つれづれ コラム フォトエッセイ 花ものがたり 雑記

冬の花 山茶花 お菓子を見ているみたい

投稿日:

冬の花 さざんか、美しいね、まるでお菓子をみているみたい

和菓子屋さんのショーウインドウを見ていると、季節の花のお菓子が飾ってある。
お菓子だからもちろん細工物である。
色といい、形といい、上手いことつくるよね、へら一本での見事さについ見とれてしまうが、
近くの生垣でこの花をみた時には、逆に、お菓子が木になっているのかと思ってしまった(笑い)
ピンクの山茶花、いいよね…

この花を見ると、つい思いだすのが、「さざんかの宿」という歌。

「くもりガラスを手で拭いて、あなた、明日が見えますか」というフレーズ。
こんな文句、よく思いつくよね━と、感心する。
たった、23文字。
それで、情景、心情までが伝わってくる。
この花を見るたびに思いだす、忘れられないフレーズなのである。

小学校1.2年の孫が、どうしてこんな言葉を

「ねぇねぇグランパ、あそこの曲がり角にきれいな冬の花があるから行ってみようよ」
2、3年前、
「インフルエンザで学級閉鎖になって、○○が一人ででいるから、行ってやって」
元カミから、そういう連絡が来て、孫守りに行った時のこと。
孫のいう、「冬の花」とは、ピンクのサザンカのことだった。
「こんな言葉、誰に教えてもらったんだろうね…」
娘は、そんな情緒は持っていないし、ダンナはさらにである(笑い)
環境というが、感性と環境は、あまり関係ないのかねぇ…
そうは思えないけど。

写真のこの花は、住まいの近くの小さな公園の街路樹

近くに国営の立派な公園があるのだけれど、コロナで閉鎖。
「三蜜」ということでの閉鎖らしいが、その理由がさっぱりわからない。
食事に行っても、つい立てみたいのがいっぱい立ってて、食べる気がしない。
そう思っていたら、近くでデニーズがテイクアウト専門のショップを開いたというチラシが。
物は試し、そう思って行ってみると、注文してから結構待たされる。
狭い店内で大勢の人が待てば、それは3蜜ではないの?
で、待っていて気が付いたのは、Uberという運び屋さんの存在。
そうなんだ、どうやら彼らは、こうしたテイクアウト専門の店と契約していて、携帯電話を持って入ってきては、出来た料理をドンドン持ち出していくのである。
まさに、時代とともにだね…
いや、コロナとともにか…

一体、この騒ぎ、どういう形で収まるんだろうね見当もつかない。

出かけることもままならなくなったら、一体、どうなるんだろうね、
SNSで流れてくる情報は、信じれるものなのかどうなのか、それさえわからなくなってしまった。
それにしても、ドトールなどで、コンピュータをつないでの会話、あれは止めてもらいたいね。
うるさくてしょうがない。
少しは、環境を考えろよな━と、つい言いたくなってくる。
ハハハ、今日もまた、年寄りの戯言になってしまった…

-つれづれ, コラム, フォトエッセイ, 花ものがたり, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ライカ 素晴らしいね 見るとつい引き寄せられる

目次ライカがなかったら…コンテンポラリーフォトグラフィーの魅力若い頃に覚えた歌、やっぱりいいね 今日は 久保雅督です。 「撮って書いてワヤで笑える人生日記」 にお越しいただきありがとうございます。 ラ …

カカオの実なんだけど、ラグビーのボールだよね…コレ

目次カカオの実チョコレートは太古の昔から「神の食べ物」として崇められていた。これがヨーロッパに広まったのは、 カカオの実 ラグビーのボール…だよね、カカオの実なんだけど。 「カカオって、あの、チョコレ …

何をどう撮る 肉眼では見えない世界を創りだす魅力 

目次今そこに人がいたんだよ、そういう気配が感じられる雰囲気、アトモスフィアが大事なんだインスタグラムにアップした記事に寄せられたコメントに感激「フォトジャーナリストへの道」を読み返して人物を入れないで …

ネェネェ 僕と遊ぼうよ ワタシ 今 忙しいのよ 交信はテレパシー

目次チョウチョもやっぱり、ナンパするんだ でも、ナンパ 恋愛面白いね…だって、頭ピーマンでも、恰好はつけたいもの。大事な仕事、手紙が僕の常套手段だった チョウチョもやっぱり、ナンパするんだ だけど、ど …

タマツヅリ 多肉植物

目次タマツヅリという多肉植物なんだけど、鎖、縄目と言えば、思いつくのはやっぱり縄文土器だよね…ところで、なぜ、縄の模様?凄いね、やっぱり知恵なんだ。縄目、お洒落だもんね縄というと、ついロープを思ってし …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます