コラム フォトエッセイ 写真エッセイ 雑記

美しいねぇ、カワセミ、まさにまさにまさに…いつ見ても感動する

投稿日:

カワセミ 翡翠 本当に美しい。

昨日昼過ぎ、
京王線「つつじが丘」の駅から、野川を目指して歩いていたら、
途中、道路の修復工事をしている所があって、そこに立っている高齢の警備員がカメラを見て、
「この人は鳥を撮りに野川に行く」と判断したのだろう。
「あそこのT字路を左に行くと学校がある。そのフェンスを右に真っすぐ行くと橋に出る。その橋の左側、さっき、そこでカワセミ見ましたよ」と教えてくれた。
言われた通りに歩いていくと、いた。
何はともあれ、シャッターを切る。
モニターを見る
全然デタラメ。
慌てて感度を上げ、高速シャッターが切れる状態にセットして、露出を整えて撮り直す、
セットは出来たが、顔の向きが気に入らない。
しかし、撮っておかなければならないのだ。
スッといなくなるからね…

シャッターを切ってから待っていると

一応撮れたので、安心して横を見ると、
30歳位の女性が、自転車を止めて、それを見ていた。
モニターに写真を映し出して見せると
「ヒヤー、キレイ」
感嘆の声をあげて、喜んでくれた。

そんなことをしているうちに、ポーズが少し変わったので、再びシャッターを入れる。
気が付くと、高齢の男性が横にきて、写真を撮っていた。

「これくらいゆっくり撮らしてくれるといいですよねぇ」

そういうと、
「この鳥、あっちの橋のところにいたの」
そういって、撮った写真を見せてくれた。
「上手い」
思わずそういって、こんどは僕が驚きの声を発してしまった。
「僕のより断然いい」
そういって、互いに写真を見せ合って、スッカリ意気投合。
話ているうちに、都の広報で写真を撮っていたということが分かった。
なる程と、納得。
退職した後は新宿御苑で数年間ガイドをやり、今は愉しみとして写真を撮っているらしいのだが、
時々、コンテストに出して賞をもらっていると。
住まいがぐ近くで、散歩がてらに毎日ここにきて撮っているのだそうで、どの辺りに何がいるというのがインプットされていて、それを教えてくれたの。
そういう情報、とても大切なのである。
で、お互い、アドレスを交換しあって別れたのだが、
こういう人がいてくれると、とても助かる…
それにしても、カワセミを撮るともう後、撮る気がしなくなって、隣の駅「仙川」の温泉に入って帰ったのだが、
写真を撮って、温泉に入ってゆっくりくつろぐ…いいねぇ…
エッ そう、昨日は、一昨日に
「相談なんですが」
というメールが来て、基本的に僕は金、土、日を自分の時間にしているのだが、
「水曜日休んで金曜日出てもらえませんか」ということだったので、「いいですよ」ということで、昨日は休みだったの。
だから金曜日にする予定を昨日したのだが、好きなことを三昧して、とっても充実したいい日となったのである。

「超越」とはこういうことを言うのではないだろうか

マズロー博士の欲求の5段階は有名だが、最後に「超越」というのがあると博士は言っているである。
で、「超越とは何か」と思って調べると、
心理学者M・チクセントイハイ博士によって提唱された「喜びの現象学、フロー体験」と同じで、
「自分のやりたいこと、例えば、画家が絵を描く、小説家が小説を書く、音楽家が音楽を奏でる、そういう世界に没頭した時に感じる幸せ感、充実感」をいうらしいと、
言葉を変えれば、それって「極楽」ということ…
貧しくても、そういうことが味わえる環境にいられることを幸せと思わなければね…
温泉につかりながら、そんなことを感じた一日だった

-コラム, フォトエッセイ, 写真エッセイ, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

南洋ソテツの実

目次ワッツ ターコイズがいっぱい指輪に凝った時期もあったなぁ心の中にある好きが、表面からは見ることは難しい世界を見せてくれた知れば知る程面白い植物の世界(宇宙)今日植物園に来たのは、現場でなければわか …

スミレなんだけど ああ、スミレと一言では片づけられないんだよね、本当は

目次ひと花ひと花に表情があるこの発見は、とても嬉しい発見だった。その人にしか言えない、さりげないひと言の名言 ひと花ひと花に表情がある 面白いね、よく見ると、 ウインクしている奴、 怒っている奴、 笑 …

高齢者が願う心の充実、その妙薬は

目次心 内なる世界の充実について 思わぬところから原稿の束が、これは、形にしろというサインか?よし、電子書籍にしようなんたって、今は電子書籍。高齢になると、見えなかったものが見えきた(そんなような気が …

鳥の「飛ぶを撮る」に挑戦。なかなか難しい 粘るしかないね

目次やっぱり使い慣れたカメラが撮りやすい 写真集には、いろんなバリエーションの写真が必要なのだ 写真を並べていくと、そこに、一つのストーリーが生まれてくるこの写真、なんか捨て難い。 欠陥写真だからこそ …

ダリア ラベンダースカイ 大輪の華やかさが人気らしい。

アッいけないダリアだったね、
そこにオリジナル性が残っているのかどうかは知らないけれど、「美しい花」という意味においては、そういうことはもはやどうでもよくて、それを見た人が「美しい」と感動すれば、それが花(華)なんだよね、と僕は思う。
そして、写真とは、その美しさをどう伝えるかということだと思うけれど、なかなか難しい。だから、何回も何回も、年年歳歳、その季節がくれば、その花を撮っているのだが、
「よっし」というのは、なかなかできない。

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます