discover essei photo

驚いた 自分の実家と同じ風景が雑誌に載っていたの 見た瞬間 うちじゃがこれはとつい声が 

投稿日:

昨日は姉の誕生日で、久し振りに会って食事を

姉は
白内障の手術をして、
それが失敗して片方の目が視力を失っていたのだけれど、
ついこの前、
角膜移植の手術をうけて、
失っていた視力が進行形で回復しつつあるところ…
そして僕は健康診断で肺に影、
大きな病院で検査、
さらに検査入院をし、
内視鏡で肺の組織の一部を
もぎ取るという施術を受けてきたところ…

そんなこんなで、
久し振りに食事でもということになって、
昨日夕方…

駅で待ち合わせ、
姉の住んでる街のレストランでディナーを頂いたのだが、
テーブルにつくなり、
バックから旅行雑誌(情報誌)を取り出して、
「あんたこれ」
そう言ってみせたのがこの写真(アップした雑誌)


その瞬間
「何これ、うちじゃん」と思わず

そうなの
家の座敷から小庭を見ている風景とコピーではないかという程そっくりなのである。
驚いたねぇ…
顔とか姿は
そっくりな人が3人はいると言われているけれど、
ここまでそっくりな庭(風景)見たことがない…
で、
今度
ここへ泊りに行ってみるかと…

キレイに手入れしてお金をかけていれば、
うちもこうして何かできたのかも知れないけれど、

町長をやってた爺さん(母の父)が亡くなって以降、
お袋と兄の家族が住んでいたのだけれど、
お袋が亡くなってからは
叔父(母の弟)も手をいれなくなって
さらに
名義がその次の代に移ってからは放ったらかしなので、
まさにまさにまさにの没落の象徴と化しているのだが、
写真を見ていると、
立派な屋敷が、
あの威厳のあった雰囲気が思いだされたのであった。

姉曰く、お父ちゃん早くになくなっていて私たちは良かったのかもね…

母は、
中庄という町にある性徳院という真言宗のお寺の長男(僕の父)

と結婚したのだが、
父が亡くなると、
僕たちを連れて実家へ帰ったの
性徳院は菊の紋がついている立派なお寺で、
爺さん(父の父)までは大僧正の位を持つ人でなければこのお寺には入れなかったの
しかし、
昨日も姉と話したんだけど、
高齢になって一通り人生を見てくると、
「お父ちゃんは早すぎたというけれど、
いろんな状況から判断して、
早くなくなって良かったと思うよ、
だって、
あんたや兄の素行を見ていると、
亡くなってなかったら決していい人生になってなかったと思うから…」と姉
そうかも知れないと僕(笑い)
で、
僕たちは、
母の実家に帰って(母の父)の庇護で青春時代までを過ごしたのだが、
大きな屋敷、
爺さん(母の父)が町長
そして
高僧の孫というだけでなんか
普通では考えられないような環境で育てられたから、
「私たちにとっても、良かったんだと」
だが、
そうは言っても実際には母子家庭
決して裕福ではなかったと思うけれど、
家の力と爺さんの存在で、
外に出ると、
まるで若様…
そんな感じだったのである
だから
お金がなくてもこうして優雅に…(恰好つけマンに…)
だから元カミがよく言っていた
「あんたはいいわよ
貧しくてもそういやって笑ってれば、
育ちが育ちだから…
でも子供はこんな狭いところで…
これじゃ可哀そうすぎるわよ…」と…
言われれば返す言葉はないし…
あれには困った…
そんなこんなで、
姉弟ならではの雑談を楽しんできたのだが…
別れ際
「大した人生ではなかったけれど、
東京に出てきて
俺としては…
よくやってきたと自分では思ってるよ、
いい人生だったと…」
すると
「あんたが学校やめた時
お爺ちゃんにどうやって言い訳するか…
一緒になって考えてあげたの覚えてる…」
「はい覚えてます…」(笑い)
喧嘩したりいろいろあったけれど、
やっぱり姉弟…
いいもんだねとつくづく…
今日も愉し
明日も愉し
振り向けば瞬き一瞬…
一つ一つの思い出が懐かしい…

 

 

-discover, essei, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

DVDで映画、大いなる遺産を見る

映画は、チャールズ・ディケンズの小説を映画化したもの。
キャスティングが実にいい。
特に、ロバート・デニーロの役柄は重要で、
デニーロが出てくるのは、最初と最後に少しだけなんだけれど、実は、それが、映画の核心で、流石がという他ない程、見事に演じきっているのである。

映画そのものは、ちょっと複雑な恋愛ものなんだけど、いいたいことは、たった一回受けた恩に対して、全財産を使って報いるというものなのだが、映画は同時に、その過程で繰り広げられる恋愛の微妙な綾を描きだすというもの。

映像がいい
音楽がいい、
画面の切り替えがいい
その上で、
それぞれの役を演じる役者が素晴らしいから、約2時間があっという間に過ぎてゆく…

スマホカメラを愉しむ 冬枯れも 光ほのぼのまた魅力

昨日知り合いから
「新年会兼ねて一杯いくか…」
一人じゃつまらないからそう言って誘ってくるの
「その日は僕は自由だから
 いつでも 何処にでも…」
そう言ってメールを返すと
「場所と時間は追って連絡する。
ついでに写真集
“そら空宇宙“3冊持って来て」と
「残念
 今1冊しか持ってない」
そういってメールを返すと
「じゃ取りあえず1冊もってきて2冊は後でいいからと…」
嬉しいね…
今日も愉し
明日も愉し
今日1日頑張ればまた連休…
それもまた楽し…(笑い)なのである

久し振りの人物撮影 表情を追うのは本当に愉しい ライブの会場で

イベントも良かったが その後がまた楽しくて
イベントが終わってからのちょっとの時間
 創作、表現談義に花が咲
そうしたら
「暇」という本
(雑誌 いやこれは雑誌ではない なんていうんだろう…やっぱり本かな…)
を作っている杉本さんが参加して一気に話が盛り上がったの
杉本健太郎さんが
ツイターで出している写真
明かにコンテンポラリーだし、
中路さんの絵
花をフトショップで加工して柔らかい色彩を重ね合わせてファンタジックな世界を作りだしているのだけれど、
ツイターで発表していたら
ポーランドの国際美術展の主催者の一人が目に止めて
なんと なんと なんと
「ポーランド 私の町のショーケース」
という展示会に出品することになったのである。

中路さんは元々画家
その感性がフとしたことで
舞台などで貰う花の写真を撮っていたのが、
そういう方向に変化してきたらしい…

それにしても面白いね、波動は合っているが、
それぞれがいいたいことをいってるのに
不思議と
どこかで統制されていて、
時々
そう
 そうなんだよと相槌をうちあったりして楽しいセッションに…

スマホカメラを愉しむ なんとなくどこか切ない人の顔 ペルソナ 

顔 
カメラマンは「顔に始まって顔で終わる」と言われていたの
(僕が写真を始めた頃はそう言われていたの)
実際、
仕事では随分と顔写真撮った
「宇宙の渚で生きる」
(省エネルギーセンター編 海象社)は、
そういう写真の一部だが、
やっぱり人物
好きだな…
でも、
いろんな表情を表現するには
人間よりも寧ろ落ち葉とかを観察している方が
僕が撮りたい表情を見せてくれるので、
今はもっぱら…なのである
アップした写真もその一つ
「なんとなく、
どこか切ない人の顔
化粧しても隠せない心…」というのを感じて…
本当に本当に本当に愉しい

スマホカメラを楽しむ エビ へー 海の中ではこうしているのか

電子カメラの発達で
昔だったら大変な
こんな撮影(アップした写真)が
カメラを向けてシャッターを押せば簡単に撮れるようになったのだから驚くよ…
だったら
その便利さを享受しなければね…
これからの写真
ちょっと本気で考えてみよう… 

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます