コラム 写真エッセイ 思いつき 雑記

知り合いと雑談していて、「それ企画としていけるんじゃない」と言われたことがヒントで生まれた目的

投稿日:

写真を撮りながらしている心の会話

本当のことを言えば、
君ではなくて目白さんを撮りに来てるの。
でも、今年は、
君たちが この木を占領してしまったから、目白さん
恐くて来れないんだよ。

でも、目白さんだって食べなきゃいけないから、どこかに居ると思うんだけど、全然、見ないね…

一体、どこに行ったんだろうね…

★    ★    

なんでそんなに、目白に拘るの?
そりゃだって、綺麗だもの。
何、私たちだって、負けちゃいないわよ…

心の声、聞こえるんだ…

そうだねって言ってあげたいけど、やっぱりネェ…
こんな会話しながら撮っていたら、目をキラリと光らせて、ポーズを撮ってくれた。
ウン、なかなかいい…
thank you

知り合いのところに行って、写真を見せながら、そんなことを喋っていたら、
「それ電子書籍の写真集でいけるんじゃないの」
「…」
「エッ ヒヨドリで」
「だって、ヒヨドリ 地味だからあまり撮られてないと思うから…」

そうか、そういう考え方もあるなぁ

それから何日かして
「ネエネエ この前のヒヨドリの話だけどサー、調べたらヒヨドリって、英語でBulbulというの、だからタイトルはBulbulとチェリブロッサムでどう」

かくしてて、ヒヨドリを本気で撮らなければーーということになってしまったのである。

狙いはやっぱり広げた羽の美しさだよね

2時間程頑張って、
「ヨッシャー」と、拳を握りしめることが出来たのは、これ1枚。

表情のバリエーションが欲しかったので、何点かは作れたけれど、鳥の写真は、本当に難しい。

だって、長いレンズをつけて、鳥がアクションを起こすタイミングを待つのだが、手に限界が来て、
フーと息を抜いた瞬間に、パッと飛び立つんだから、腹がたつよねー

そんなことを何度も繰り返して、やっと撮れたのがこの写真。
それでもまあ、撮れただけ良しとしなければね…

翌日も頑張ったが、なかなか難しい

 

再び「飛ぶ」を狙って撮りにいったけど、撮れたのはこれ1枚。
寒かったし、天気は曇りで、こちらの気分も今イチでと、グチと言い訳

翔ぶ鳥を撮るの本当に難しい。

だって、飛んだ瞬間にシャッターを切ったのでは、画面には尻尾しか写ってないのだから…

そう、
「行くな」
これを予測してシャッターを切らなければならないのだからね…

これはもう、合気道の世界。気の世界…
なのだが、
こちらの状態がいい時には、鳥の動きに合せてカメラを振って、ピタっと決まることもたまにはあって、その快感たるやというのもあるのだが、めったに味わえない。

僕は普段撮影時に、脚は使わないのだが、
昨日はカメラがあまりにも重いので一脚を持参したのだが、

目線より上に居る鳥を狙うには不都合で、不要の長物となってしまった。

重くてもやっぱり自由の効く手持ち撮影の方が僕には合っている。

ウン そう、
生き方も含めて、自由がいいと、改めて思ったのだった。

というわけで、このところ、スッカリ ヒヨドリにはまっているのである

 

-コラム, 写真エッセイ, 思いつき, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「バーターソース」(ケンコーマヨネーズ)が手軽で美味というので買ってみた。これはいい

目次バターソース なんだこれとりあえあず、ジャガイモをチーンしてバターソースをかけて食べてみたこれは便利がいい、一人暮らしには最高だなと、検索結果から 退屈しのぎ、暇つぶし、気分転換に顔をのぞけるてっ …

オリエント急行の思いで

目次思いでは、ちょっとしたことがキッカケでスイッチが入る若き日の忘れ得ぬ思いで旅の始まりはトプカプ宮殿(トプカプサライ)だった映画のタイトルは国境を駆ける夢思いでにふけるのも、結構楽しい 今日は、久保 …

スズメ 英語ではsparrow スパロウでいいのかなぁ 可愛いね  

目次のどかデスネェー スズメ、スパローちゃん、かわいいねぇースズメ スパロウちゃん、かわいいですねぇートレンド記事を書こうとして分かった僕という人間の内実やっぱり僕は、路上発見タイプこの作業、簡単なよ …

水車小屋のある風景、 懐かしき日本の風景 、郷愁を誘うものがある

目次日本の原風景? 水車小屋のある風景団塊世代の僕たちにとっては、日本の風景の象徴として、心象のイメージとして心の中に持っているのかもしれないサーチャン、ノリちゃん、ちづちゃん 博美ちゃん… みんな元 …

詠み人知らずという俳句や和歌、短歌があるのだから名前が分からない花があってもいいだろう

目次紫の花に心惹かれて感動したのはいいが、どう表現したらいいのか、それはまだ解決していない。70年の人生で、こんなの初めてあのアクションは一体、何だったんだろう瞬間、心の中突き抜けたイナズマ 紫の花に …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます