フォトエッセイ

セミの種類 調べてみたけど、難しい 分かったのはクマゼミとアブラゼミだけ

投稿日:

ツクツクボーシとミンミンゼミ スマホの写真検索ではそう出てくるのだけれど、僕にはその違いが分からない

いろいろ撮っているようで、パッと出てきたのはこれけ。
記憶の中には、もうちょっと違った写真があるんだけどね…

鳴き声で知っているのはミンミンゼミ、
「シャーシャーシャー」と鳴くクマゼミ(僕たちはオーシャーと言っていた)。
「ツクツクボーシ」と鳴くツクツクボーシ。
「カナカナ カナカナ ヒグラシと…」と歌にもなっているヒグラシ。
文学を感じさせるこのセミがどういうセミなのか、見てみたいんだけど…

郷愁を誘うヒグラシの声

夏の終わり、森の中を歩いていると「カナカナ カナカナ」と小さな声で聞こえてくるヒグラシの声を聴くと、「Aa」と、ちょっとセンチな気分になるんだけど、情緒があっていいよね。

セミの鳴き声がうるさいというクレーマー

でも最近は、
「セミの声がうるさい」と役所にクレームを入れて、
「木を切れ」と凄むクレーマーがいるというのを、ツイターか何かで見た記憶がある。が、
マーネー、
確かに環境が変わって来ているから、一概にダメとは言えないけれど、やっぱり風物詩、季節の声…
「風流を楽しむ」くらいのゆとりは持っていたいよね。

僕の場合はそれしか楽しみがないんだけどね。

だって、他の楽しみをすると、お金がかかるもの。
だから、極力シルバーパスを使うようにしているんだけれど、すぐに減ってしまう…
タバコを止めてもう何年にもなるのに、あのお金はどこに行ってるんだろうね…(笑い)
決断してグット堪えてもう8年位か。
でも、健康についても何も感じないし、タバコの弊害って本当にあるのかねぇ…
またまた話がとんでもない方に流れてしまった。

そうそう、セミの話だったよね

鳴き声は聞こえても、セミ、なかなか見つからないんだけれど、
ところが、耳を澄ませて声のする方向をじっと見ていると、目が慣れてくるのか、急に見えるようになってくる。

不思議なことに一匹見つかると、次々と

ああ、あそこにもここにも、そして鳴き声から、
「アッこのセミ、そろそろ飛ぶな」というのまで分かってくるようになるから面白い。

やっぱり、情報収集なんだね。

情報はポツリポツリではなんの役にも立たないけれど、
知りたいことに対して、溢れるほどに集まってくると、その本質がよく分るようになってくる。それと一緒だな━と思った。
「100冊本を読めば一冊本が書ける」
誰から聞いたのか忘れたけれど、それとまった一緒。

やっぱり、昔の先輩、凄った

いろんなことを教えてくれた先輩が言った言葉で、今も意識していることは、
「一人で100冊の本を読むはきついけど、沢山本を読んでいる人に一時間インタビューすれば、50冊分は吸収できる」ということと、
「釣鐘は、打ちての力の入れ具合(配分)によって音色を変える」ということだった。
セミの話からとんでもない方に行ってしまったが、それが雑文…

僕のお婆さん(母の母)など、枝から枝へ、どんどん話が流れて行くの…
子供の頃から、そういう話し方を聞いていたから仕方がないねハハハ

-フォトエッセイ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

イロハモミジはなんでいろはなの…

目次最近覚えた、タブレットの検索が便利でとても素晴らしい タブレットで写真を撮ればなんでも教えてくれる 片方で便利さを享受しながら、片方で、その便利さを酷評している。 自分でも可笑しいと思うが、そうな …

ヘー 花びらの中って、こういう世界なんだ。皇帝ダリアなんだけどね

目次「君の名は」そのちょっとの縁「袖すりあうも他生の縁」それが書きたくてちょっと主人、迎にいってきますレコード買ったら重くて、そりゃそうだよ、パッと見て10枚はあるもの挨拶程度の軽い話が、なんとなんと …

これ楽譜?いろんなことを空想して遊ぶ遊びこそ楽しい

目次天才はどこからでも閃きを感じる音楽ではないけれど、確か、「ビューティフルマインド」という映画だったと思う。を、この写真から連想したのだった見よう見まねでつくった僕の発想法バカで暇人でなけれはできな …

ネェーネェー チューしよう エーこんなところで、恥ずかしいよ

目次そんな誘われ方してみたいねハハハ昨日、何十年かぶりかに、野川を歩いた。水のある風景、いいよねぇ そんな誘われ方してみたいねハハハ 「ネェーチュウーしようよ」 どっちが男でどっちが女か分からないけど …

つわぶき これを、つわの花と言い換えると、格調が上がって初冬という季語になるのである

目次なんてことはない花なんだけど、色で撮らされたというか…日本語って、本当に奥が深い。一人身は、何をやっても遊びの世界、とっても楽しい。 なんてことはない花なんだけど、色で撮らされたというか… つわぶ …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます