑い)
仙人とは道教、
タオイズムでいうところの「自然に生きる人」のこと
(これは僕のかってな解釈だけど)
なんとなく なんとなく…
最近そういうことが分かってきたの
(分かったのかどうかは分からないけれど)
その生き方が僕にはあってるから、
そうしているだけなんだけどね…
そうなると、
花と話したり
自然を楽しんだり、
風を感じて遊べるようになってきたの

ペリステリア・エリタ、パナマの国花らしいのだそうだが、珍しいんだってね、この花

この花、稀にしか見ることができない貴重な花なんだってね。
パナマの国花で、愛称を「鳩の蘭」というのだそう。

貴重とはどういうことかと、調べて見ると
「絶滅の恐れがあるとして、ワシントン条約で、商業目的の取引は禁止されている植物」と。
そして、開花する大きさまで育つのに、10年かかるらしい。
なる程、これは貴重だ。

ところで、愛称をなぜ「鳩の蘭」と呼ばれるのか…
調べてみると、
花芯、花の中央が、鳩のように見えるからと。
言われてみればそうだよね…
確かに確かに、鳩だよねこれ…
説明を読むと、これは(鳩に見えるのは、雄蕊と雌しべが合体した様子)とか、稀にしか見られないらしい。
ウーン、これは貴重だ。
ということは、その写真が撮れた(遭遇した)ということは、ラッキーだったということだね…凄い。

スマホカメラを愉しむ なんとなく心惹かれる 冬景色 遠近法の魅力だね 

スタジオでは水平垂直が大事だから
かけだしの頃
4インチ×5インチのカメラを三脚に乗せ、
壁に貼った新聞紙を被写体にして
サッとカメラが真っすぐに立てられる練習をね…
懐かしいねぇ…

パキスタシス・ルテアの花言葉は「美しい娘」

演劇、朗読…、
やっぱり伊達じゃないね、何処に立ってもスッと溶け込んで、絵になるんだもの…
写真、やっぱり楽しいね…
花もいいけど、人物を動きの中でとらえていく撮影…
撮っているうちに、心と心がからみあって、シャッター音がキューとなって、お互いがノッテいくの
本当に楽しい。
久しぶりに燃えた楽しい休日だった…
僕はやっぱりカメラマンなんだな…
改めてそう思った。

手作りのバレンタイン 知り合いの娘さんが作ったの 凄い

70年の人生で
こんな素敵なバレンタイン初めて(笑い)
知合いの娘さんでなかったら
声もかけてくれないと思うけど…
それも縁だよね…
昨日はタイトでお茶も飲めなかったけれど
「今度ゆっくりお茶しましょう…」と
そんなこと言われると、
空中にもう浮き上がった感じで…ハハハ
今度会う時は床屋に行って、
一張羅のスーツを着て…
ハハハ…
ダメダメ…
幾ら君が頑張っても…
ハハ…
そうだよね…
でもそういう人とたまに食事したりお茶したりするだけでも、
楽しいじゃない…
それが例えば瞬間のひと時であったとしても
同じ空間を共有できるって最高じゃんねぇ…

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます