つれづれ コラム フォトエッセイ 花ものがたり 雑記

冬の花 山茶花 お菓子を見ているみたい

投稿日:

冬の花 さざんか、美しいね、まるでお菓子をみているみたい

和菓子屋さんのショーウインドウを見ていると、季節の花のお菓子が飾ってある。
お菓子だからもちろん細工物である。
色といい、形といい、上手いことつくるよね、へら一本での見事さについ見とれてしまうが、
近くの生垣でこの花をみた時には、逆に、お菓子が木になっているのかと思ってしまった(笑い)
ピンクの山茶花、いいよね…

この花を見ると、つい思いだすのが、「さざんかの宿」という歌。

「くもりガラスを手で拭いて、あなた、明日が見えますか」というフレーズ。
こんな文句、よく思いつくよね━と、感心する。
たった、23文字。
それで、情景、心情までが伝わってくる。
この花を見るたびに思いだす、忘れられないフレーズなのである。

小学校1.2年の孫が、どうしてこんな言葉を

「ねぇねぇグランパ、あそこの曲がり角にきれいな冬の花があるから行ってみようよ」
2、3年前、
「インフルエンザで学級閉鎖になって、○○が一人ででいるから、行ってやって」
元カミから、そういう連絡が来て、孫守りに行った時のこと。
孫のいう、「冬の花」とは、ピンクのサザンカのことだった。
「こんな言葉、誰に教えてもらったんだろうね…」
娘は、そんな情緒は持っていないし、ダンナはさらにである(笑い)
環境というが、感性と環境は、あまり関係ないのかねぇ…
そうは思えないけど。

写真のこの花は、住まいの近くの小さな公園の街路樹

近くに国営の立派な公園があるのだけれど、コロナで閉鎖。
「三蜜」ということでの閉鎖らしいが、その理由がさっぱりわからない。
食事に行っても、つい立てみたいのがいっぱい立ってて、食べる気がしない。
そう思っていたら、近くでデニーズがテイクアウト専門のショップを開いたというチラシが。
物は試し、そう思って行ってみると、注文してから結構待たされる。
狭い店内で大勢の人が待てば、それは3蜜ではないの?
で、待っていて気が付いたのは、Uberという運び屋さんの存在。
そうなんだ、どうやら彼らは、こうしたテイクアウト専門の店と契約していて、携帯電話を持って入ってきては、出来た料理をドンドン持ち出していくのである。
まさに、時代とともにだね…
いや、コロナとともにか…

一体、この騒ぎ、どういう形で収まるんだろうね見当もつかない。

出かけることもままならなくなったら、一体、どうなるんだろうね、
SNSで流れてくる情報は、信じれるものなのかどうなのか、それさえわからなくなってしまった。
それにしても、ドトールなどで、コンピュータをつないでの会話、あれは止めてもらいたいね。
うるさくてしょうがない。
少しは、環境を考えろよな━と、つい言いたくなってくる。
ハハハ、今日もまた、年寄りの戯言になってしまった…

-つれづれ, コラム, フォトエッセイ, 花ものがたり, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カラス

目次カラス、どう猛なイメージだったけど、カワイイじゃんカラスの研屋というのが、昔いてね…とっても人懐っこいカラスで、いろんな芸もやったんだと思うけど、マスコットとして人気だったの カラス、どう猛なイメ …

オオフトモモ、レンブ、蓮霧 いろいろ呼び名はあるけれど…

目次アナザーワールドを楽しむ昔買っていたオモチャを引っ張り出してデジタル写真は撮りっぱなしではいい写真にならない話が見えなくなった、元に戻そうこの木の葉っぱになんと、細胞を若返らせる効果があるのだとか …

サンゴアナナス まるで海の中にいるみたい

目次サンゴアナナス「海の中…」うん、あれはねぇ、アナザーワールド、 もう一つ別の世界だね。ボルネオで、海底の地形を改めて認識サンゴは、海の中で撮れる宝石(?)サンゴアナナスは、パイナップル科の植物 サ …

おやっという発見が楽しい散歩写真

目次今日は、何に見えるシリーズの企画の企画発表ムーミンは想像でつくられたキャラクター何となく愛嬌があって、どことなく可愛くて、憎めないもの…発見って、結構楽しんだよね目的が出来れば、散歩も楽しくなって …

雨 忙しい時はともかくとして、ノンビリ過ごせる時間のある時にはいいよね、この風情

目次晴れた日には晴れを愉しみ 雨の日には雨を愉しむやっぱり言葉は心に響かなければ…夜が明ければ、夏の光がサンサンと自分でいうのもなんだが、僕には、サングラスがよく似合うのだ。雨って、風情があって、なか …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます