つれづれ コラム フォトエッセイ 花ものがたり 雑記

冬の花 山茶花 お菓子を見ているみたい

投稿日:

冬の花 さざんか、美しいね、まるでお菓子をみているみたい

和菓子屋さんのショーウインドウを見ていると、季節の花のお菓子が飾ってある。
お菓子だからもちろん細工物である。
色といい、形といい、上手いことつくるよね、へら一本での見事さについ見とれてしまうが、
近くの生垣でこの花をみた時には、逆に、お菓子が木になっているのかと思ってしまった(笑い)
ピンクの山茶花、いいよね…

この花を見ると、つい思いだすのが、「さざんかの宿」という歌。

「くもりガラスを手で拭いて、あなた、明日が見えますか」というフレーズ。
こんな文句、よく思いつくよね━と、感心する。
たった、23文字。
それで、情景、心情までが伝わってくる。
この花を見るたびに思いだす、忘れられないフレーズなのである。

小学校1.2年の孫が、どうしてこんな言葉を

「ねぇねぇグランパ、あそこの曲がり角にきれいな冬の花があるから行ってみようよ」
2、3年前、
「インフルエンザで学級閉鎖になって、○○が一人ででいるから、行ってやって」
元カミから、そういう連絡が来て、孫守りに行った時のこと。
孫のいう、「冬の花」とは、ピンクのサザンカのことだった。
「こんな言葉、誰に教えてもらったんだろうね…」
娘は、そんな情緒は持っていないし、ダンナはさらにである(笑い)
環境というが、感性と環境は、あまり関係ないのかねぇ…
そうは思えないけど。

写真のこの花は、住まいの近くの小さな公園の街路樹

近くに国営の立派な公園があるのだけれど、コロナで閉鎖。
「三蜜」ということでの閉鎖らしいが、その理由がさっぱりわからない。
食事に行っても、つい立てみたいのがいっぱい立ってて、食べる気がしない。
そう思っていたら、近くでデニーズがテイクアウト専門のショップを開いたというチラシが。
物は試し、そう思って行ってみると、注文してから結構待たされる。
狭い店内で大勢の人が待てば、それは3蜜ではないの?
で、待っていて気が付いたのは、Uberという運び屋さんの存在。
そうなんだ、どうやら彼らは、こうしたテイクアウト専門の店と契約していて、携帯電話を持って入ってきては、出来た料理をドンドン持ち出していくのである。
まさに、時代とともにだね…
いや、コロナとともにか…

一体、この騒ぎ、どういう形で収まるんだろうね見当もつかない。

出かけることもままならなくなったら、一体、どうなるんだろうね、
SNSで流れてくる情報は、信じれるものなのかどうなのか、それさえわからなくなってしまった。
それにしても、ドトールなどで、コンピュータをつないでの会話、あれは止めてもらいたいね。
うるさくてしょうがない。
少しは、環境を考えろよな━と、つい言いたくなってくる。
ハハハ、今日もまた、年寄りの戯言になってしまった…

-つれづれ, コラム, フォトエッセイ, 花ものがたり, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

エンビセンノウ(燕尾仙翁)学名はlichensはギリシャ語で炎という意味らしい

この花を見て思いだしたのが、速水御舟の「火舞」
どこの美術館で見たのか忘れたけれど、まさしく炎が舞い上がっているようで、感動させられた。
その時、カタログだったかな、パンフレットだったかに書かれていたエピソードで
御舟がこの絵を描いていた時、近くの人が、描かれたこの絵を窓越しに見て、
「火事だ」と叫んだという話が載っていたのが記憶にある。
そのエピソードを確認しようと思って調べたが、見つけることはできなかった。が、炎舞という作品は、家族とともに数か月過ごした軽井沢で描かれたのだそうだが、その裏話があったのでそれを

あつ森(あつまれどうぶつの森)における、黒いユリの作り方(咲かせ方)に関する記事が超人気に

目次あつ森(あつまれ森の動物たち)で黒ゆり、人気になったみたいどことなく情熱的でどことなく神秘的 こういうタイプに僕は弱いの黒ユリの唄 昭和25年のヒット曲ところで、「あつ森」(あつまれ森の動物たち) …

早春賦、子供の頃に覚えた歌、花を見てつい、歌っちゃったよ

目次早春賦の賦は漢詩を作ること、または歌うこと勧酒 「ネモフィラ」 なんとなく好きだな、この雰囲気 「春は名のみぞ 風の寒さや」 早春賦、子供の頃に覚えた歌、つい歌っちゃったよ… 途中から、歌詞が出て …

美しい そう思った瞬間にシャッターを切っていた高尾の山の白いアジサイ

決して華やかではない。飾りもない。シンプルにただ咲いているだけ。
しかし、姿、雰囲気という奴にに魅せられたんだね…
もしこれが人だったら、僕はどうするんだろうか(笑い)

ゆり根

目次正月用品、雰囲気につられて衝動買いえっ ゆり根、どうやって食べるってあれが食べたい、そう言われて、お雑煮、随分作ったな…えっ どんなお雑煮かお餅は焼かないで茹でる。数の子、心惹かれたけどやっぱりや …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます