トレンド フォトエッセイ

冷たい白桃のお汁粉、とても美味しい、だって使ってる桃が違うもの。

投稿日:

高給桃のお汁粉、驚いてしまった。

「エッ ウソー、幾ら」
思わず聞いてしまった。
だって、
「清水白桃」と言えば桃の中の桃、岡山(産地)で買っても一つが「おっ」という値段。
絶対に1000円は超えると思っていたら、なんと800円。
そんな値段で出して大丈夫なの」
「それが、岡山の人よ」
なる程

そこまで聞いたら食べない分けにはいかないよね

でも、今日はカメラ持ってないんだよね…
しゃーない、スマホで行こう。

やっぱり、桃の写真欲しいよね

お汁粉で使う桃は、シロップで煮たのを使うのだが、やっぱり白桃、写真撮りたいいよね、そういって、箱の中から一つ出してもらった。
桃はデリケートで、触るとすぐに痛むから、煮て使うらしい。
「砂糖で煮ると日持ちがよくなる」と。

「ウーン、スマホか、…」

そんな文句をブツブツいいながら、撮らせてもらった。
白桃、やっぱりキレイだよねぇ、
「白のこのデティールがなんとも言えないねぇ」
「岡山の白桃は他県のものに比べて、やっぱり白さが際立ってますよねぇ」(ママさん)
「若い女性の透き通た肌を連想してしまった」
そういうと、
「ベビースキンでしょう」と言われて、仕方なく、
「そうだね」と、相槌を打ってしまった(笑い)

しばらくすると、四角いお盆に乗せられて、お汁粉が出てきた。

「ヘー、想像してたのとは、全然違う」
「どんなの想像してた」のとママ。
「だってお汁粉というと、普通のお汁粉しか想像できないもの…」

なのに出てきたのは「白いお汁粉」

豆はこれ、何を使ってるの。
「インゲン」
「ヘー」
「インゲンを漉し餡にしたんだ」
「そう」
お盆の横に、かき氷がある。

これ、どうやって食べるの、

「とりあえずお汁粉を一口、食べてみて」
「甘くてあっさりしていて、桃の香りがして、美味しい」
「そうしたら今度は、果肉を一緒に食べてみて」
「オオッ ちょっと酸味のある美味しい桃の味がひと際、美味さを引き出すねぇ」
「ああ、よかった」
「エッツ、だって、こんなに美味しいもの食べたことないもの…」

「そうしたら今度は、氷を入れて、一緒に食べてみて」

「ああ、冷たくて、とてもいい」
「最初は、氷、入れて出そうかと思ったんだけど、食べているうちに氷が解けて味が薄くなるから、お好みによって入れてもらおうということで、こうしたの」

「へー、それにしても、よく思いついたよねぇ…まさにまさにまさに旬のスイーツ」

「考えているのが好きなのよね」とママ
「美味しかった、とっても美味しかった。しかし、贅沢なお汁粉だよね、まさにまさにまさに、究極のお汁粉、否、究極のスイーツ。気持ちがとってもハッピーになってきたよ」(笑い)

「同郷の人はいいねせ、緊張しなくても、気軽にしゃべれるし…」
そういうと、
「初めてきた時から、全然変わってませんけど」だってハハハ

急な呼び出しで一日で二日分の収入に

その後、パール街を歩いて、フラフラと買い物をしたりしながら南阿佐ヶ谷の駅に行き、電車に乗ろうと思ったら電話が。
会社からだった。
聞くと緊急要請が来たので行ってもらえませんかという相談・
場所を聞くとと武蔵堺、内容を聞くと、行ってもいいなと思えるものだったので、OKして現場に行くと15時。
仕事は16時に終わったので、なんとなんと、昨日は、2時間、2時間働いて、2日分。
「茶とあん」で昼食と高給汁粉を食べ、パール街を歩て衝動買いしたものを合わせても、十分にお釣りがくる。
こういうラッキーがあるから辞められないよね(笑い)

-トレンド, フォトエッセイ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

白藤 シロフジ 、花言葉は、決して離れられない。それって良いことなの? 

目次藤は春の花の代表花藤の名所で有名なのは、紫色の藤は、確かに美しいが、 この花(写真の白藤)を見て以来、藤は白がいいと、僕は思い込んでしまっているのだ(笑い) 今も時々歌う「女学生」という歌 &nb …

桜だよねこれ、へー、ということは、もうスッカリ春なんじゃん

目次桜、もうこんなに咲いてんだこれ(桜の写真)スマホで撮ったの、必用な機能、全部揃ってるんだそれにしても驚いた、否 驚きの連続である電子写真はレタッチ(明るさ調整、トーンの調整など)必需品だね、 桜、 …

キンモクセイの甘く酸っぱくて、どこか切ない香りになぜか僕はセンチになってしまうのだ

目次甘くてちょっと酸っぱくて、どこか切ないキンモクセイの香り。岡山の祭り寿司渋団扇、なんと懐かしい、それで扇ぐのが僕の仕事だった祭り寿司は、とても具沢山なお寿司なのだ忘れ得ぬ思いでと言った割には…なの …

脳にも休養必用なんだってね、君にはいらないと言われそうだけどね

普通の人は、休みというと、寝る、ボーとするという人が多いようだが、スポーツ選手の休日は、積極的休日といって、例えば、マラソン選手であれば、タイムを設定しないで、リラックスして走るを楽しむなどして、ノンビリと過ごすのである。
だって、経験あるでしょう、グッと休んでしまうと、休み明けの出勤がきつくてつらいよね、あれと一緒。だから、出来る限り僕も、積極的休日という形をとることにしているの。

東京、新宿の森 でも、東京の森で検索しても出てこないよ。でもこれ、森だよね

この風景を見て、東京、しかも新宿だとは思えないよね…
疲れたら、ここに来て、コーヒーを飲みながら、ボーとしてるの。
この森があるから、新宿御苑前周辺にいれば、元気でいられるのだと僕は思っているの。
もう20数年、ここにいるが、病気しないもの。
風邪、一回位ひいたかな…
でもあれはでも、クーラーのせいかもしれない。
しかし、若い頃は公園が、こんなに近くにあっても見向きもしないで、
行っていたのは、下の白い線のちょっと右の方にある歓楽街ばかりで、
「御苑といういい所に居ながら、たまには桜がキレイとか、紅葉がキレイとか言って誘ってはどうですか」と、元から散々、嫌味を言われた記憶がる。
だって、その頃は何をやっても楽しくて、時間がなくて、公園なんか、ノンビリ歩いてられなかったものね(笑い)

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます