discover essei phone photo

スマホカメラを愉しむ 春の道 初めてなのに懐かしい

投稿日:

昨日 向ヶ丘遊園で

仕事で言った現場の近く
まるで呼ばれたみたい…
おにぎりを買って ここで食べたのだけれど
撮らずにはいられなかったの…

のどかだねぇ

天気はいいし、
手頃な岩の上に腰を下ろして…
存在そのものがノスタルジック…
そんな感じでつい…

ここは神奈川だけど橋を渡れば東京だよ…

いいねぇ…
長閑だねぇ…
ぼんやり眺めていたら
いつの間にか現実から離れて
少年の頃の思い出が…

仕事でなかったら決して行くところでゃないのだけれど
風景が呼んでくれたのかねぇ…
そう考えると、
とっても楽しくなってきた…

川が流れ
堤防があって 
草むらの中を一本の細い道が…
そこに桜が咲いている…
その素朴さがなんとも言えないんだよねぇ…
探しても
こんな風景なかなかないよ…
そう考えると、
仕事も捨てたものではない…
交通費もらって
ギャラもらって…
2時にはもう仕事終わったし…
やっぱり何事も心ひとつだねぇ…

スマホカメラ本当に楽しい…

これさえあれば
いつでもどこでも写真撮れるし…ね
そういう意味では
スマホは僕にとって究極の玩具…
これさえあれば、
いつでもどこでも楽しめる…
スマホ
本当に本当に本当に楽しい玩具…(笑い)
すっかりハマったね…(笑い)

-discover, essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

見ればつい むべなるかなと 声に出す なんとなく風情を感じるよね この果実

昨日「茶とアン」(阿佐ヶ谷)で
こんなお喋りしていたら
ママに
「ガトクさん どうせやるなら季語とかちゃんとやった方がいいのでは」と

しかし僕は
「そうだよね確かに…」
そう言ってから
「でも 僕は俳句をやるつもりはないから だから575と言っているの 欲しいのはリズムで俳句的でも短歌的でも…自由がいいの
なぜなら僕にとってそれは写真のキャプションだから…」
そう言うと
「なる程 むべなるかな…(笑い)」と
「うまい これはやられた(笑い)」
楽しいね、
こんなお喋り…
だから僕はここへ入りびたっているのである…
そう、
僕にとって、
ここ(茶とあん)はキャラバンサライであり、
オアシスなのである

スマホカメラを愉しむ 乗る人の思いを乗せて行く列車

御苑前の便利さに比べれば田舎
仕方がないよね段々と…
「流れ流れて落ち行く先は…」
そんな気分だけどとある女性にlineを送ったら
「それでいいのよ」
そう言って慰められて
「そうか そうなんだ それでいいんだよね…」
なんだ気持ちがホッとして…
行く雲 流れる水…
今を愉しむ そんな心境に…

スマホカメラを愉しむ ほうの実が赤く色づくお祝い日

国民の休日はだから好き…
だってみんながノンビリしてるんだもの…
空気が違うんだもの…ねぇ…
暇人でもそのくらいの空気は感じるの…(笑い)

玉ねぎのレンチン簡単料理に豚肉炒めを添えて一品に とっても美味しい

昨日はあまり食欲なかったので
これを肴に(アップした写真の料理)
ビールを飲んで
その後
ご飯に冷水をかけ
お茶漬けの素と梅干でお茶漬けにして食べたのだけど、
とても美味しかった…
一人はいいねぇ、
本当に気楽
溜まっていたノートも大分整理できたし…
休日は本当に楽しい
久し振りに
「忙中閑」の幸せ
嗚呼とつい…(笑い)
それもまた楽しからずや…

唐室、道具はその時代の文化の象徴、その物語りを調べるのが楽しい

目次唐室、深大寺植物園の展示室で、撮ったものヘー、これ、発明品なんだ。情報、昔も今も江戸時代の園芸文化が伝わってくる使い方ヘー、凄い、丁寧なハウツーだと感心する。 唐室、深大寺植物園の展示室で、撮った …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます