コラム フォトエッセイ 思いつき 雑記

西武線電車

投稿日:

習慣って凄いね

今日は休みだから、起きなくていいのに、いつも起きている時間が来ると、目が覚める。
習慣って凄いね。
起きてしばらくボーとしてから、
夜のうちに買っておいたセブンの冷めたコーヒーをゴクリと飲んで、コンピュータ(XP)のスイッチを入れる。
そして、デスクトップにある写真をバーと見て、
コレと決めたら、それに額縁をつけ「photo by gatokukubo」と、クレジットを入れ、そのデータをUSBに入れ、「10」を立ち上げ、デスクトップにデータを移してから、グーグルクロムのマークを叩いてワードプレスの「ダッシュボード」をクリックして、
さらに「新規追加」をクリックして、今日書く記事のタイトル例えば「西武線の電車」と入れる。
そして、さっきデスクトップに移した写真を「メディアの追加」というので入れて、記事を書き始めるのである。
その段階までは、何も考えていないのだが、気がつくと、こういう風に記事が進んでいるの。
ここまでが340字。

まさにアドリブ、いい加減。

なんで、この写真を選んだのだろうと考えると、
昨日、メールで、
「あなたの写真が販売されました」という知らせがピクスタという販売サイトから来ていたからに違いない。
「ピクスタ」というのは、ビックな写真の販売サイトで、何年か前に100点程、ここに出品したままで、その後、全く増やしていないのだが、西武線の駅とか踏切とか、神社の写真がよく出ていくの。
でも、それらの写真は、「定額制」という販売方法でダウンロードされるので、印税程度にしかならないのだが、今回は単品(と言っても数千円だから大したことはないんだけれど)買われていたので驚いて、それで、西武線の写真を選んだのだと思う。

多くの写真の中から自分の写真が選ばれる…喜び?

それで儲けるつもりでやっているわけではないから、幾らでもいいんだけれど、
こうして、多くの写真の中から自分の写真が選ばれる、しかも有料でというのが楽しいよね。
写真の場合は、売るといっても、一回の使用権を売るわけだから、何もしなくていいのがいいよね。
こうなってくると、また少し補充しようかななんてね(笑い)
多分、僕の場合は、一回で40点位審査が受けられるはず、
そうなの、出品するためには審査を通さなければだめなの。
審査とは、表現とか、そういうことではなく、印刷に耐えられるかどうかを調べるというもの。
したがって、データは確か3000ピクセル×2700ピクセル’(うる覚え)以上で、ピント、色調、コントラストを見るために、大きな画面に写してやるらしい。
だから、いい写真でもブレたりしているとダメで、それでNGになる写真も結構あるのだ。
審査と聞くと、つい表現(芸術性)と思ってしまった最初の頃は、それでNGをだされた記憶がある。
しかし、分ってしまえば、そうなんだ…
だってここは、素材としての写真を売るところだから…
それにしてもネット、本当に面白いよね…

これこそまさにパラダイムシフト、

昨日、知り合いが、
「ちょっと教えて欲しいんだけど」と言って尋ねてきた。
教えるというより、ほとんど雑談だったのだけれど、
部屋に入るなり、コンピュータがずらりと並んでいるのを見て(古いのばっかりだけど)驚き、
「よく、その歳でコンピュータ扱えるね」というので、
「やってるのは、慣れてることだけ、まったく分からないよ」と。
だって僕の場合は砂上の楼閣で、基礎がないんだもの…
人生もまさにそうだった(笑い)
砂上の楼閣では、やっぱり最後は崩れるよね…(笑い)

-コラム, フォトエッセイ, 思いつき, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

オンシジューム エンターテイナーでミュージカルが好きなの

目次オンシジュームさん 今日のテーマは何?最近は 花の方から「おじさん オジサン」と呼びかけてくれるようになったの オンシジュームさん 今日のテーマは何? 今日は、カーペンター 木のお家ってとてもいい …

珍しいねぇ今時こんな風景…思わず郷愁の世界へと誘いこまれてしまった。

目次東京で、まさかこんな風景に出会うとは…僕にも、そういう時代があったんだ。遠くに来たんだなと、つくづく思う。電子書籍であれ、紙の本であれ、自分の撮ったり書いたりしたものが、こうして本という形になるこ …

バレリーナ エトワールなの フクシアジョイパットモアというチーム   

目次バレリーナには いろいろ階級があって、エトワールになるのは大変なの 苦しくても、それを感じさせないで、いかに優雅に楽しく見せるか、これが勝負なんだフクシアの歴史を調べてみると バレリーナには いろ …

ワタシ歌う人(鵜)ワタシ踊る人(鵜)宴会 本当に楽しいね

目次歌って踊って ああ楽しぃ お座敷いいよね、病みつきになるよねきっと、僕もやってみたいワクチン 打つのも怖いし打たないのも恐いお金というのはね、生きて使うものなの。死んでからもらっても意味がないの …

ヘマンサス(多分)それにしても大胆な写真 こう撮るしかなかったという感じ (笑い)

技術、そんなものは習うものじゃないんだよ。
あるレベルまできたら、これをこう表現したいんだけどどうするかというのは自分で考えるものだもの━といつも言っている。
そう言えば、文章も、手垢のついた言葉をずらずら並べても、人を感動させることはできないというのが、いろんな本の随所に書かれていた。
いかに表現するか、それを考えるのが、写真の面白さだと 最近僕はつくづく思うのである。

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます