コラム 写真エッセイ 思いつき 雑記

知り合いと雑談していて、「それ企画としていけるんじゃない」と言われたことがヒントで生まれた目的

投稿日:

写真を撮りながらしている心の会話

本当のことを言えば、
君ではなくて目白さんを撮りに来てるの。
でも、今年は、
君たちが この木を占領してしまったから、目白さん
恐くて来れないんだよ。

でも、目白さんだって食べなきゃいけないから、どこかに居ると思うんだけど、全然、見ないね…

一体、どこに行ったんだろうね…

★    ★    

なんでそんなに、目白に拘るの?
そりゃだって、綺麗だもの。
何、私たちだって、負けちゃいないわよ…

心の声、聞こえるんだ…

そうだねって言ってあげたいけど、やっぱりネェ…
こんな会話しながら撮っていたら、目をキラリと光らせて、ポーズを撮ってくれた。
ウン、なかなかいい…
thank you

知り合いのところに行って、写真を見せながら、そんなことを喋っていたら、
「それ電子書籍の写真集でいけるんじゃないの」
「…」
「エッ ヒヨドリで」
「だって、ヒヨドリ 地味だからあまり撮られてないと思うから…」

そうか、そういう考え方もあるなぁ

それから何日かして
「ネエネエ この前のヒヨドリの話だけどサー、調べたらヒヨドリって、英語でBulbulというの、だからタイトルはBulbulとチェリブロッサムでどう」

かくしてて、ヒヨドリを本気で撮らなければーーということになってしまったのである。

狙いはやっぱり広げた羽の美しさだよね

2時間程頑張って、
「ヨッシャー」と、拳を握りしめることが出来たのは、これ1枚。

表情のバリエーションが欲しかったので、何点かは作れたけれど、鳥の写真は、本当に難しい。

だって、長いレンズをつけて、鳥がアクションを起こすタイミングを待つのだが、手に限界が来て、
フーと息を抜いた瞬間に、パッと飛び立つんだから、腹がたつよねー

そんなことを何度も繰り返して、やっと撮れたのがこの写真。
それでもまあ、撮れただけ良しとしなければね…

翌日も頑張ったが、なかなか難しい

 

再び「飛ぶ」を狙って撮りにいったけど、撮れたのはこれ1枚。
寒かったし、天気は曇りで、こちらの気分も今イチでと、グチと言い訳

翔ぶ鳥を撮るの本当に難しい。

だって、飛んだ瞬間にシャッターを切ったのでは、画面には尻尾しか写ってないのだから…

そう、
「行くな」
これを予測してシャッターを切らなければならないのだからね…

これはもう、合気道の世界。気の世界…
なのだが、
こちらの状態がいい時には、鳥の動きに合せてカメラを振って、ピタっと決まることもたまにはあって、その快感たるやというのもあるのだが、めったに味わえない。

僕は普段撮影時に、脚は使わないのだが、
昨日はカメラがあまりにも重いので一脚を持参したのだが、

目線より上に居る鳥を狙うには不都合で、不要の長物となってしまった。

重くてもやっぱり自由の効く手持ち撮影の方が僕には合っている。

ウン そう、
生き方も含めて、自由がいいと、改めて思ったのだった。

というわけで、このところ、スッカリ ヒヨドリにはまっているのである

 

-コラム, 写真エッセイ, 思いつき, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コスタス…だと思うと付け加えた。で、調べたけど、やっぱり、「だと思う」をつけることにした

目次コスタスだと思うメモはやっぱり手書きがいい怪我の功名昔、ファジーという言葉が流行ったけれど、いい加減…いいよね コスタスだと思う ショウガ科の花で、レッドジンジャーも同じ仲間らしい。 僕が撮る花、 …

僕に詩が書けたら…詩を書くことに憧れはあるけれど、詩はやっぱり難しい

目次秋ですねぇ詩っていいよね…憧れるよね詩とは何か、だったら、そりゃ無理だね、それだけの語彙が僕にはないもの…メモ帳 いっぱ買ってあるのだけれどね 秋ですねぇ 緑の芝生の上に金色に輝く枯葉が、風に吹か …

花と言ってしまえばそれまでだが、よくみると、花の中にはいろんな物語がある

目次救命士、僕には、そのように見える。お腹を空かして耐えること僕にはできないから究極、命かお金かといえば、やっぱり命でしょう 救命士、僕には、そのように見える。 この姿、1人で、怪我をした人を運ぶ姿に …

サイレントナイトを楽しむ

目次静かに夜は更けてゆく僕が遊んでいた頃の歌舞伎町(僕が行っていたクラブだ)はこんな感じだった。おい いい高脂血症の標本がここにあるぞクリスマスの話からとんでもないところに流れているね(笑い)昨日が僕 …

東京のパワースポット 東京の秘境 東京の自然、東京の滝

目次狭いトンネルの向こうにパーと広がったパノラマは、長い瀧のある風景だった。瀧もいいが、岩から沁みだしてくる水もまたいいそう言えば昔、空気の缶詰めというのがあったよね…もう本は買うまいとおもいながらも …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます