フォトエッセイ

東京、新宿の森 でも、東京の森で検索しても出てこないよ。でもこれ、森だよね

投稿日:

新宿駅は、下の白いラインの右端から1センチ位、右に行ったあたりか。

僕のいるマンションは、左の白いラインを下に行って数ミリ位かな、だってここまで3分位だもの。
上の白いラインの左端の向こうが国立競技場、真ん中当たりが神宮か。
そして、上の白いラインから少し上にいくと、青山…
青山にはフォアグラのステーキを食べさせる店があってね、よくパーティーで使ったの。

地形というのは、慣れないと、難しいね…

これじゃー、初めて来て、公園でなかったら、すぐ遭難だな(笑い)
これは(写真は)、時々、僕が言ってボンヤリしているモスバーガーの窓越しの風景。
この風景を見て、東京、しかも新宿だとは思えないよね…
疲れたら、ここに来て、コーヒーを飲みながら、ボーとしてるの。
この森があるから、新宿御苑前周辺にいれば、元気でいられるのだと僕は思っているの。
もう20数年、ここにいるが、病気しないもの。
風邪、一回位ひいたかな…
でもあれは、クーラーのせいかもしれない。
しかし、若い頃は公園が、こんなに近くにあっても見向きもしないで、
行っていたのは、下の白い線のちょっと右の方にある歓楽街ばかりで、
「御苑といういい所に居ながら、たまには桜がキレイとか、紅葉がキレイとか言って誘ってはどうですか」と、元カミから散々、嫌味を言われた記憶がる。

だって、その頃は何をやっても楽しくて、時間がなくて、公園なんか、ノンビリ歩いてられなかったものね(笑い)

公園に行くようになったのは、ここ10年位かな

ビジネスモデルが変わって、齢をとって、人生に少し疲れ感じるようになってからだものねぇ…
人間って、勝ってなもんだよね、その時に置かれた環境、境遇によって、考え方がコロコロ変わるんだから…

今になって考えてみて、よく、この場所に目をつけたなと感心している。

だけどね、御苑前がお洒落になったのは、つい最近なんだよ。
それまではなんか忘れられた町という位、しょぼくれてたんだから…
でも今は、
「どこにお住まいなんですか」と言われたら、
「新宿御苑です」と胸張っていえるものね。
だけど、日銭稼ぎの仕事で時々、
「どこから来てるの」なんて聞かれたりすることがあって、「御苑」というと、「エッ ホームレス」と(笑い)怪訝な顔で…
そういう時には
「ハイ そうです」と躊躇なく(笑い)
実際には、時間が来ると、御苑の門は閉められるので中で寝泊まりはできないのだけれどね。

たまたま、昨日、公園に行って帰り、疲れたので、ハンバーガーを食べに行って、この写真を撮ったので、新宿の森について書いてみたの。
そう、僕のお気に入りの場所からの風景ということで…

 

-フォトエッセイ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

美しい そう思った瞬間にシャッターを切っていた高尾の山の白いアジサイ

決して華やかではない。飾りもない。シンプルにただ咲いているだけ。
しかし、姿、雰囲気という奴にに魅せられたんだね…
もしこれが人だったら、僕はどうするんだろうか(笑い)

ヘリオトロープ 前にこの写真、一度出しているのだけれど、ちょっと気になることがあって、再び

目次ヘリオトロープヘリオトロープの香水は、二人の出会いのところで使われた、小道具だった難しいね、男とと女の言葉にできない心の綾… ヘリオトロープ 前にこの写真、一度出しているのだけれど、ちょっと気にな …

イロハモミジはなんでいろはなの…

目次最近覚えた、タブレットの検索が便利でとても素晴らしい タブレットで写真を撮ればなんでも教えてくれる 片方で便利さを享受しながら、片方で、その便利さを酷評している。 自分でも可笑しいと思うが、そうな …

秋に思うと書いてしゅうし(秋思)と読む。やっぱり秋は物思う季節なのだ

目次春愁秋思(しゅんしょうしゅうし)歌に託して思いが言える詩人、いいねみんなの休日には、やっぱり、独特の空気感がある 春愁秋思(しゅんしょうしゅうし) 春の日に感じる憂鬱と、秋に感じる寂しさのこと。 …

緋ねむは、いわゆる日本のねむ(ねぶ)ではない…

目次ネムと緋ネム芭蕉が詠んだねぶの花西施は中国古代の四美人の一人ネム、漢字で書くとなぜ合歓 合歓(ネム)に似ているが、緋ネムはネムではないらしい。 ネムと緋ネム 見た瞬間、「アッ ネムか」 そう思って …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます