cooking discover essei photo

料理つくりを愉しむ フイに来る カレーライスを食べたい衝動 

投稿日:

シチューは得意だけど…

肉買って
玉ねぎ買って
ニンジン買って
牛乳買って
コンソメ
後…
ルーがいるね
いっぱいあってよく分らない
何でもいいや…(笑い)

僕流の作り方

肉はシチュー用の肉を塊で買ったので適当に切り
あ鍋に油(肉のラードただで貰えるの)を入れ、
取りあえず肉を焼く
ステーキを焼くように塩と胡椒をして
焼き上がったらそこに赤ワインをドバドバと入れて
しばらく煮るの
そうしておいて適当に水を入れ
塩と本出汁(スティック)を入れ
お鍋のスイッチいれ
その間に
玉ねぎの皮を剥き
ジャガ芋の皮を剥き
ニンジンの皮を剥いて
ンジンジンだけ包丁を入れて
後は丸のまま…
(これ昔、フランス料理のシェフを取材した時、玉ねぎジャガイモはそのままがいいというのを聞いたのでそうしてるの)

スープが煮立ってきたら塩と胡椒で下味をつくり
固形のコンソメを二つ程いれて、
味を確かめ
ヨシとなったら、
そこに牛乳をいれて、
尖った味を少しまろやかにするの

美味しい
カレーをいれなくても
シチューとしてすでに完成している

そうしたら
箱からルーを出してボールに入れ
スープをそこに入れて
ルーを溶かしてから
お鍋にそれを入れて少し煮て完成
ライスにヨシ
パンにヨシ
今回はご飯をチーンして
ライスカレーにしたのだけれど、
いいね…

やっぱり自分で作ったカレー最高(自画自賛)

昨日はそこに
元スタッフの女性が会社帰りに遊びに来たので
一緒に食べたのだが
「美味しい」と

写真を撮るから盛り付けてと頼んだら
もう
 ホンマニいい加減…
少しは恰好つけろよ
そんなことをいいながら
ご飯がスープで汚れたところはスプーンで取り除いてハハハ
カレー
いっぱいつくったので、
後何回か食べなければ…
そう、
火を入れて牛乳でのばして焦げ付かないようにしながら…(笑い)

そう言えば昔
隠遁生活をしていたころ、

外国に行く度に、
ズンドウにいっぱいシチューをつくって、
その伸ばし方まで教えて…
シチュー作りはそれでうまくなったんだけどね…
ハハハ…
楽しかったね…

僕が指輪好きになったのも、
実は外国に行くたんびに色石を買っていたから…
そういうのも思い出話だけの世界になってしまったね…
そういう意味では、
本当に楽しい人生だった。
今は清く 貧しくだけど
それがまた楽しい…
先日の新年会(元旦)でも
「君はどんな時でも どこに居ても楽しく生きられるよ…」と
それって
褒められたのかねぇ…
マー雑草だからね…(笑い)
墨の絵(パン)売り場の前の
インカのバナナ(こだわり食材)
何度も買っていたら
スッカリ顔覚えられて…(笑い)
何人かの女性にプレゼントしたらとっても喜んでいた
美味しいとつい、
勧めたくなっちゃうよね…(笑い)
今日もまた飲み
一月はしょうがないよね…(笑い)

 

-cooking, discover, essei, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホカメラで楽しむ 今日はフジの花

誕生日 それこそまさに個人情報の最も重要なもの
それがなぜオープン…
だから「茶とあん」のママさんに
「昔 中国の王様は 誕生日は決して人には言わなかったの…」
「なぜなら、それによって戦略をたてられるから…」と
説明すると、
誕生日が分かると、
運勢の強弱が分かるから
誕生日は絶対に明かさなかったのである。
そんな話をして茶化してしまったのだが…
世間の人が思う程に僕は誕生日を重要視してないの…
まして高齢になって 
そんなもの喜べないよね…
僕はそういうことでのプレゼントのやりとりというのがめんどくさくてね
だからそういうことは一切しないことにしてきたの…
そういうと 
変わり者扱いされるが、
あれ 実際 アニバーサリーって、何か意味があるのかねぇ…
その考えは今もまったく変わっていないのである

スマホで撮影万世橋(秋葉原)手持ちでこれだけ撮れるんだから驚くよ

スマホカメラ、本当に便利がいい。
これだけ撮れれば十分だよねぇ、
使うのは、SNSか、挿絵、ポストカードにするか、プリントでもA3位までなら大丈夫だしねぇ…
こういうのを考えると、写ることが貴重な時代にカメラマンやってて良かったと、今さらながらつくづく思う(笑い)
今日もお節介で、講釈を垂れてしまった。
どうでもいいことだけど、知っているとやっぱりいいと思うから(笑い)

今日のテーマは音楽会 カマキリさんのタクトで元気で明るいリズミカルないい歌が聞こえてきそう

最近僕がはまっているのは
古賀メロディーの「サーカスの詩」
裕次郎が歌ってるんだけどね、
詩といい リズムといい凄くいいの
そう、
昔昔の唄なんだけれど、
心にジーンと響いてね…
これをスナックに行って
お客のいないときに練習しているのだけれど、
なかなか難しい
北帰行
さすらい
ゴンドラの詩
国境の街
やっぱり文化が違うんだねぇ…
僕はこの頃の文化がなぜか好きなのである

紅葉、どういう写真を撮るかによっても変わってくるけれど、やっぱり神代植物公園かな

やっぱり光線を意識しなければね
紅葉の場合は、午後3時から日没までの数時間と、逆光で撮ることが多い。
なぜなら、秋、冬の午後の日差しは赤みをおびてくるから、紅葉の色をより強調して鮮やかにしてくれるから…
そして逆光で撮るのも同じで、葉っぱの色を鮮やかにして、いい雰囲気にしてくれるから。
写真をやってる人はおそらく皆そうだと思うけれえど、ベタ光線、順光(カメラの方から写すもの全体にあてた光)では、ほぼ撮らない。
なぜなら、仕上がりが平凡になることを知っているから。

シンプルだけど重みがある 得体の知れない奥行がある ここには一つの宇宙がある…

もしかしてセラピーとはこういうこと
セラピー
そう、
これこそまさにセラピーだと、
その時気づいて
同時に作品には、
そういう効果があるんだということを初めて知ったのだった。
絵画を見て愉しみ
アランさんの「癒しの朗読山本周五郎」を聴いて
本質を見る事の大事さを教えられ
写真を見て瞑想を楽しむ
そうか
そうなんだ
今までは
音楽、
映画、
絵画
写真
日常の生活
「…」
それらを全て分離した宇宙の断片のように捉えていたけれど、
芸術と生活は密接につながっていて、
時にとてつもなく重大なメッセージを潜在意識に向けて送ってくれていたのだと思うと、
なるほどそうなのかと、
この写真を見ていてフトっと思ったのだった。

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます