コラム フォトエッセイ 写真エッセイ 思いつき 雑記

自分の媒体を持つ。そういう世界の中で生きてきたものにとって、それは、何ものにも代えがたいものなのである

投稿日:

僕がSNSを始めた目的、

それは、自分の媒体として、撮ったり書いたり、人と会って得た
「ちょっといい話し」
などを紹介できたらいいなということだった。そう、
そういう世界の片隅で生きてきた者にとって、自分の媒体を持つということは、何にものにも代え難いものなのである。

媒体に広告代理店がついて初めて━という意識が頭の片隅にあるから、それにこだわってみた

さらに言えば、
その媒体に広告代理店がついてくれ、幾らかでも収益が上がるようになれば最高なのだが…

そう思っていたら、
グーグルのアドセンスという資格を取れば、そういうことができるよと、人から聞いて始めたところ、うまく合格して、
「撮って書いてワヤで笑える人生日記」
というブログを書いている。のだが、いつも、このお知らせを忘れてしまう。

というのは、
記事を書くのに、フェイスブックブが、気楽に書けるので、まず、それで書いて、そこからインスタグラムに発表し、
さらに、それらの記事を元に、タイトルや小見出しなどをつけ、形を整えたものを、ブログにアップという順にやっているから、どうしても、お知らせができなくなってしまうのである。

だから、読んで貰うためには、その順番を逆さまにしなくてはと思うのだが、

メディアミックスの効果を上げるには、記事を発表する順番も大切なのだ

一度でき上がった習慣は、なかなか変えるこよができないのだ。

しかし、そろそろ変えなければ、
理想のメディアスミックスになっていかないと思い、

昨日、何本かまとめてブログをアップ、

新た記事から
そうやっていこうと、覚悟を決めたところなのである。

外は雨 
今日は1日引き籠もりで、そういうことをしてみようかなと、思っているところなのである。

写真は大紅ウチワ 鬱陶しい梅雨の季節に、強烈な赤が印象的

-コラム, フォトエッセイ, 写真エッセイ, 思いつき, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アド街ック天国で紹介された武井商店のドレシング、美味しい

ウンいける、アッサリしていてとてもいい。
「ヘー ドレッシングが、自動販売機で売れる時代になったんだ」
そんなことを思いながら、写真を撮っていて気が付いた。
そう、女性の写真。よこに「鉄道むすめ」と書いてある。
「これは一体なんだろう」
そう思って調べてみた。

花と蝶 一枚の写真からいろんなことが思い出される。

目次蝶々で思い出したのが、画家 堀文子さん聞けば堀さんも同じベレン(アマゾンの河口都市)に行っている。 誘ったのはどちらも、植物学者の宮脇昭先生 アマゾンをモーターボートで走った思い出 蝶々で思い出し …

写真は心のビジュアル化 心に感じたことを形にする素晴らしさ

目次ただ写真を撮るのではなく、心で感じたことを形にすると、また別の愉しみが来るなら来いそうか、心の中はそのように捉えていたのか面白いねこの写真、撮ってて、自分でもそう思ったこの写真から、写真絵本という …

ショウゴ花 なんか記憶にあるなと思ったら、クロッサンドラとも言われているんだ 

目次同じ花でも、名前が違うと、新鮮な気持ちでまた撮ってしまう。キレイ、美しい 癒される なんだそんな表現しかできないのか…生意気盛り、若さゆえの、無茶な注文だった手垢にまみれた表現は避けようと思っては …

ヒヨドリ、羽を広げると、本当に美しい

目次羽を広げた写真が見せたくて、再び登場願ったの それにしても、よく撮れたよね、こんなシーン、自分でも驚いているハハハ…それから連日公園に通って、何度も何度も失敗しながらやっと捉まえたのがこれ。僕は、 …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます