フォトエッセイ 思いつき

テーブルの上の片づけ、究極の方法、とにかく一旦、下に下ろして何にもなくするだった

投稿日:

よっし今日は片づけるゾー

気になっていたテーブルの上の片づけ、
「とにかく一旦、全部下に下ろせばいいんだ」
閃いたらそく実行。
テーブルの上のものを下に下ろすまでは、スムースにいった。
後は要る物と要らないものを分け、捨てることを優先してやるだけ。

ところが、いざ始めてみると、これがやっかいで

「なんでこんなに一杯あるんだよ」としまいには腹がたってきた。
そして、休憩ばかりがやたら増えて、
夕方になっても夜になっても、朝になっても、キレイなのはテーブルの上だけで、整理はまったく進んでいないのである。

「コレジャー、いつまでたってもだな」

「それにしてもごのガラクタ、いったい何なの」と思うが、それが捨てられないのだ。
「ウン、やる前には、思い切ってすてよう」と思ってるんだけどね…
「片づけるってやっぱり才能だよね、僕には無理」

しかし、このままにしておくわけにはいかないし…

ということで、これから再び整理に挑戦するんだけど、やっぱり、思い切って捨てるしかないよね…
しかししかししかし、
前回やった時もそれで大失敗。

薬を飲もうと思ったら、どこを探してもないのだ。

多分、ゴミと一緒に捨てたんだと思うけど、えらい高いものについてしまった。
そうなのだ、薬は無くすると、全額自分負担だから大変なのだ。
薬って不思議だよね、

大事なものでも、ある時にはそんなことは全然思わない薬

普段は何気なく飲んで、たまに飲み忘れて電車に乗ってから「アッ」と思っても、「しゃーないな」で済ませられるのに、大量に一気になくなると、急に不安感が襲ってきて、
「高額でもしょうがない」と、思ってしまうんだよね。

僕が物をなくして、必死になって探さなけれならないのは、大抵掃除した後

特にメモ類は、一応はひと纏めにしておかなければならないのだ、一体、なんのためにシステム手帳を持ってんだよねぇ…
しかし、コンピュータというやつ、メモしても何の役にもたたないことはよく知っているのだ。メモはやっぱり手書きだよね…(思い込み)

最後はやっぱりエイヤー 時間がある時にゆっくりやろう

そんなこんなで、ちょこちょこやってると、時間ばかり浪費して、最後には大きな箱を持ってきて、そこに全部放り込むということになってしまうのだけど、これで、片づけとか整理とか言えるのかねぇ…
でも、見た目は綺麗だよ…
だめだこりゃ、僕には、片づける才能がない。
やっぱり、掃除屋さん頼むしかないかもね…
でも、細かいところは自分でやるしかないしねぇ、
結論、見た目はキレイになったけど、中身はグチャグチャ、
これってまるで僕の人生そのものだなハハハ…

-フォトエッセイ, 思いつき

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

時計草、そこから今日もまた次々に頭に浮かんでくることを素直に書いて楽しむ

目次時計草、そこから連想されたのは映画「時計じかけのオレンジ」だったヌーヴェル・ヴァーグとは、 僕が学生の時代は、昭和40年頃、この時代、何か知らないけれど面白い時代だった、こういうことが、気軽に書け …

鳥の「飛ぶを撮る」に挑戦。なかなか難しい 粘るしかないね

目次やっぱり使い慣れたカメラが撮りやすい 写真集には、いろんなバリエーションの写真が必要なのだ 写真を並べていくと、そこに、一つのストーリーが生まれてくるこの写真、なんか捨て難い。 欠陥写真だからこそ …

ファッションショー 好きだったな、行くかと言われると、すかさずハイと答えていた

目次なんとなくファッションショー、そんな感じ。こんなキレイなショーを見させてもらい、おまけにギャラ、最高じゃん君の席はそこではない。案内されたのは、なんとなんとなんと、VIP席だった、そんなこともあん …

時計草、パッションフルーツ 果物屋で見つけて買ってみた。とっても美味しい

時計草という花は随分以前から撮っていた。が、 後にそれが、パッションフルーツの花ということが分かったのだが、 パッションフルーツというものを知らなかったので、どんな果物なのか、想像もできなかった。 そ …

歌は楽しい、もはやそれは、古き良き時代の思い出か

目次歌は楽しい いいねぇこの状況は、かつてのインパール作戦と同じ状態インパール作戦は、始めたこと自体がすでに失敗だったもはや、自分の命は自分で守るしかないという状態 歌は楽しい いいねぇ こういうのを …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます