フォトエッセイ

ベコニア?シューカイドウ? 写真を撮って検索する度に出てくる解答が違うんだけど 

投稿日:

シューカイドウ科は学名で「Begoniaceae」ベコニアはもともとシューカオドウ属を表すのだそう。

なんだかややこしいね。
僕にとっては、「キレイな花」 「可愛い花」それでいいんだけどね、でもやっぱり、「これなんていう名前の花」と気になる人もいると思うから、一応調べるよね、でも、検索かける度に表記が変わると、「エーどっち」と思うから、名前出すのやめようかなと、思うけど、今回は、その曖昧さが面白かったので…
これで、まったく違う名前だったりしたらズッコケルけどね(笑い)

ついでながら、ベコニアとは 調べて見た

ベゴニアはシュウカイドウ科ベゴニア属に属する植物です。
約2000種の原種があり、そこから生まれる交配種に至っては星の数ほどあり、
幅広いバリエーションがある」(花郷園)のだそう

シュウカイドウは

シュウカイドウ秋海棠、学名:Begonia grandis)は、シュウカイドウシュウカイドウ属(ベゴニア属)に分類される多年生草本球根植物である。和名は中国名「秋海棠」の音読み。(Weblio辞典
江戸時代に中国から渡来した帰化植物だそう
こういう説明を読んでも、僕には内容がなかなか理解できないんだよね、そう、詳しくみればみる程、頭の回線がもつれてしまうの。
だから、植物に詳しい人、凄いと敬服してしまう。

ということで、今日は美しい花 可愛い花で

なんとなく、振袖を着た女性たちが、甲高い笑い声をあげながらお喋りしている、
そんな場面が僕の脳裏には浮かんでいるのである。

「京の五条の糸屋の娘 姉は十八、妹(いもと)は十五 諸国大名は刀で殺す 糸屋の娘は目で殺す」
これは、中学か高校の頃に習った、文章の書き方のお手本として出てくる有名な言葉で、起承転結の成り立ちを説明したものなのだが、番茶も出花の美しい娘さんということで、つい…
そう、いつもの連想ゲームという奴で…

レンブラントの絵のように、ちょっと色調を落としたシットリとした写真もいいが、別世界の明るくて美しい写真もまたいい。

そう、僕にはこれという拘りがないから、その時々の気分で楽しめばいいと思っているから(笑い)
そう、だからいつまでたっても、うだつがあがらないのかもね(笑い)
だって主張がないんだもの…

 

 

 

-フォトエッセイ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ヘリコニア まるでオウムの嘴 鳥によって受粉する鳥媒花なのだそう

なんか、ピカソの絵を見ているみたい。
シンプルだけど、中にはいろんな哲学が詰まっているから、強烈なインパクトで何かを訴えてくる。
もしかしたら、その日の気分によって、語りかけてくる内容が変わってくるのでは…そんなことを意識して描かれた作品。
僕にはそのように思えたのである。

ここは調布市深大寺

目次ネットで調べると「営業中」になっていたのに、休みだった8人でステーキを食べるのはOKなのに、公園はダメなの、なぜ、入園料が安いから…いいね、この雰囲気、この情緒…ところで、植物園は神代で、お寺は深 …

茄子・南瓜の煮物といっても、チンで作る簡単料理だけど美味しい

それにしても、料理って、たまに作るととっても楽しい。
これこそクリエイティブの世界、物作りの楽しさだなと、いつも思うのである。
だって料理を作っていると、いつのまにか「無の境地」に入り込んでいて、気持ちがいいんだもの。
何かに集中していると、いつの間にか全てを忘れて無の境地へ。
これを「三昧」というのだそうだが、体験から言葉の意味を考えると、
「ああ、そういうことか」と、よく分る

サルの会議に潜入 テーマはコロナ 長い沈黙 出した結論はマンボー

目次たまには こうして仕事したふりをしなければねなんだか知らないけれど、いやな世の中になったねぇ…「大きな鼻が男前? なぜテングザルの鼻は長いのか – 京大が解明」野生のテングザルはハーレ …

アドセンスでの収益を目標に、年甲斐もなく勉強を始めたの、行き先のない明日が不安だから

目次またまた「君の名は…」になってしまったこれも、コロナで閉鎖される前に、公園でとった写真。実は昨日、写真を撮りに行こうと思ってたのだけれど、荷物が届くという知らせが来て今、ネット社会で活躍している多 …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます