フォトエッセイ

桃、意識するのはやっぱりピーチラインだよね、エツ アア、撮影の話

投稿日:

ピーチジョーンが女性の下着のメーカーなんて、普通、男は知らないよね(笑い)

エッなんでそれを僕が知っているか…
ああ、それは、体形補整下着といのが人気だったころ、そういう下着の本を何冊か作ったから。
そうそう

「寄せてあげて」というのがキーワードになっていた頃。

思えばあれで、女性起業家が一気に増えたと僕は思っているんだけどね。…
うん、面白かった、とっても、
セミナーとかいうので、随分外国、しかも、ペニンシュラとかハレクラニとか…
最高のホテルに泊めてもらって、美味しいものを食べさせてもらって、美女に囲まれて…

いい時代だったなぁ

あれは、確かに理屈には合っていた。

正装する時には、今でもあれは、必要なアイテムと思っているもの。
ぞう、やっぱり服はスタイルだものねぇ。
まさになさにまさに…

映画、風と共に去りぬの、あの一場面だよねぇ…

そう、コルセットをグッと締める、あの場面…
ピーチジョーンというのが、女性の下着のメーカーで人気があるというのも、その頃、情報としてね…
桃を買って、さて、どういう風に写真を撮ろうか、そう思って眺めていたら、桃の形からついアハハ
実は、アイキャッチで使った写真の他にこんなのも撮って、どちらを使おうかと悩んだのだけど、
オーソドックスで行くことにしたの。
インスタグラムは写真一枚しか出せから。
でも、フェイスブックには2枚出せるので、やってみよう。

意識したのはもちろん、ピーチライン。

だって、桃の形、どう見てもそうだものね(笑い)

実は、友達に、普通のマッサージではないマッサージをする人がいて、
その人の紹介で、そういう方面の取材も随分して「アゲインウーマン」(女の更年期を考える)
というの、400字詰め原稿用紙で300枚程書いているんだけど、ちょっとね、出す勇気がなくて…
その別企画で、手と足の表情で写真集を作ろうという話が盛りあがって、素晴らしい写真(多くはないけれどおあるんだけど)、これもやっぱり勇気がなくてアハハ
取材者、それは一つの特権だね、
普通じゃなかなか聞けないことでも、インタビューとなると、ズバっといけるから面白いね、だって真剣勝負だもの。
でもこれ、永遠にお倉入りかな(笑い)
ラッキーというか、不思議というか、本当にいろんなジャンルに首突っ込んでいるねぇ、
もしかして、こういう人、稀なのかも知れないね、そんな気がしてきた。自慢にもならないね…(笑)

 

-フォトエッセイ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

珍しいねぇ今時こんな風景…思わず郷愁の世界へと誘いこまれてしまった。

目次東京で、まさかこんな風景に出会うとは…僕にも、そういう時代があったんだ。遠くに来たんだなと、つくづく思う。電子書籍であれ、紙の本であれ、自分の撮ったり書いたりしたものが、こうして本という形になるこ …

美しさとは、白鷺が、それを教えてくれたのだった 

目次美しい写真を撮っていると、本当にいろんなことが学べる。そうか、スキルとは、その瞬間をとらえるための技術。 なんとなく、そんな気がしてきた。でも、こういう訳の分からないメモ、結構好きなんだよね(笑い …

セミの種類 調べてみたけど、難しい 分かったのはクマゼミとアブラゼミだけ

郷愁を誘うヒグラシの声
夏の終わり、森の中を歩いていると「カナカナ カナカナ」と小さな声で聞こえてくるヒグラシの声を聴くと、「Aa」と、ちょっとセンチな気分になるんだけど、情緒があっていいよね。

婉容(えんよう) で優雅で清々しい水連の花

目次この花 どう表現したらいいんだろう表現とは、 「感じた心模様をストレートに…」「婉容(えんよう) で優雅で清々しい」というのはどうだろうか、 この花 どう表現したらいいんだろう 美しい花をみて「美 …

美しい そう思った瞬間にシャッターを切っていた高尾の山の白いアジサイ

決して華やかではない。飾りもない。シンプルにただ咲いているだけ。
しかし、姿、雰囲気という奴にに魅せられたんだね…
もしこれが人だったら、僕はどうするんだろうか(笑い)

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます