フォトエッセイ

ベコニア?シューカイドウ? 写真を撮って検索する度に出てくる解答が違うんだけど 

投稿日:

シューカイドウ科は学名で「Begoniaceae」ベコニアはもともとシューカオドウ属を表すのだそう。

なんだかややこしいね。
僕にとっては、「キレイな花」 「可愛い花」それでいいんだけどね、でもやっぱり、「これなんていう名前の花」と気になる人もいると思うから、一応調べるよね、でも、検索かける度に表記が変わると、「エーどっち」と思うから、名前出すのやめようかなと、思うけど、今回は、その曖昧さが面白かったので…
これで、まったく違う名前だったりしたらズッコケルけどね(笑い)

ついでながら、ベコニアとは 調べて見た

ベゴニアはシュウカイドウ科ベゴニア属に属する植物です。
約2000種の原種があり、そこから生まれる交配種に至っては星の数ほどあり、
幅広いバリエーションがある」(花郷園)のだそう

シュウカイドウは

シュウカイドウ秋海棠、学名:Begonia grandis)は、シュウカイドウシュウカイドウ属(ベゴニア属)に分類される多年生草本球根植物である。和名は中国名「秋海棠」の音読み。(Weblio辞典
江戸時代に中国から渡来した帰化植物だそう
こういう説明を読んでも、僕には内容がなかなか理解できないんだよね、そう、詳しくみればみる程、頭の回線がもつれてしまうの。
だから、植物に詳しい人、凄いと敬服してしまう。

ということで、今日は美しい花 可愛い花で

なんとなく、振袖を着た女性たちが、甲高い笑い声をあげながらお喋りしている、
そんな場面が僕の脳裏には浮かんでいるのである。

「京の五条の糸屋の娘 姉は十八、妹(いもと)は十五 諸国大名は刀で殺す 糸屋の娘は目で殺す」
これは、中学か高校の頃に習った、文章の書き方のお手本として出てくる有名な言葉で、起承転結の成り立ちを説明したものなのだが、番茶も出花の美しい娘さんということで、つい…
そう、いつもの連想ゲームという奴で…

レンブラントの絵のように、ちょっと色調を落としたシットリとした写真もいいが、別世界の明るくて美しい写真もまたいい。

そう、僕にはこれという拘りがないから、その時々の気分で楽しめばいいと思っているから(笑い)
そう、だからいつまでたっても、うだつがあがらないのかもね(笑い)
だって主張がないんだもの…

 

 

 

-フォトエッセイ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

葉っぱの名前はわからないが、逆光で透けて見える、その美しさ、美しい色に惹かれて撮ってみた。

目次逆光で透ける葉っぱ、その色に惹かれて太陽のつくりだす魅惑の世界自然って、素晴らしいアーチスト、葉っぱ、その模様を見る度に思うのであるやることはいっぱあるんだけどね、トホホ… 凄いね、毎月一人でも、 …

バラ クレオパトラ シーザー シャネルNO5

目次バラの精油には、人間を元気にする活力があるなんであった、クレオパトラそれにしても、タブレット、本当に有難いねクレオパトラとシーザーとの出会いそこで出て来るのが、バラと、バラの精油(エッセンシャルオ …

葉っぱのバトル 昨年も似たような写真撮っているのだけれど、また撮ってしまった

目次「葉っぱの喧嘩」僕にはそのように見える心次第で、物の見え方は変化する「今日はどんな発見があるか」それが楽しくて散歩に出るの人と話すの、だんだんとめんどくさくなってきたので、最近はもっぱらこれ 「葉 …

グミの実 不思議な果実 ちょっと酸っぱくて甘くておいしいのに販売用栽培はないらしい

目次なんとなく郷愁を誘う果実グミ赤い実を見ると思いだす甘くて酸っぱくてちょっと渋い独特のあの味昨日は元スタッフの女性にきてもらって、久々の喧々諤々 なんとなく郷愁を誘う果実グミ 梅雨時に赤い実が目に飛 …

櫻と瓦屋根と青い空が美しい、東郷寺は、京王線多磨霊園駅のすぐ近く

目次ヘー 東京 しかも新宿から目的のお寺まで約1時間 驚いてしまった。マーフィー博士の法則ではないけれど、人が居て欲しくないところに限って人がいる電車の中で人のブログ読んでいたら、ちょっとショックな記 …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます