discover essei photo

写真を愉しむ 集団的パラダイムシフトイベント正月とは

投稿日:

行く年と来る年 たった一夜の違いだよ それで意識がまったく変わるのだから…

正月 いつから始まったの、フッと思って調べてみた。
正月という行事は日本で最も古い行事(イベント)
6世紀以前 仏教伝来
(私は、仏は552百済からと覚えているが、今は違うらしい)
以前からあったらしい。
目的は、子孫繁栄、五穀豊穣 健康や幸福を願ってのものというのは今も変わらない
スラっと読めば
「ああ そうなんだ」でいいんだけれど、
その根本は、
自分たちにとって都合のいいことばかりを、神様というものにお願いしようという儀式
それがいつの間にか格式ばっちゃって…(笑い)
単純な発想が良かったんだろうね、

シンプルイズベスト、

パッと言ってパッとわかるものでないと、人は動かないから。
そして
お正月には、
全国民が一斉に歳をとる「数え年」の習慣があって、
それもお祝い事の対象になっていたようだ。
(覚えている、数えで幾つというの 1945“昭和20年”頃まで)
もうひとつ、1873年に、暦が変わっていて新暦の正月旧暦の正月というのがあって、
今の正月は、新暦で行われているので、昔の正月とは、ちょっと意味合いが違ってくるのだが、と僕は思うのだが、そういうことはどうでもいいらしい
しかししかししかし…

僕の知る知識では、新暦と旧暦では、随分なタイムラグがある

基本的に農作業は旧暦に従った方がいいらしいのだが、
時代変わればで、
そういうことはどうでもいいらしい
歳時記などは旧暦を中心にかかれているので、やっぱりそこは知っておかなければならないと、思うのである。
ところで、

正月になぜお雑煮を食べるのか 

それも気になったので調べてみると
お雑煮にはお餅がかかせないのだが、
お正月は
「年神様」という神様を迎えるための行事なので、
「前年に作ったお米のお餅を供えて、そのお下がりをお雑煮としていただく」ということらしい。
そんなこととはつゆ知らず、美味しいからつくるのだけど…(笑い)

僕のつくるお雑煮、知り合いの間ではとても人気なの

顔を見ると、
「あのお雑煮が食べたい」とよく言われるの
気分が良ければつくってあげることもあるけれど、結構手間暇かかるの
基本はお袋がつくる御雑煮、
いいかえればそれは、お袋の実家のお雑煮なのだが、結構賑やかなの

僕の作る御雑煮を簡単に紹介すると、

大根と人参を千切りにしたのを茹でた煮汁と、
いりぼし、鰹節(本出汁)で作っただし汁を合わせ、醤油で味を調えてて
(僕は関西人だから色はあまりつけない薄味風だが、結構しっかり味はついている)、
お餅は、お湯で煮て柔らかくしたのを御椀にいれ
その上に、ゆり根(塩ゆでしたもの これがポイントなの)
ほうれん草(お浸し)大根と人参(塩茹でしたもの)を入れ、
その上に鰤(つけ焼きしたもの)
かまぼこ(紅白)厚焼き玉子(自分で焼いた甘味の玉子焼き)を乗せ、予め作っておいたお澄ましを熱くしてかけるの
とっても賑やか、
御椀の中は具でいっぱ だから結構豪華だよ…
 あと、僕はくわいが好きだから、それも煮るんだけどね、
こうして作れば、やっぱり誰かに食べてもらいたくなるよね、押し付けで…(笑い)
これも愉しい遊びの一種、
今日も愉し、
明日も愉し…
正月はどうでもいいんだけど、イベント好きだから…
そう言えば友達が、
「氏神様 阿佐ヶ谷は神明宮か」と言ってきたので、
「抜け道として通るけれど、お参りはしたことありません」
そう返事を返すと、
吉備王国の人にとっては敵だからね、
でも後に帰順しているのだから、頭くらいは下げとけばと…

そうなのか、僕は吉備人なのか、そんなことも知らなかった…

僕には何かに縋ろうという、そんな気持ちがさらさらなである。
自分は自分として愉しめることをするだけ、そう思っているのだ、

今日も写真とは無関係の記事になってしまった。

 

 

 

 

-discover, essei, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホカメラを愉しむ つい懐かしさから買ってしまう崎陽軒のシュウマイ弁当

失敗失敗大失敗
お腹が膨れると眠くなるんだよね…
スッカリ忘れてた…
仕方ないので、もうそのまま眠ってしまった
どうも最近は、
そういうミスが多くてイカン…
気をつけなければね…
そんな訳で
今日はちょっと気分が優れないのだけれど、
仕事だから行かなければなのである

写真 プリントはこわい 画面上では見えてない欠点が紙焼きすると如実に

コンピュータ高齢者には本当に難しい
理屈は分かっていても、
実際に動かすのは本当に大変
高齢者は
努力をする前に
頭(精神)が拒絶してしまうから
ますます大変なんだけど
やるっきゃないのである…

うつ病と森の関係、人間が健康な生活を営む上で森は極めて重要

森林浴、ドンドンやらなければ
僕も、「地球の緑を育てる会」のメンバーとして、中国の沙漠の緑化活動、さらにはアマゾン(ブラジルベレンの宮脇の森」ボルネオの森などいろんな所の森を見て歩き、森づくりをするボランティアの人たちの写真を撮った。
地球の肺と言われるアマゾンの森の減少、ボルネオの森も縮小され、中国では砂漠化がドンドン進んでいる。
調査報告を見るまでもなく、森、緑の大切さは知っていたが、人間の精神にこれほど影響しているとがと、改めて驚かずにはいられない報告。
森林欲、やっぱり意識しているという報告は、驚かずにはいられなかった。
近年のこうした研究により、
自然の中で過ごすことは脳卒中での生存率が上がったり糖尿病のリスクが下がったりといった健康面でのメリットや、幸福度を向上させる効果があると判明しているらしい。

スマホカメラを愉しむ 優しいねぇ 楽しそうだねぇ ほほほ フフフあらーお喋りを楽しむ娘さんたちの声が聞こえる

マンションの近くのドトールで
ベトナムから来ているスタッフの女性に
「As Time Goos By」と言ったら
「…」
でネットで
1円で買ったカサブランカの英語の台本を見せ
指さすと
OH
As Time Goos By…
上手な発音で(笑い)
そして
「流れにしたがって」と
日本語もつけて…
時々
彼女をつかまえてはやているのだけれど
楽しいねぇ

ああ美味い 牡蛎のぶっかけ 温まる

風呂行って
買い物をして
その帰り
ドトールに寄ると
「お客様 今日は何をつくるんですか」
と若い女性の店長が…(笑い)
僕のブログ毎日見てくれてるんだ嬉しいね…

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます