カメラ コラム 写真エッセイ 思いつき 機材 雑記

カセットテープ販売 そんな専門店があって人気に

投稿日:2019年10月6日 更新日:

思わず欲しくなる、カセットテープのウォークマンやラジカセ

オー懐かしい。
今回は、すでに市場から姿を消してしまっているラジカセ、ミュージックテープなどを販売している「Waltzワルツ」(中目黒)というお店に行き、写真を撮らせせてもらったので、それにまつわる雑文を書いてみました。

Waltzワルツの店内

店内は結構広いんだけど、商品も多くて

凄い 中に入った瞬間 圧倒されてしまった。

ラジカセ…
懐かしいねぇ…

和物のカセットテープを探そうと思ったのだけど、目に飛び込んで来るのは洋物ばかり。
そんな中で、

「ブルーノート」が目に飛び込んで来たので、それを買った。

なぜだか最近ハマッているダサイファッション

最近、ダサイと言われるファッションに凝っていて、
今日着ていたのは、
ダサイなかでもとりわけダサイと言われる、“カメラマンベスト”。

そう、メッシュのチョッキに、ポケットが沢山ついているやつ。

 

ワーカーズパンツに 
Tシャツ 
その上にカメラマンベストを着て前は閉じない。
(閉じると益々ダサくなるから)

そういう服装で、
ベレー帽風の帽子を被り、
首にオモチャとはいえ、
カメラをぶら下げていれば、どう見ても、業界人。
だよね…

そんな出立ちで、お店に入り、
店主のところに行って、

「ブログとかに載せたいんだけど、写真撮っていいですか」

そういうと、
「どうぞ」と。

 

持ち歩きに便利がいいので、アクセサリとしていつも首に。先端が改造した特殊レンズ

しかし、今日 持っていたカメラは、ジャンクショップで見つけた特殊ワイドレンズを、エクステンションに接着剤で無理無理つけたもの。

特殊ワイドなので、便利はいいのだが、やっぱ周辺が甘い。が、
雰囲気だからーーと、自分で自分を納得させて撮る。

後から考えると、感度を上げて、絞りをもっと絞れば…
なのだが、それが現場なのである。

でもまあ、欲しい写真が撮れたので、よしとしなければね。

写真 撮らせてもらえるかどうかわからないけど、
取り敢えず行って見ようという気持ちで望んだ撮影だったのだが…

もしかしたらダサイ服装が良かったのかもしれないと、思ったりしているのである。

しかし、普段は気が弱いのに、
カメラを持つと、なんでこんなに大胆になれるんだろう。
自分でも不思議だ…

これからは、女性と会う時は、
カメラを首にぶらさげとくかな…

ブルーノートとは、

ジャズやブルースなどで使用される音階。

「19世紀中頃、白人の奴隷としてアフリカから連れてこられた黒人たちに『ドレミ…』の西洋音階を教えたところ、ヨーロッパ音楽には耳慣れない妙な音程で歌いだした。
その音がどことなく物悲しい雰囲気を帯びていたため、ブルースの語源であり『憂うつ』を意味する『ブルー』の名称で呼ばれ定着したとされる」という説明が。
どこかに物悲しさがある曲って、好きだな…

余録
私が学生の頃だから今から50年位前(1970年頃)
モダンジャズが人気で、吉祥寺にはファンキー 新宿にはピットイン 水道橋にはスイングなどがあって、よく行った。

タバコの煙が蔓延する、そんな中で、ドリップで落としたブラックコーヒーを飲みながら、黙ってジャズを聞くの。
殆どのお客が酔いしれて、リズムに合わせて、足や身体を揺すっている。
退廃的なムードの場所だったが、そいう空気感が、格好よく思えていた、そういう時代だった。
この頃は、逆さ言葉というのか、例えばジャズのことをズージャといい、モダンジャズのことをダンモなどと言っていた。
記憶をこうして辿るのも結構楽しい。

 

-カメラ, コラム, 写真エッセイ, 思いつき, 機材, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

写真で絵本を作ってみようと思ってね、絵本、なんとなく楽しいじゃない

目次アクシデントで予定変更、中途半端な時間つぶしの遊びとしてやってみたの今は自分で作った本が世界のマーケットで売れる時代だからやっぱり純正でなければいけないのかねぇ アクシデントで予定変更、中途半端な …

オオフトモモ、レンブ、蓮霧 いろいろ呼び名はあるけれど…

目次アナザーワールドを楽しむ昔買っていたオモチャを引っ張り出してデジタル写真は撮りっぱなしではいい写真にならない話が見えなくなった、元に戻そうこの木の葉っぱになんと、細胞を若返らせる効果があるのだとか …

サイケデリック 随分懐かしい言葉だね、こういうの知っている人も、もう少ないんだろうね

目次サイケデリックこの現象はヒッピーによって起こったものだった「話の特集」という雑誌が当時人気で、サイケをよく取り上げていた。そんな記憶がある。昨日は銀座で知り合いのアーティスト、北原かずこさんの絵を …

花と蝶 一枚の写真からいろんなことが思い出される。

目次蝶々で思い出したのが、画家 堀文子さん聞けば堀さんも同じベレン(アマゾンの河口都市)に行っている。 誘ったのはどちらも、植物学者の宮脇昭先生 アマゾンをモーターボートで走った思い出 蝶々で思い出し …

東に鳥と書いてツグミ(鶫)冬に日本にきて春に去っていく渡り鳥、古くは跳馬とも呼ばれていたらしい

目次ツグミ「冬にきて春に去っていく…」(渡り鳥)コロナで公園に行けないから、すっかり鳥の写真にハマってしまった。 ツグミ 名前の由来は、冬、鳴かない、口をつぐむというのでついたネーミングとか。 かつて …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます