フォトエッセイ

セミの種類 調べてみたけど、難しい 分かったのはクマゼミとアブラゼミだけ

投稿日:

ツクツクボーシとミンミンゼミ スマホの写真検索ではそう出てくるのだけれど、僕にはその違いが分からない

いろいろ撮っているようで、パッと出てきたのはこれけ。
記憶の中には、もうちょっと違った写真があるんだけどね…

鳴き声で知っているのはミンミンゼミ、
「シャーシャーシャー」と鳴くクマゼミ(僕たちはオーシャーと言っていた)。
「ツクツクボーシ」と鳴くツクツクボーシ。
「カナカナ カナカナ ヒグラシと…」と歌にもなっているヒグラシ。
文学を感じさせるこのセミがどういうセミなのか、見てみたいんだけど…

郷愁を誘うヒグラシの声

夏の終わり、森の中を歩いていると「カナカナ カナカナ」と小さな声で聞こえてくるヒグラシの声を聴くと、「Aa」と、ちょっとセンチな気分になるんだけど、情緒があっていいよね。

セミの鳴き声がうるさいというクレーマー

でも最近は、
「セミの声がうるさい」と役所にクレームを入れて、
「木を切れ」と凄むクレーマーがいるというのを、ツイターか何かで見た記憶がある。が、
マーネー、
確かに環境が変わって来ているから、一概にダメとは言えないけれど、やっぱり風物詩、季節の声…
「風流を楽しむ」くらいのゆとりは持っていたいよね。

僕の場合はそれしか楽しみがないんだけどね。

だって、他の楽しみをすると、お金がかかるもの。
だから、極力シルバーパスを使うようにしているんだけれど、すぐに減ってしまう…
タバコを止めてもう何年にもなるのに、あのお金はどこに行ってるんだろうね…(笑い)
決断してグット堪えてもう8年位か。
でも、健康についても何も感じないし、タバコの弊害って本当にあるのかねぇ…
またまた話がとんでもない方に流れてしまった。

そうそう、セミの話だったよね

鳴き声は聞こえても、セミ、なかなか見つからないんだけれど、
ところが、耳を澄ませて声のする方向をじっと見ていると、目が慣れてくるのか、急に見えるようになってくる。

不思議なことに一匹見つかると、次々と

ああ、あそこにもここにも、そして鳴き声から、
「アッこのセミ、そろそろ飛ぶな」というのまで分かってくるようになるから面白い。

やっぱり、情報収集なんだね。

情報はポツリポツリではなんの役にも立たないけれど、
知りたいことに対して、溢れるほどに集まってくると、その本質がよく分るようになってくる。それと一緒だな━と思った。
「100冊本を読めば一冊本が書ける」
誰から聞いたのか忘れたけれど、それとまった一緒。

やっぱり、昔の先輩、凄った

いろんなことを教えてくれた先輩が言った言葉で、今も意識していることは、
「一人で100冊の本を読むはきついけど、沢山本を読んでいる人に一時間インタビューすれば、50冊分は吸収できる」ということと、
「釣鐘は、打ちての力の入れ具合(配分)によって音色を変える」ということだった。
セミの話からとんでもない方に行ってしまったが、それが雑文…

僕のお婆さん(母の母)など、枝から枝へ、どんどん話が流れて行くの…
子供の頃から、そういう話し方を聞いていたから仕方がないねハハハ

-フォトエッセイ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

冬の陽の光がつくるアートが素晴らしい

目次いいよね、575、何はなくても、それらしくしてくれる文章で大切なのはリズム…書き出しこそ文章の命 だって書き出しが悪かったら誰も読んでくれないもの文章、あれは麻雀と一緒なの いいよね、575、何は …

美しさとは、白鷺が、それを教えてくれたのだった 

目次美しい写真を撮っていると、本当にいろんなことが学べる。そうか、スキルとは、その瞬間をとらえるための技術。 なんとなく、そんな気がしてきた。でも、こういう訳の分からないメモ、結構好きなんだよね(笑い …

もしかして竜巻 赤いのは、夕陽の反射? 怪奇現象にはちがいない

目次これは最近の写真ではありませんなぞはなぞのままの方が神秘的でロマンがある。でも、やっぱり、竜巻 どうして起こるのか気になるので、調べてみた。積乱雲とは竜巻の風速竜巻が発生する時期 これは最近の写真 …

東京の河 武蔵五日市 駅の近く 

目次武蔵五日 秋川、数馬への道…沢小屋だるまストーブのある風景休みと言えば、そこに行っていたしかし、五日市は車で走り抜けるだけだから、こんなにゆっくり見たのは初めて 武蔵五日 秋川、数馬への道… よく …

瀧と滝の違いとは、瀧の方が古いように感じるが、古いのは滝らしい

国土地理院では

「滝とは、流水が急激に落下する状態、瀑布(ばくふ)ともいう。普通は、高さが5メートル以上で、いつも水が流れているところ」としているらしい。

瀑布とは、水の落下が白い布のように見える様子を表わした言葉。

写真では、この水の流れ方を、どのように表すかと考えて、シャッタースピードを決める。
たぶん、この写真は30分の1秒位(水の流れ方から判断して高速になればなる程、流れは止まって点になる。
反対に、スローシャッターになればなる程、布のように白くなる。

タイトルの「滝」と「瀧」の違いは
ヤフー知恵袋のベストアンサー選ばれた解答によると
「滝」の方が古く「瀧」は後からできた字なのだそう。
タキは「竜、龍」という字に「さんずい」をつけたもの。
「竜」と「龍」「竜」が古く「龍」は後からできた字で意味も読みもまったく一緒。

基本的には「瀧」が基本で「滝」は古字とされているのだそう。
日本語って、本当に難しい。

滝と言えば滝行
昔、なんの雑誌だったか、
「久保さん、身延山に行って、女性が滝行している写真を撮ってきて欲しいんだけど…」
「エーと思った」が言われれば行かないわけにはいかない。
夜中に車を走らせて、その滝のあるところまで行った。冬だった。
待てど、待てど、人はいない。
「こんな寒い時に、瀧に打たれる人なんかいないよなぁ」
しかし、仕事、待って、お願いして撮らさせてもらうしかないのだ。
時計の針はもう、12時を廻っている。
しかし、しかし、しかしなのである。
「ウーン、これはもうダメだな」
そう思った瞬間だった。
30歳位の女性が現れて
「朝からずっとここに居ますけど、何してるんですか」と声をかけられた。
で、事情を説明すると
「私でよければやりましょうか」と。

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます