フォトエッセイ

ガウディー?早稲田鶴巻町 学生街の中心 スマホしかなかったのでスマホで撮影

投稿日:

まるでガウディー そう思うよね

ガウディーとは、サグラダ・ファミリア(聖家族教会)など、手掛けた作品(建物)が世界遺産に登録されている、アールヌーボー期に活躍したスペイン出身の建築家。

早稲田鶴巻町の交差点で、エッと思って、スマホのカメラで撮ったのだが、撮りながら、
「この建物 記憶の中にある」
そう思って眺めていたら、鮮明ではないが、蘇ってきた。

媒体は確か「週刊時事」(時事通信社)だったかな、取材した記憶が。

建てたのは建築家の梵寿綱(ぼん・じゅこう)氏。
そうだった。
「ガウディを意識したのではない、独自の発想で、最も落ち着ける(安らげる)空間、それを求めたら、それは体内。そういうのを意識してつくったのがこの建物」確か、そういうようなお話を伺った記憶がある。

入り口を入っていくと、まさにそういう感じがした、そんな記憶が蘇ってきた。
確か、僕が出版社をやる前だから、40歳以前。ということは、30年以上も前のこと、改めて、驚いてしまった。

それにしても、スマホのカメラ、凄いね。

なめていたが、とんでもない。
一眼レフに比べても遜色のない描写力に、これまた驚かされてしまった。
スマホカメラなら、ポケットにいつも入っているので、ハッと思ったらいつでも写真が撮れるから便利がいいよね…
もっともっと、活用すべきだなと思った。
だって、いくら腕自慢(僕にはそんなスキルはないけれど)と思っていても、カメラがなければ、写真は写らないないものね。
そう、写真は現実が全てで、シャッターを押さなければ写らないのだから…
ハッと思ったら、記録に残す。写真さえあれば、文章なんていくらでも書けるから。
しかし、その反対は大変だよね、
ここに、こういう写真が欲しいんだけど━そう思っても、そのイメージに合った写真とるのは大変だから。

驚きついでにもう一つ。

それはグーグルの音声入力。
取材してきたICレコーダーを聞きながら、マイクに向かって喋れば、ちゃんと文字にしてくれるのだから。
僕はメモを取るのうまくないので、レコーダーを使っているのだが、文字起こしするのが大変だったのだけれど、
聞いて、大事なところをしゃべって文字にしておけば、安心して忘れられるから…

 

それにしてもレコーダーって面白いね

聞いていると
「エッ こんなことをしゃべってた」というのが結構あって、デティールをつかむのにとても助かるの。
これもあらたな発見だった。
文明って凄いね、
もっと早くにこういうの出来ていれば、もっともっと仕事、できたのに(笑い)ね。

 

 

-フォトエッセイ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

絶滅危惧種、エンビセンノウ、いつまでも残したいよね、美しい花

目次この花を見て線香花火を連想してしまった忘れえぬ思いで、儚い夏の夜の風物詩 エンビセンノウと言うらしい。 この花を見て線香花火を連想してしまった 線香花火 (ススキにカラ松と言っていた) に似ている …

コロナ、なんとかならないのかねぇー

目次コロナなんとかならないのかねぇ何か一人だけいいことしているな…それって何…言えない法律があって言えないんだよでもこの話、何か裏があるでしょう今日は久しぶりに、かつての飲み仲間のギターの先生と コロ …

「あつもり」何と思ったら「あつまれ森の動物たち」というゲームのことだったんだ。

目次孫に、「こんなのどう」って見せたら、「アッ あっもり」っていうから、「なに」って聞いたら、ゲームのことと。「あつ森」面白そう どんなゲームか調べてみたストーリー(設定)には矛盾があるけれど、そこは …

カラス

目次カラス、どう猛なイメージだったけど、カワイイじゃんカラスの研屋というのが、昔いてね…とっても人懐っこいカラスで、いろんな芸もやったんだと思うけど、マスコットとして人気だったの カラス、どう猛なイメ …

秋に思うと書いてしゅうし(秋思)と読む。やっぱり秋は物思う季節なのだ

目次春愁秋思(しゅんしょうしゅうし)歌に託して思いが言える詩人、いいねみんなの休日には、やっぱり、独特の空気感がある 春愁秋思(しゅんしょうしゅうし) 春の日に感じる憂鬱と、秋に感じる寂しさのこと。 …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます